その他

【序章:2】「世間で言われている夢」を叶えたら絶望した

【序章】みんなが憧れる「手に職」をつけてみた結果
【第1話】組織と社会がしょーもない
【第2話】「世間で言われている夢」を叶えたら絶望した←今ここ
【第3話】労働したら貧乏になる
【第4話】稼いでも不自由になる稼ぎ方
【第5話】成功者は働かずに稼ぐ
【第6話】自分で自分を雇用しろ!

 

僕が美容師を目指したのは中学生になってすぐの時でした。理由は「独立がしやすそう」だったからです

それに服装にうるさく言われることもなさそうだし、店が嫌になっても美容室なんてそこらにあるので、違う店に行けばいいわけです。

 

そして決め手になったのが「手に職」だったから

髪の毛は伸びるので仕事がなくなることはないし、何かあっても他人の店で働けば食うことには困らないだろう

と考えたわけです(実際はそうでもない事にあとで気づくのですが)

 

美容学校を卒業した僕は、大阪の心斎橋の美容室に就職しました

就職するのは嫌でしたが、それなりの美容室に行かなければ独立できる力が身につかないと思ったからです

美容業界のブラック企業っぷりは先生からよく聞かされていましたが、

「技術さえ身につければ独立してもやっていける。
そのためならどんなブラックでも耐えてやるぜ!」

と決意したのを覚えています。

 

そして就職して思ったのが、
やはりブラックだということ(苦笑)

・給料が手取りで13万、30歳間近でも23万ぐらいしかない
・歩合制というが売上の10%もつかない(笑)
・休みは自腹で講習(年間休日20日)
・朝8時に起きて終電まで仕事
・忙しいとトイレすら行けない
・練習に使う人形が一体3000円で使い捨て(月15体は買う)
・ブラシやハサミなどの道具は全部自腹
・服もしょっちゅう買えと言われる
・40、50代の美容師がめちゃくちゃ少ない
・人がすぐやめる(平均勤続年数は半年~3年)

僕が就職した店はこんな感じでした。

 

就職する店にもよりますが「給料が低、人がすぐやめる、自己投資でお金がかかる」というのはどこの店も共通です

酷いとこだと給料を払わないとか、
人間関係が最悪なども追加されます

僕が就職した店は人間関係は悪くなかったのでそれは救いでした。

 

専門学校の同級生たちの話を聞いて
戦慄したものです(苦笑)

とはいえ、事前にある程度予想はしていましたので「まあこんなもんだよな」という感じでした。

根性論だからブラック化する

しかし独立したい僕にとって、1つ気になることがありました。美容業界にある1つの風潮です

それは「いい接客をして、技術があればお客さんは来てくれる」という価値観です。

 

いやいや、具体的になにすんの?(笑)

「いい接客をして、技術があればお客さんは来てくれる」というのは、もはやただのお祈りでしかありません。

 

接客と技術は前提の話であって、重要なのは「どう利益を上げていくのか」ということです

しかし利益を上げる構造が店にないのです

「いい美容師になって指名を沢山とって、カラーやパーマをオススメして単価をあげましょう」

という決意表明があるのみです(笑)

 

こんなフワフワしたものでは根性論になるしかありません

実際に先輩に言われることは、すべて具体性がありませんでした

「見て盗め!」と言われましたが実際は何を教えればいいのか、わからなかったんだと思います

だから分かりやすい「技術の練習」と「丁寧な接客」ばかりに目がいくのです。

 

「技術の良し悪し」なんて正直な所、素人にはあまりわかりません

「丁寧な接客」もどこの美容室もやってます

そんな所で勝負しても残念ながら
差なんて生まれないのです

差がないからお客さんの奪い合いになり、
売上が上がらないという構造になっていました

 

売上がないと当然ですがブラック化するしかありません

そら大変にもなりますよ(苦笑)

「美容師は大変だよ」とよく言われましたが
内部に入ってみてその理由がよくわかりました。

 

「経営者ではなく、美容師のまま経営している」ことが問題なんだ

僕が至った結論はこうでした。

 

「経営(ビジネス)を学びたい!」と思いましたが美容室で働いても、それは叶いそうもありません

売上が上がらない、指名がふえないスタッフに

「もっと技術をつけろ!お客さんの求めてるものを見抜け!」

と怒る店長を見ていると、美容室でビジネスを学ぶのは夢のまた夢です。

 

そんな事言われても技術はすぐにはつかないし、技術の違いが分かるかはお客さん次第です(悪く言えば運頼み)

求めているものを見抜け!と言われても、
普通はどうすればいいかわかりません

(今になって思いますが、ビジネスの知識を身につければ簡単に人気美容師になれます)

ネットでビジネスを学ぶ

そこで、僕は当時流行っていた「ミクシィ」
で情報を探してみました

あると思っていませんでしたがなんと、美容室経営者が集まっているコミュニティがありました。

 

そこで話されていることは、やはり美容業界のブラックな部分や売上に関する悩みがほとんどでしたが、

「なあなあの家族経営体質ではいけない!
これからは経営者になるべきだ!」

と言っている経営者たちも。

 

この時はちょっとテンションがあがりましたね

「やっぱそうだよな!俺って最先端!」
って思ってました(笑)

実際に美容室経営している人たちばかりだったので具体的な話がされていました。

 

今となっては初歩すぎて笑えますが、当時の僕の価値観がガラリと変わるレベルだったのを覚えています

(ちょっと勉強すればビジネスの知識なんて簡単に身につきますよ。中学生レベルの内容です)

 

ちょうどその頃、ミクシィ内で有名になった美容師がセミナーを始めだした時期でもあったのでそれにも参加しまくりました

こんな感じで僕は主にSNSからビジネスの知識を学んだのです

20歳の時にミクシィでビジネスを学びだし、途中Facebookに移行しましたが7年間続けました。

 

これだけやれば学んだ内容はともかく、自信になりましたし、自己資金も400万たまったので僕は独立を決意します

決意すると早いもので退社から物件の決定、内装や業者の手配など含めて半年ほどでオープンすることになりました。

 

国金から400万借り、自分で貯めた400万と合わせて800万円を手元に開業しました

元々美容室だった物件を借りたので使えるとこはそのまま使い、開業にかかった費用は400万円

実質借金ゼロの状態だったので気持ち的に少し楽でした

スタッフもいませんでしたし。

 

無謀な開業計画を立てる人も多いですが、
このへんもビジネスを学んだおかげです。

 

子供の時に思い描いた理想の自分にあと一歩でなれる

そんな状況でしたがやる気や希望よりも
不安の方が大きかったです(苦笑)

開業後1ヶ月で追い込まれる

そしてタイミングの悪いことに、僕に人生2度目のターニングポイントが訪れます

2013年の2月に美容室をオープンしましたが、なんとその3週間後に僕は4トントラックに轢かれます(笑)

さらにその2週間後に父親が脳内出血で緊急入院しました。

 

父親は僕が23ぐらいの時に務めていた会社が倒産し、そこから元料理人というスキルを活かし、飲食店をしていましたがこのご時世やはり売上はあがりません

夜遅くまで営業して無理してたのもあるんでしょう。

 

朝起きたら父親が帰ってきてなくて
急いで店に行くとやっぱり倒れていました

意識はありましたがまともな状態ではなく、
意思疎通はできません

冬の寒い中、長時間倒れていたと思うと
申し訳ない気持ちになりましたね

自分が稼いでたら「タクシー運転手でもやっとけや笑」と言えたのになあ・・・しょーもなさすぎだろ自分って思ったものです。

 

結果的には僕は悪運が強いようで、バイクはゴミクズになりましたが打撲程度ですみ、父親は半年ほどで退院し、後遺症もどちらもかなり軽い麻痺と言語障害ですみました

とはいえ、僕も入院していたら・・・と思うとゾォーっとしましたし、父親がどうなるかは当時の段階ではわかりませんから不安だらけでした。

 

この2つの出来事は開業して1年後の僕の価値観を変えるキッカケになります。

 

2013年2月にオープンした僕ですが、
状況はいいものではありませんでした

顧客ゼロからのスタートだったし、父親が倒れたので生活費は僕が稼がなければいけません

家の貯金は会社が倒産した時から切り崩していたのでゼロでした。

 

美容室は開業後、半年は赤字とか1年以内に潰れる時代とかいわれています

念のため400万円残しておきましたが、
生活費も負担するとなると・・・

店の維持に30万円、生活費に20万円として
50万円稼がなければいけないわけですよ。

 

1人で経営している美容室の話を聞くと、毎月30万円ちょっとしか売上がない!なんて話ザラです

もし僕もそうなると毎月20万円のマイナスです
1年で240万のマイナス。

 

店を辞めるのも内装の解体などで100万ぐらいはかかると聞いてたので、それを考えると半年以内には50万の売上を上げないとヤバイ

こんな状況だったので、もう不安でしょうがなかったです

これで自己資金を100万円とかしか残してなかったら・・・と思うと恐ろしいですね。ストレス半端なかったでしょう

独学でビジネスを学んだ結果

結果的には2月はオープンしてすぐということで流石に赤字でしたが、3ヶ月目にして黒字にできました

その後も順調に売上は上がり、半年後には80万円の売上

1年後には100万円を達成したのです。

 

オープン当初はゾンビのような顔をしていた僕ですが、1年後にはイキった経営者ズラをしてました(笑)

「スタッフ1人あたり60万円の売上があればいい方」といわれている業界なので、1人でやってる美容室としては十分な売上です。

 

正直、こんなにスムーズに行くと思ってなかったので嬉しかったですね

ミクシィで経営を学んでなかったら絶対に無理な結果だと今も思います

経営を学んだといっても、大雑把に言うと必要な数字を把握して達成するためにはどうするか?だけなのですが(笑)

 

開業した時、理想の自分まであと一歩と思いました

そして1年後、自分が思い描いた「雇われず、自由な状態」に僕はなったのです

夢を叶える人は極僅かな世の中で
僕は夢を叶えたのです

その時自分がどう思うのかもちょっと楽しみでした。

 

「つまんないし、全然自由じゃねえ・・・」

夢を叶えた僕の感想はこうでした(苦笑)
夢もクソもありません

世間で言われている「夢を叶えよう!」を実現した僕は、またゾンビのような顔になったのです。

 

その時の僕の生活は、

毎朝9時に起きて帰ってきたら21時だし、休みの日も相変わらずセミナーに行かないとだめだし、予約が入るか気になるしドタキャンがストレスだし、雑用が思ってたより多いし

で全然時間がありませんでした。

 

この生活が美容師辞めるまでずっと続くのか・・・と思うと、何とも言えない気分になりました

こうなってくると僕が思っていた「雇われなければ自由だ」が間違いだったのではないか?という話です。

独立しても自分の店に雇われるだけ

そもそもトラックに轢かれて入院したり、父親のように病気になったらもう終わりなのです

火事で店が燃えた美容師も知ってるし、福島のような天災で住めなくなり、店を捨てたという話も聞きました

お客さんの中にも「ずっといってた美容師が病気でやめた」と行って来る人も多かったです。

 

腰痛なんかは職業病ですし手荒れが酷くて
続けれないとかもよくあります

実際僕も雇われている時に腱鞘炎で一回手術しました
その時は1ヶ月仕事はできなかったです

あれが今だと1ヶ月分の生活費と経費まるごと赤字になるわけです

想像するだけでめちゃくちゃストレス。

 

こんな状況では店がなくなるか、体がダメになれば終わりです

これって「店に雇われている」ってことじゃないか!
と僕は思いました

「雇われず、独立すれば自由になれる」と思ってた僕ですが、まったくそんな事なかったわけです

そもそもこれ、浅はかですよね(苦笑)

 

でも世間ではよく言われてることです
独立すれば自由って・・・

僕も深く考えずにそう思ってましたが
まったくそんな事ありません

当時の僕に「アホか!」と言いたいです。

 

しかしこの時点ではまだ自分がアホな事に
気づいていませんでした

盛大に回り道してからその事に気づくことになります

 


ブログランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリック!

にほんブログ村 小遣いブログへ 

ピックアップ記事

  1. 実践型コンテンツで毎月3万円のアフィリエイト報酬を得るまでの戦略まとめ
  2. 年収800万の美容室経営者になったけど絶望。アフィリエイトで成功し、美容室を閉店…
  3. 【開幕】美容師引退&店を畳むまでの物語【美容師引退記】
  4. ブログアフィリエイトの収入が2倍以上にアップする「理想世界の提示」とは?
  5. 無料で受講できる「成功するための全知識が学べる次世代起業家セミナー」を詳しく解説…

関連記事

  1. メディア作成

    月3万円のアフィリ報酬を得るために準備しておくもの【メディア編】

    早速ですが、前回の続きをやっていきましょう今日は月3万円のアフィリ…

  2. メディア作成

    ブログコンセプトの「明確化」でファン倍増!コンセプトのテコ入れ実例

    今月は前回更新した記事の通り、ブログのテコ入れ真っ最中です&n…

  3. 美容師引退&廃業するまでの物語

    ブログ作成7ヶ月後のアクセスアップ戦略とブログの挫折ポイントの話

    ではでは、月も変わりましたので恒例のアクセス解析結果を発表したいと思い…

  4. メディア作成

    ブログのアクセスとPVを倍増させる「ブログのテコ入れ」テクニック

    今月も先月と同じく、あまり記事更新できていませんがサボっていたわけ…

  5. 美容師引退&廃業するまでの物語

    ブログ初心者必見!ブログ立ち上げの流れを公開【美容師引退記:3】

    今日はちょうど5月になったので、月間報告でもしたいなと思いますこの…

  6. その他

    【序章:4】稼いでも不自由になる稼ぎ方

    【序章】みんなが憧れる「手に職」をつけてみた結果【第1話】組織と社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 小遣いブログへ  

 

このブログが面白いと思ったらクリックして拡散してくれると嬉しいです。

 

おすすめ記事

Twitter

  1. 次世代の思考&哲学

    「昔の自分を客にしろ」は間違い!ブログにオリジナリティを出す極意
  2. その他

    【序章:4】稼いでも不自由になる稼ぎ方
  3. メディア作成

    月3万円のアフィリ報酬を得るために準備しておくもの【知識編】
  4. 次世代のビジネス

    ネットビジネスを成功させるためのアフィリエイト全知識
  5. メディア作成

    ブログ開設初期に有効な集客戦略!SNSからアクセスを呼ぶ方法まとめ
PAGE TOP