次世代のビジネス

ネットビジネスを成功させるためのアフィリエイト全知識

こんにちは、美容室経営&美容師引退を目指してる齋藤(@flickerei_xyz)です

開業して1年で年収4倍になりましたが、美容師がおもんないので引退するために情報発信やってます

僕のプロフィール美容師引退の理由はこちらから。

 

今日は「ネットビジネスで成功するための知識」について書いていきたいと思います。

ここ3年くらいでしょうか?

ネットビジネスって言葉がかなり一般化してきましたね

本屋とかにいくと「アフィリエイトで稼ぐ方法」みたいな本まであるくらいです。

 

僕がネットビジネスを知ったのは2012年ですが、その時はまだアングラなものでした

ネットビジネスの元年って2007年あたりだと言われていますが、その時なんてもっとアングラで、もはや詐欺と同じ意味だったようです

実際、ヤフオクとかで家電製品をタダで手に入れる方法とか売ってましたからね(苦笑)

 

しかし本当の所は稼ぎやすい、顔を出さなくていい。という理由で詐欺的なものが多かっただけで、ネットビジネスが詐欺というわけではありません

当時から今にかけて、まっとうにネットビジネスで活躍している方もいますしね

(和佐さんと木坂さんは有名ですね。僕もファンです。彼らがやっている和佐木坂ラジオは無料で聞けるので聞いてみて下さい)

 

ただ、ネットビジネスという言葉が一般化してきてると言っても、実際のところはよく知らない人がほとんどだと思います

僕のまわりのネットビジネスで起業した人達も、

あやしい
今稼げても長くは続かない
詐欺じゃないの?

そんなニュアンスの事を言われると言っていましたし。

 

しかしよくよく考えると今の時代、もうみんなネット使いますから生活の軸がネットよりになるのは当たり前の話です

当然ビジネスだってネットよりになるわけで、ネット上に色んなビジネスが生まれるのは自然なことでしょう

冷静に考えると「ネットビジネスがあやしい」とか変な考えなんですよね。

 

もはやネットを使わないビジネスなんて、存在することができなくなります

HPやブログ、SNSを使えばその時点でどんなビジネスもネットビジネスですからね

今の時代はどんな分野でもネットはバリバリ使うので、ネットビジネスって呼び方は死語だと思うんですよ(苦笑)

世界の舞台がネットになる

世間で言われているネットビジネスの意味は「ネットだけで完結するビジネス」のことです

それと対になるのが「ネットだけで完結しないビジネス」です

美容院とかラーメン屋とか生身でサービスを受ける業種ですね

ネットで知って、来てもらう(商品を買いに)必要がありますから。

 

ネットビジネス=詐欺とか言ってる人達って、結構ヤバイんですよね

時代に取り残されているわけですよ

「ネットで完結するビジネス」はあやしい、「ネットで完結しないビジネス」は健全

この感覚はもうおじいちゃんです(苦笑)

 

そもそも「ネットで完結するビジネス」ってフツーにみんな使ってますよ

例えばインターネットのプロバイダーなんかそうですね

申し込んだらほぼ終わりじゃないですか。ネットで完結してますよね

このブログも運営するためにサーバーを借りなければいけませんが、それもネットで申し込んで年額12000円払って終わりです。

 

うさんくさいの代名詞である情報商材とかも、オンラインスクールみたいなもんですよね

資格とるためにセミナーいったり、本買ったりするのと同じです

情報商材は詐欺だ!とか言われますけど本や資格系のスクールも、うさんくさいのあるじゃないですか(笑)

 

これからは世界はもっとネット化されていきます

エストニアっていう国なんて政府を電子化し、国を電子国家にしようとしています

住所変更等の役所的な手続きがすべてネットで行えて、国民投票もすべてネット化されています

日本では2時間かかることがエストニアでは自宅で5分です

「エストニアは領土がなくなっても国はなくならない」とまで言われています

最近では外国人に、電子居住者になれる政策まであるくらい。

 

そんな世界で「ネットビジネスはあやしい」とか言ってられないわけですよ(苦笑)

ちょっと話が大きくなりましたが、ネットは別に怪しくないってことをわかっていただけたでしょうか?

ここで本題に入っていきますが、今日は「ネットで完結するビジネス」って一体どんなものがあるのか?を説明していこうと思います

巷で言われているネットビジネスをやってみよう!と思っても、どんなパターンがあるのか知らなければ話になりませんからね

ネットで収入を得る3つの方法

ネットビジネス(ネットのみで完結するビジネス)で収入を得る方法は3つです

・グーグルアドセンス
・アフィリエイト
・独自商品販売

の3つです

それぞれの特徴を説明していきます。

 

ちなみに僕はアフィリエイトを選びました。理由はこちらで解説してます

グーグルアドセンス

検索エンジンのgoogleから広告料をもらうのが、GoogleAdSense(グーグルアドセンス)です

ブログにグーグルから取得した広告を設置してそれが何回クリックされたか?で報酬金額が決まります

こんな広告よく出てきますよね?ブログに来た人がこれをクリックすると収益が発生します

ということは、ブログへのアクセスがふえるほど収益をもふえるわけなので、稼ぐ戦略は「多くの人にブログを見てもらう」事になります

代表的な例は芸能人の日記ブログですね。

 

他には芸能関係のニュースを扱うトレンド系、旅行などのおすすめスポットをまとめたまとめサイト系などがアドセンスで収益を上げてるブログによくあります

一般人で有名なのは「まだ東京で消耗してるの?」を運営しているイケダハヤトさんでしょうか(今は仮想通貨のブログにコンセプトチェンジしてます)

 

ブログの内容は何でもよく、収益の上げ方も「広告をクリックさせるだけ」というシンプルなビジネスモデルです

僕であれば美容関係のまとめサイトや美容室経営に関するサイトなどを作ってアクセスを集めることが考えられますが、アドセンスという選択肢はなしでした。

 

理由としてはアクセス単価が安すぎ、アクセスを集めるのが大変すぎ、そもそもそんなサイト別に作りたくないからです

アドセンスの収益の元となるアクセス単価は、1ページビューあたり0.3~0.5円くらいです

例えば1人がブログを10ページ読んだ場合、3~5円の収益が発生するということです

ということは月収100万円になるためには、月間200万~333万ページビューも必要です

見るからに大変そうですね(笑)

 

先ほど例であげたイケダハヤトさんのブログで、月間ページビューは170万ほどなのでアドセンスだけで言えば、月収51~80万円くらいだと推察できます

アドセンスは作業の割に儲からないのが明白です。有名ブロガーと同じレベルのブログを作ってこれですからね

考えるだけですでに挫折しそうです(苦笑)

 

アドセンスの特徴をまとめるとこんな感じです

・内容は何でもいいのでブログ作ってアクセス集めるだけというシンプルさ
・アクセス単価がクソ。芸能人でもない人が月間100万以上のページビューを達成するのは相当のライティングスキルとブログの作り込みが必要
・グーグルの審査が厳しくなったのでそれなりに作り込んだブログでないと広告審査が通らない
・ブログの内容がまとめサイト、内容の薄いサイトになりがち

アフィリエイト

ブログやHPでなんらかの商品を紹介して、紹介手数料をもらうのがアフィリエイトです

手順としては

・アフィリエイト案件を仲介しているASPに登録する
・ASPから自分のブログに合った商品を探し広告リンクを取得する
・自分のブログで紹介しブログ訪問者が買うと報酬がもらえる

という流れです。

 

アフィリエイト案件を紹介しているASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)で有名なのはA8ネットですね

ここは大抵の商品を仲介しています

浄水器、資格系、ネットサービス、クレジットカード作成、情報商材、などなど多分なんでもあります

報酬は商品によりますが数百円から1万円までのものが多いですね。

 

稼ぎやすいと言われている(報酬が高い)のは、

・サプリ、ダイエット、エステなどの美容系
・株やFXなどの投資
・起業の方法やコピーライティングなどのビジネス系
・競馬、パチンコなどのギャンブル
・恋愛、ナンパなどの情報商材

などです。

 

アフィリエイトの例をあげると、加藤翔太さんのオンラインスクールでもとりあげられたトニー北原さんの酵素ドリンクのダイエットサイトですね

(北原さんは加藤さんの元コンサル生で美容師→アフィリエイター→美容室経営者という経歴の方です。現在は3年程度で美容室80店舗近くを全国展開させました。すごすぎワロタ)

 

北原さんの酵素ドリンクサイトは月商50万ほどです

1日に1000アクセスあるとして月間3万人が訪問するのでアクセス単価は16.6円ですね

アドセンスの0.3~0.5円と比べると30~50倍にもなります。

 

このサイトは最高で月商100万を達成し現在は放ったらかしだそうですが、月商50万くらいは稼いでくれるそうです

ネットで完結するビジネスは一度完成させてしまえばある程度放置しても、収益が発生するのが素晴らしいところです

ネットビジネスが流行った原因もこれにあり、そら流行るわって感じです。

 

デメリットとしては参入者が非常に多いことです

稼げるジャンルは特に多く、ライバルより作り込んだサイトや商品が売れる動線を作らなければいけません

プロも多く存在し、会社単位でアフィリエイトしている人も多くいます。

 

これから始める人が一般的なジャンルで稼ぐのはかなりの忍耐が必要です

素人がちょっと勉強してちょっと実践するくらいでは間違いなく結果は出ません

自分の好きな事、発信したいことでコツコツとブログを育てていく事が重要です。

 

僕は最初、自分が興味のない商品をアフィリエイトしていましたがブログを作るのが苦痛で仕方ありませんでした

アフィリエイトは1つのブログをじっくり育てるやり方と、同じ商品でブログを量産する方法がありますが、興味のない商品でそれをするのはホントに大変です

そもそも興味のない商品のブログなんて、何も書くことが浮かびません(苦笑)

アフィリエイトもアドセンスもサイトを作る以上は自分が本当に好きなこと、発信したいことでやることを勧めます

 

アフィリエイトの特徴をまとめておきましょう

・アドセンスよりアクセス単価は高い
・商品を紹介するだけなので商品管理やクレーム対応がいらない
・売れるサイトが出来てしまえば放置で稼げる
・昔と違い、ただの素人では稼げない
・商品が急に販売終了したり、報酬額が減るなど販売主の意向に左右される
・稼げるジャンル、一般的なジャンルはライバルだらけ&量産サイトだらけ
・ある程度のビジネススキルがいる(特に文章が重要なのでコピーライティングスキル)

独自商品販売

そのまんまですが、ブログで自分が作った商品を売ることです

・ネットサービス系(ツール、ブログのテンプレートなど)
・情報商材(難関大学に受かる勉強法、起業の仕方、ゴルフなど)
・物販(バイクのオリジナルパーツ、アクセサリーなど)

などなど、ぱっと思いついたものを上げてみましたが、何でもいいです

独自商品のメリットは自分で価格が決めれるので、単価を上げやすいのとすべての権限が自分にあることですね

アドセンスやアフィリエイトだと、広告主や販売主の意向に左右されてしまいます(急に広告が停止になったり報酬額が減ったりなど)

 

利益に関してはアフィリエイトと同じく、ネットサービスや情報商材であれば生産コストがかからないし、輸送の必要もないので売上の上限は理論上は無限になります

物販は生産コストがかかるのである程度のラインで売上が頭打ちになります

(物販はネットとリアルビジネスの間になるのですが、物体が届くという部分以外はネットで完結するのでネットビジネスとしています)

 

デメリットは、まず売る商品を作らなければいけないことです。

して作っただけでは売れませんから販売するスキルも必要になります

僕であれば「態度が悪くてもうまくいく美容室の経営法」や「徹底的に教育されたマゾ客を集める美容室ブログマニュアル」などが考えられますが、独自商品をいきなり売るのは難しいです

商品を作るのはめちゃくちゃ時間がかかります。

 

そして出来たとしても売るためにブログでアクセスを集めなければいけませんし、決済システムや販売ルートなどのインフラも必要です

苦労してアクセスを集めていざ販売!となっても売れない可能性もあるわけで、そうなるとかなりの時間を無駄にしてしまいます

もちろん、失敗は成功の母といいますが、苦労してこれはきついですよね

ブログで独自商品を販売するのはある程度、ネットビジネスで実績をだしてからの方がいいと思います

「ネット上に自動で売上が上がる仕組みを作る」ということなので初心者にはハードルが高いです。

 

しかし、これが実現できればとんでもないことになります

例えば、僕が知ってる中でこのビジネスモデルで稼いでるのは「だいぽんさん」という方です

「アフィリエイトで1億円稼いで自由になった皿洗いのブログ」を運営されていますが、日給は80~120万円あるそうです(笑)

しかも従業員ゼロで年収にすると3~4億です。

 

だいぽんさんがどうやって稼いでいるかというと、

ブログにアクセスした人に電子書籍プレゼントキャンペーンに登録→登録したら電子書籍とメルマガが届くようになり、無料のプレゼントでだいぽんさんがやってきた事や価値観を教えていく→メルマガや無料プレゼントで「もっとだいぽんさんから学びたい!」と思った人が20万円の独自教材を購入する

という流れです。

 

数字の話をするとだいぽんさんのブログには1日1000人くらいが見に来るそうなので、1人あたり4ページビューあるとして1日4000ページビュー

日給が120万円とすると1ページビューあたりのアクセス単価は300円になり、アドセンスの0.3円と比べると600~1000倍にもなります(苦笑)

 

情報系のネットビジネスで成功すると、こーいうことが出来てしまうのです

さすがにだいぽんさんみたいに年収3億とかはハードルが高いですが、月収100~500万くらいは十分に狙える範囲ですよ(加藤さんのオンラインスクールには、1年で月収100~200万になった人も数人います)

興味があれば、だいぽんさんがやっているキャンペーンに登録してみて下さい

実際に体験してみると流れがよく分かると思います

送られてくるメルマガは勉強になりますし、人の文章を読むことは文章力を鍛えることにも繋がりますのでぜひ登録してみて下さい。

独自商品の特徴をまとめておきます

・価格が自分で決めれるので利益をだしやすい
・広告主の意向などに左右されず安定的
・知識やネットサービスは販売数がふえてもコストゼロ
・モノを販売する場合は生産に時間とコストがかかるので売上の上限が決まってしまう
・商品作成が大変(魅力的な商品を作る能力がいる)
・販売ルートや決済システムが必要
・商品の責任は全て自分がもつ必要がある

オススメはアフィリエイト、商品があるならいきなり独自商品もアリ(ビジネスの知識がある前提)

ネットビジネス(ネットで完結するビジネス)で収入を得る、3つの方法を解説しましたが理解いただけましたか?

ネットビジネスであれば、この3つのどれかのパターンに必ずなります

方法がわかればあとはどれでいくかを決めるだけですが、個人的にはやはりアフィリエイトが一番だと思います。

 

アドセンスはブログ版YouTuberになるか、膨大な情報を掲載したまとめサイトを作るしかありません

独自商品は情報商材を売るなら実積と実力がいります

ネットサービス系なら提供したいサービスそのものや、プログラミングの知識がいりますね

物販であればモノを用意しなければいけませんし、売上の上限が低いです。

 

しかしアフィリエイトであれば、

・ブログなどの自分のメディア
・そのメディアにあったアフィリエイトできる商品
・文章力(コピーライティング)

があれば収益を上げることが可能です

ブログと文章力はアドセンス、独自商品のどちらでも必要なものなので、実質アフィリエイト出来る商品案件さえあれば始めれます

すでに独自商品を持っているなら、あとはブログと文章力があればいいので、独自商品の販売からはじめてもいいかも知れませんが、普通は自分の商品なんか持ってないので、やはりアフィリエイトが現実的だと思います

ネットビジネス初心者がブログで稼げるようになるまでのルート

ネットビジネス初心者がブログで稼ぐためのステップアップルートはこんな感じです

1:NAVERまとめでアクセスを集める練習

これは加藤さんがおすすめするアクセス集めの練習法です

まずアクセスが集まる感覚というのを体感しておくことが重要です

NAVERまとめを見たことがある方は知ってると思いますが、記事の内容自体は大したものは多くありません

記事タイトルの付け方、ネタの選び方でアクセスが決まるようなものです。

 

ブログを書く上で、記事タイトルの付け方とネタの選び方は重要なのでいい練習になります

文章を書いたことがない方はNAVERまとめレベルの文章もかけないので、まずここで文章力を磨きつつ、3000アクセスは集めれるようになりましょう。

 

意外と簡単で、最初の記事で達成する人もいますのでそんなに構えないでくださいね

まずはどんな記事があるのか?自分で見てみてください。リサーチは重要です

もちろん仮説を立ててからやってくださいね、やみくもに書いてもアクセスは集まりませんよ。

 

もしすでに自分のブログやツイッターなどでアクセスを集めれるなら、NAVERまとめで3000アクセスは飛ばしても大丈夫です

僕は美容室のブログで月間4万PVあったので飛ばしました

2:ブログを作り、月収1万円を目指す

アドセンスでもアフィリエイトでもいいので、まずはブログを作りましょう

基本的には自分の興味のある分野、趣味に関するものがいいです

いきなり成功させようとはせず、まず作ってみて下さい。

 

「自分がしたいことがわからない」とみんな言いますが、色々やらないとそらわかりませんよ(苦笑)

僕も色々やってきて、今このブログを運営しているわけですし。

プロフィール読んでない人は読んでみて下さい

 

ここでの目的は「ブログの操作ができるようになる」「文章がある程度かけるようになる」「アクセスが集まる感覚がわかる」ですが、さらに月収1万円も目指しましょう

アフィリエイトで月間1万円以上稼いでるのは、全アフィリエイターの10%もいないというデータがあります

これはちょっとやってみただけ。という人も含んでるので、悲惨な数字になっていますが気にしなくていいです

よくよく考えると、学校でちゃんと勉強するのって10~20%くらいでしたよね

会社も同じで、仕事できる人の割合ってそのくらいしかいません。

 

僕は美容師でしたがその場合で言えば、まともな技術を持ってる美容師は20%程度でした

ということは本気でやれば確実に10%に入れるわけですよ

これを確率が低いか?というと僕はそう思いません。

 

起業家の人がよく言う言葉で「0から1はものすごく大変、でも1から1000は0→1よりはるかに楽」というものがあります

売上を上げる感覚が身につくまでが大変なわけですね

一度売れる様になってしまえば後は購入率と規模の問題です

いきなり月収100万円とか目指さないで1万円から始めましょう

3:独自商品を作ってさらに収入をふやす

1万円売れたらあとは購入率と規模を上げるための仮説&実行の繰り返しです

20万か50万か100万になるかどうかは、どんなジャンルのブログなのか?ところもあります

仮説&実行ができるようになっていれば「今のやり方ではここで頭打ちだな・・・」というラインがわかるようになってきます

そうなると次の段階ですね。

 

ネットビジネスで売上をふやす方法は3つあります

・単価の高い独自商品を作る
・ブログの数か記事数をふやす
・組織化する

独自商品はすでに説明したとおり、もっともオススメです

この段階に来てるのであれば、どんな商品がお客さんが欲しがるのかが、ある程度わかるようになっているので商品を作ることもできるはずです。

 

ブログの数か記事数をふやすのはわかりやすいですね

10万円稼ぐサイトがあるなら、それと同じレベルのものを作れば20万円になります。

 

組織化するというのはピンと来ないかもしれませんが、人を雇う(外注でもよい)ということです

人を雇ってサイトを作ってもらえば自分の労働時間はふえません

サイトや記事数をふやすのって1人でやると大変ですからね。

 

自分の状況に合わせて、好きなようにすればいいのがこの段階です

ここまでくればビジネスの知識は相当ついているのでコンサルをしたり、店舗経営したり、なんらか企画を立ち上げたりしている人もいます

相変わらず1人でコツコツやる人もいますし、人と組んだり人を雇ったり、好きなようにやっていますね

お金と時間に困ることはもうない状態です。

 

以上がネットビジネスで成功するために必要な3つの知識と、成功までのざっくりとした流れでした。

僕は今2の段階で、このブログでステップアップしていく過程を公開していきますので参考にしてくださいね

関連記事

  1. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」になる「時給型ビジネス」から脱出するたった1つの方法

    今日は僕が美容室経営をやめる事を決意したキッカケとなった「ビジネスにお…

  2. 次世代のビジネス

    実績0&ノースキルならブログやアフィリではなく転売をするべき理由【副業からOK、起業も可能】

    僕は美容室開業後、1年でキャパマックスの動員&売上を達成した結果、あし…

  3. 次世代のビジネス

    情報発信初心者が必ず知っておきたい収益化の話【まずはアフィリエイトから】

    今日は情報発信の収益化の話をしていきますブログやSNSを見てて思う…

  4. 次世代のビジネス

    情報発信で1つのジャンルからビジネスを拡大させる方法【要塞化の実例】

    先日の記事で「発信したテーマと遠い分野をくっつけて拡張していこう」とい…

  5. メディア作成

    月3万円のアフィリ報酬を得るために準備しておくもの【商品編】

    今日は前回の続きです。前回の記事はこちら月3万…

コメント

  1. こんにちは。ランキングから来ました。美容師をしているので、このブログの内容に興味をもちました。100話全部読んでみたいです。楽しみにしてますね。

      • 戸愚呂あにぃ
      • 2018年 5月 05日

      コメントどうもです~

      そんなに早く更新出来ませんが、毎日ブログ書いてるので読みに来て下さいw
      なにか聞いてみたいこととかありましたらコメント、メールで送って下さいね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

 

 

 

おすすめ記事

  1. 念能力系統図
  1. 美容師引退までの物語

    ブログ作成7ヶ月後のアクセスアップ戦略とブログの挫折ポイントの話
  2. メディア作成

    「再定義」で読まれるブログを書くためのライティング術2
  3. メディア作成

    ブログの文字数なんぞ気にするな!気にするほどにクソブログになる理由とは?
  4. 美容師引退までの物語

    ブログ作成8ヶ月後のアクセスアップ戦略
  5. 次世代の思考&哲学

    美容業界の現状と勝てる美容室経営の3パターン
PAGE TOP