美容室開業の手順&経営

1人美容室の年収と売上を全部暴露!開業前に知っておきたいお金の話【永久保存版】

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

美容師引退を目指しながら「いつでも何かを始められる状態になろうぜ」をコンセプトに、生き方や起業についての情報発信をしています。プロフィールはこちら。

 

今日は「1人美容室の売上ってどうなってんの?」という話をします

このブログも「美容室 1人 売上」などでよく検索されており、これから独立する人はやはり気になる部分ですよね

だいたいどれくらい売上が上がるか?どれくらいないと話にならないか?美容室の売上は上げるものではなく上がるもの

そんな話をしていこうかかなと。

 

美容室に限らず、ビジネスというのは設計の段階でどれくらい売り上げがでるか決まります

美容室の場合も店を作る段階で売上が決まります。

 

売上は「上げる」ものではなく「上がる」ものにしておかないとキツイのです

「頑張らなくても楽勝で○○万円は上がる」

こんな状態にしておかないと疲弊しますし、安定した売上も上がりません。

 

多くの美容室は売上を「積み上げ式の結果論」で考えます

そうではなく「月が始まった瞬間、○○万円の売上が確定している」こうでなければいけません

前に記事にもしましたが、これを「システム化」といいます

 

システム化については上記の記事で話しているので、今日は「売上」についてもう少し掘り下げていきましょう

あとは実際に僕の店の売上がどうなっているか?

稼いだ結果、売上はどれくらい必要か?などの話もします。

売上は美容室の構造上、決定されるもの

美容師向けのセミナーやってた時に思ったことですが「売上は読めないものだし、頑張って積み上げて大きくするもの」という感覚の人が多い

しかしそうではなく「売上は完全に読めるし狙うもの」です

この感覚がないと、ズレていくので忘れないでください。

 

MAXでどれくらい上がるかは客単価、スタッフ数、客数の3つの数字があればすぐにわかります

客単価はメニュー作ると決まるし、スタッフ数も設備上の問題で決まるし、客数も設備とスタッフ数で決まります

これらは美容室開店時に決まるものなので、あとから変えるのは面倒な部分です。

 

美容室の売上とは「MAXの売上を計算し、あとはその売上に到達するように客を店に入れる」ことで成り立ちます

当たり前のことを言ってるようですが、これをわかってない人が結構多い

MAXでどれくらい売り上げが出るのか?利益はどれくらい残るのか?自分はどれくらいの利益がほしいのか?

その数字に対してどう客を入れれば安定して売上が出るのか?

 

売上に対して、こういう発想があるのとないのとでは大きな差が出ます

「店をだしたぞ~いくら売り上がるかな?最低○○円はないと困っちゃうぞ☆」

こういう人、ホントに多い(苦笑)

このへんの話は先程のシステム化の記事でも書いてますが、前提として補足しておきます

俺の美容室の売上

では本題に入りましょう、僕の美容室の実例です

1人で営業してる美容室は特殊な場合を除き、ほとんど同じような数字になると思います

平均的な1人営業美容室の数字だと思ってください。ちなみに平均なのでこれは良くない例です(苦笑)

今日の話は、僕が開業前に知っておきたかった話でもあります。

 

うちの店は、

・スタッフ1人(僕のみ)
・客単価8000円
・総客数平均130人
・売上95~110万

という美容室です

ここから経費を引いたものが、ザックリいうと利益になります(ここから税金が引かれる)

経費についてはこちらに書いてあるので参考に。

 

25日営業なので130人を25で割ると1日あたりの接客数は5人です

1人営業でこれだと予約ギッシリで、終わったらすぐに次の人が来る状態

・カット 1時間半
・カットカラー 2時間半
・矯正 4時間

時間枠はこれで予約をとってるので1日の接客数を増やす場合は営業時間を増やすか、施術時間を減らすしかありません。

 

毎月100万の売上を目標としていますが、ギッシリ予約を入れて到達するようにしてるとしんどいです

予約のキャンセルがあると、目標に到達しないこともあります(95万くらいになる時はキャンセル多い時)

1人で5人も施術すると割と疲れます(その上、掃除や電話等の雑務。家庭があれば家のことまでやらないといけないわけで)

しかし僕も含め、多くの美容師が限界いっぱいの接客数で売上を出そうとします。

 

個人的には1日3人までの接客数が限度かなと

それ以上は人生のQOLさがりますね。スタッフを雇う場合だと=離職に繋がります

接客数3人なら18:30には店を出ることもできます

10時、13時、16時に予約時間を固定してしまえばいいわけですからね。

 

接客数3人で売上100万を達成するには、客単価はキリのいい数字でいうと15000円必要です

1日3人×25日営業=月接客数75人

客単価15000×75=1125000円

これなら休みをもう少し増やせますね。

 

1人で美容室営業して6年立ちますが、50%くらいの力で目標の売上が出ないとダメだと感じます

美容師は全力前提なので、まずその考えを捨てるべきです

全力で営業して疲れ果ててたら勉強もできませんし、次の準備もできません

店舗を拡大する場合も余力があれば展開が早いです

時間というのは経営者の生命線です

QOLの高い人生に必要な売上(利益)はどれくらいか

ここからリアルなお金の話をします

売上がどれくらいほしいかは人によりますが、参考になるかと

借金してリスク背負って経営するわけですから、それなりにほしいのは当たり前ですよね。

 

雇われ時代の安月給(年収200万)から、独立すると一気に数倍になります

1人美容室の売上の現実的なラインは100~200万でしょう

単価8000円で月130人やれば100万

単価15000円で月130人やれば200万

経費を50%とすれば利益は50万と100万です。

 

ちなみに僕の場合は経費30%くらいなので65万くらい残ります。65万×12ヶ月で年収780万です

単価8000円切ったらシンドイし、15000円以上は土地やブランディング、ハイレベルな技術なども関わってくるので、比較的簡単に到達できるレベルだとこのくらいかと。

 

1人美容室の場合、月収は50~100万と考えてください

それ以上欲しい場合は雇用を考える必要があります。

 

店のメニューとはビジネスモデルと密接に関わってきます

経営方針の根っこの部分

店を出す前にほしい利益を決めておくと、おのずと経営の仕方も決まるわけですね。

 

僕は開業前にこれがわかってなかったので「なんとなく100万」という決め方をしてしまいました

年収200万の安月給を何年も過ごしたせいで、金銭感覚が麻痺ってのたもあります

40万くらい毎月稼げたら超いいよな!となっていたのです(苦笑)

 

結局、65万稼げたわけですが最初は「すげえ残るじゃん!やべえ!」となりました

でも実際たいしたことないですよ

「年収3000万はないと贅沢できない」とか「サラリーマンの年収300万と自営業の年収600万は同じ」とかいわれますが、ホントにそうだなと。

 

これは稼いでから実感することです。しかし実感してからだと遅いんですよね

1人美容室の場合、売上拡大する方法が客単価アップと雇用しかありません

客単価アップとなるとビジネスモデルに大規模な修正がいりますし、雇用はそもそもしたくないから1人なわけで(笑)

 

なので開業して稼ぐ前に「どれくらい稼げばどれくらいの生活ができるのか?」を知っておくことは重要です

これって誰も教えてくれないです。そら自慢みたいになるから人に言わないですよね(笑)

人間1人あたり50万が最低ライン

どれくらいの生活水準にしたいか?は人それぞれですが、僕個人としての基準はあります

人間1人あたり50万です。独身であれば50万、3人家族であれば150万ですね(税金を入れるなら+10万で60万と180万)

これくらいあれば普通より「すこし」良い生活ができます。

 

独身という設定であれば毎月60万の利益がほしいので、売上としては月100万くらいになります

3人家族であれば3倍の売上300万ですね

僕は独身時代、毎月65万あったので病気や自然災害などを考えなければかなり余裕がありました

今は結婚して2人になったので、以前と比べると余裕はありません。

 

世間的に言うと65万で2人であれば贅沢できると思われがちですが、そんなことないですよマジで。

これは一度体験しないとわからないのが痛いところです

自分がどれくらいの月収がほしいのか?これをよく考えてからビジネスモデルを作りましょう

あとで作り直すのめんどくさいですから(苦笑)

 

でもこういうのは後で気づくものです

後で気づいてビジネスモデルを修正する能力があれば、めんどくさいだけで問題はありません

しかし多くの人はその能力がないから、えらいこっちゃなわけです

修正が必要ないビジネスなんて作るのが無理ですから、それを修正するビジネス知識は経営する上では必須です

100万楽勝で上がらないとキツイ

というわけで1人美容室の場合、月100万は最低ラインだと思います

なおかつ100万が楽勝で売り上がる状態でなければいけません。

 

楽勝とは人によりますが僕個人としては、

・接客数1日3人
・6:30には営業終了
・休日は最低でも週2
・予約は2ヶ月先までフルブック
・キャンセル待ちが常にいる
・拡大する場合、簡単にできる状態(システム化されているか?)

こんな状態ですね。

 

家族がいるのであれば1人美容室は利益的には足りません

利益ベースで100~150万はいるわけですからね

家族が増えれば増えるほど利益も必要です

配偶者、子供、親の分まで考えたとすると250万いりますし。

 

そうなってくると人の雇用が必要になるわけですね

僕はそれに気づいて美容師やめたいわけですが(人を雇用したくないので美容室経営では無理)

 

お金に支配されないレベルとなると、最低でも月収300万は必要になって来るかなと思います

まあこのレベルになると、ビジネス能力や人間性がかなり高くなってるのでビジネスモデルとやる気しだいでは年収億こえてきますけど。

「マックスで働く前提」の人多すぎ

僕の経験上の話ですが、MAXで働いて売上をあげるのはホントにやめたほうが良いです

マジで疲れる(苦笑)

余力を残しておかないとなんかあった時にきつくなります

そらそうですよね、常にマックスだったんだから。

 

何かあった時、それを解決するための時間や労力はどこから捻出するのか?という話です

あるいは規模拡大、僕のようにビジネスモデル変更などの時はそっちにパワーを使えません

僕は現在、美容室やりながらこのブログ書いてますが、ホントに時間ないです。

 

余力があれば、休みふやしたり営業時間短くしたりもできるわけですよ

そもそも最初から休みも営業時間も短ければ、時間ねー!と言わずにすむわけ。

 

「マックスで売上をだす」

これがいかに愚かな行動であるか、僕は声を大にして言いた。駅前で選挙演説並みに言いたい

それに人生、マックスで働き続けると思うと萎えません?

僕は萎える(苦笑)

 

仕事は5割の力でやるものです。仕事しかしてない奴なんて、魅力もないですよ

色んな事するから人間としての厚みが増えるわけ。特に美容師はなぜか全力前提な空気があります

そりゃ離職率も高くて当たり前でしょう

全力でやりたい奴はやればいいけど、美容師全員が全力でなければいけない空気はいかがなものかと。

 

独立する理由って「余裕を生み出すため」っていうのが絶対あると思うんですよ

主には金銭的な余裕でしょうけど、せっかくそのために独立するのに経営して余裕なくなってりゃ世話ねえですよ

今回は1人美容室が前提の話でしたが、人数がふえようが業種が変わろうが今回の話は変わりません

しくじり先生の僕が言うんだから間違いない(笑)

 

PS:高い利益をだす美容室の作り方はこちらの動画セミナーで学べますのでぜひ視聴してください無料で見れます)

起業、ブログ初心者必見!たった1つの成功パターンを知る重要性前のページ

起業後の収入は最低どれくらい必要か?誰も言わないタブーに触れてみた次のページ

関連記事

  1. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【起業する前に準備し続けた3つの事】

    では今日は僕が起業する時に「どんな準備をしたのか?」という話をしていき…

  2. 美容室開業の手順&経営

    1人美容室で圧倒的に稼ぎ、生き残るための4つの要素【これからの個人美容師の生き方】

    前回の記事で、個人ビジネスで生き残っていく方法は「変態になってリス…

  3. 美容室開業の手順&経営

    俺の美容室のリアルな経費を公開

    今日は僕の美容室のリアルな経費を公開しようと思います経費の計算とい…

  4. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【ハード編】

    「美容室開業の前に絶対に押さえておきたいファミコン理論」の最後の要素は…

  5. 次世代の思考&哲学

    美容室の成功とはなにか?一人美容室を開業して1年で年収800万になった僕の結論

    前回、ビジネスと人生の成功とはなにか?について書いたんですが、今日はそ…

  6. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【リスクが0になる圧倒的コンセプトの作り方】

    「僕が起業した時の話」ももはや4記事目になりますが、今日はついにそれっ…

コメント

  1. はじめまして。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    私以前から、美容師の方ってどれくらい稼がれてるのか?って
    興味があったんです。

    土・日・祝は集客を望めるでしょうが、平日はそこまで。。。

    大変分かりやすい記事で見入ってしまいました。
    また訪問させて下さい。

      • ヒダリー
      • 2019年 2月 24日

      祝日とか休日とか平日とか関係なく集客できるのは前提ですね

      平日に暇な美容室はダメです(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 【悲報】1人美容室は儲かりません【個人美容師の年収、経費、売…
  2. 年収200万円台の美容師が成り上がる方法
  3. 個人でできる、最速起業方法3選【学生、主婦、お金なし】
  4. 1人美容室で圧倒的に稼ぎ、生き残るための4つの要素【これから…
  5. 個人での起業、ビジネスで生き残るためのキーワード「変態、リス…

  1. メディア作成

    ブログ開設初期に有効な集客戦略!SNSからアクセスを呼ぶ方法まとめ
  2. 美容師引退までの物語

    ブログ作成9ヶ月後のアクセスアップ戦略
  3. メディア作成

    ブログの文字数なんぞ気にするな!気にするほどにクソブログになる理由とは?
  4. メディア作成

    ブログのアクセスとPVを倍増させる「ブログのテコ入れ」テクニック
  5. アフィリエイトオワコン

    次世代のビジネス

    まだアフィリエイトオワコンとか言ってんの?【2019年以降のアフィリエイト論】
PAGE TOP