次世代のビジネス

【セミナーを開催して秒で悟った】セミナーはビジネスではなくタダのイベントであるという話

こんにちは、美容室経営&美容師引退を目指してる齋藤(@flickerei_xyz)です

開業して1年で年収4倍になりましたが、美容師がおもんないので引退するために情報発信やってます

僕のプロフィール美容師引退の理由はこちらから。

 

美容師がつまらない&美容室経営もやめたいことに気づいた僕は美容師をやめるべく、次の稼ぎ方を探し始めます

転売→美容師向けのセミナー→サイトアフィリ→FXという変遷をたどっていますが、この記事では「美容師向けのセミナー」をやってみた時のことについて話していきます

情報発信のことをリアルに考え始めたのも、この時の経験がきっかけでもあります。

 

転売のことを調べてみて思ったことですが、僕はそれまで美容師という職業をビジネスとして見ていませんでした

ビジネスではなく職人的な視点で見ていたので、転売業界を観察してみて始めてビジネスというものに目を当てたと言えます

ネットビジネス、情報商材に触れたキッカケが転売でしたが、そういう意味では転売のおかげで今の僕があると言えます。

 

転売の次にやってみたのが美容師向けのセミナー業で、僕がビジネスとちゃんと向き合った最初の一歩とも言える、いつまでも忘れないどこか懐かしいおふくろの味的なビジネスです

これからは僕は個人ビジネスをやりながら生きていくつもりですが、多分ずっと忘れることはないだろうな。というくらい思い入れのある経験でもあります

すぐやめたけど(苦笑)

 

ビジネスをやっている人や、情報起業家のメルマガなんかを読んでいる方などは一度くらい受けたことがあるのがセミナーと呼ばれるものではないかなと思います

僕もセミナーは美容師時代から幾度と受けており、情報起業家のセミナーもライブで参加したこと多数です

ざっくり計算すると、おそらく今までで500回くらいは受けてますので、ある種セミナーマスターでもあります。そのおかげか、胡散臭いヤツとか薄っぺらいヤツがすぐわかるようになりました。

 

ビジネスの中でもセミナーって便利なもので、ビジネスをどう展開させていくか?となった時にセミナーを軸に舵取りすることができます

ブランディングであったり、認知を一気に取りにいくためであったり、コンテンツ化して販売し大きく稼ぐための布石であったりなど。

ビジネスをブーストさせるために行う、はたまたセミナーそれ自体が単体のビジネスとして成り立っているケースもあります。セミナー「業」という言い方もあるくらいですからね。

 

「個人で稼ぐ」となった時に積極的に「セミナーを開きたい!」という人はあまり多くないと思いますが、手段の1つとして選択肢に入れておくといいですよ

よくあることで言えば、いきなり有名になる人って、誰かにセミナーを頼まれて公の場でデビューした事がキッカケということは往々にしてあるのです。

 

とはいえ、あくまでツールとしてであって、巷で言われているような「セミナーで飯を食う」みたいなのはススメません

あれはただの肉体労働ですから。

セミナーとはあくまで戦略的に、コンテンツの一貫として行うものであって、メインとしてやっていくようなものではありません

僕の体験を通して、そういったところも垣間見てもらえればなと思います。

セミナーとはファンに向けたライブである

まず僕が美容師向けのセミナーをやるに至ったのは、2013年の美容室開業して間もない頃に参加した集客セミナーがキッカケです

そこで知り合った2人の美容室経営者となんだかんだ話が進み「俺らもセミナーできるんじゃね?やってみよう!」ということで話が決まりました

「人と会う」とやはりチャンスがふえますね。

 

それぞれの得意分野であった、広告集客、内部マネジメント、僕はweb集客を担当することになりました

当時はまだブログは一般的ではありませんでしたし、美容師のブログなんかあんまりなかった時代です。ブログを軸にブランディングし、好き勝手に経営する方法を話しましたが、なかなかに画期的なセミナーだったと自負しています(笑)

 

東京と大阪で合わせて2回やって売上は100万くらい、経費抜いて3等分して1人20万くらい手元に入った感じだったと記憶しています

1人でやれば100万総取りであり、年10回もやれば年収1000万なわけです

一瞬とても良いビジネスに思えますが、実はそうでもありません。

 

僕自身も一瞬「美容師やめてこれで稼げるじゃん」と思いましたが、セミナーというのはとにかくめんどくさい

話すネタがあればいいですが、ないなら無理やりひねり出す必要があり、集客もしなければいけません。

 

2013年の時からしばらく世間はセミナーブームでした。色んな人がセミナーを開催していましたが、だいたいしょぼい売上しかでなかったり、次につながらないことがほとんど

ネタを絞り出すもんだから内容はしょぼいく薄っぺらい、集客は毎回新規相手にしなくてはならずコストがかかり、数も集まらない

そもそもセミナー業ってやらないと金にならないわけですから、肉体労働でもあります。毎回毎回、ネタ絞り出して、コストかけて集客して、1日かけて話して・・・割としてはかなり悪いビジネスモデルです

今だにこんな感じのセミナー講師も多いはずです。セミナー業って華やかに見えるけど実態はそんなもんなのです。

 

しかしセミナーで稼ぐ人というのは確かにいます

彼らが何をやっているかと言うと、すでにファンの人たちに向けてセミナーをやっているのです

すでにファンなんだからセミナーするよ!と言えば人が集まるのは当たり前、ファンに向けてやるんだから話したいことがあって当たり前なのです

ファンに教えたいこと、なにかのイベントをしたい時に彼らはライブ的にセミナーをひらいてるだけなわけです

今で言うコミュニティ化ですね。コミュニティメンバーに向けてやるから来てくれるわけです

例えばキングコング西野さんのオンラインサロン参加者はリアルセミナーがあれば行くのです。ファンだから。

 

そーいう事情を知らずにセミナーを行うのが流行っていた時期でした

与沢さんみたいな超有名な人だったらファンに向けないでも人は集まるんですが、ポッと出の人が真似したってたいした結果でないのは必然です

僕は「美容師向けのセミナー講師やったら稼げるんじゃね?」と思いましたが、見渡してみるとこりゃだめだなと思い、そうそうにあきらめました

秒で終わった、はじめての情報発信

次に思ったのが「セミナー講師はダメでも情報発信やればいけるんじゃね?」ということです

当時は情報発信する人が少しづつ増えている時期でしたし、僕も和佐さんや新田祐士さんという情報起業家の方のメルマガを読んでいたので一種の憧れみたいなのがありました

「俺も情報発信で稼ぎたい!ワクワク」みたいな(笑)

セミナーを皮切りに、情報を発信していくことに興味が湧いたのもあります。自分のコンテンツを世に出していくのはなんとも言えない楽しさがあります

ブログとかSNSとかで発信している人ならわかるのではないでしょうか?

情報発信に興味をもったキッカケでもあるので、セミナーを早い段階でやったのは非常にラッキーだったと思います。

 

情報発信してコミュニティを作る→アドセンス、独自商品、セミナー、イベントなどでマネタイズしていく

という流れが情報起業のモデルですが、これは非常に手堅いモデルです。今をときめくオンラインサロン運営者、インフルエンサーなどは軒並みこの流れです。

 

そんなビジネスに憧れ「よし、俺も情報発信始めるか!」と意気揚々とブログを開設した時の事は今でも覚えています

当時は簡単に画像を加工できるツールも少なかったので、苦労してヘッダーとか作成しましたね

箱を作っていざ、記事更新!となった時に重大なことに気づきます

「俺、美容師に興味ないやん。そもそも美容室経営辞めたいやつが美容室経営について語るとかどうなの?」

という問題です。

 

情報発信をするなら、圧倒的な実績、圧倒的な愛が必要です。異常値とも言える何かがないと情報発信なんてやってられないのです

それらがあって始めて情報を受け取る人が出てくるわけで、中途半端な状態でやったところで挫折して終わりなのは明白。

 

今は「ブログやろうぜ!」とか「発信していこうぜ!」という声が大きいですが、ほとんどの人が芽もでない、かすりもしないのは単純な理屈です

圧倒的な実績も、愛もない。異常値のないタダの人

そんな人がブログやっても無理ですよという話なのです。僕の始めての情報発信はブログを作って薄っぺらいプロフィールを書いて終わりました(苦笑)

 

今でこそこんなブログやっていますが、それまでにかなり色んな経験や葛藤がありました

情報発信するなら数回はブログ作り直したり、様々なジャンルにトライする経験が必要かなと思います

あと、ノウハウを探す人多いですけど、異常な人を探したほうがいいですね

例えばインフルエンサーで有名なイケハヤさんのデビューはブログ「まだ東京で消耗してるの?」でしたが、それを体現するために高知に引っ越すとか異常なわけですよ

異常値を持つ人を観察しましょう。

セミナーはすごいものではない

セミナー業っていうのは、個人的にはあまり話すようなことはありません

セミナーはビジネスとしてメインでやるもんじゃねえって事と、なんらかの意図をもってやるぶんにはビジネスを加速させる事ができる。という2点くらいです。

 

「情報発信をやってみようと思ったけど、秒でネタがねえ・・・と悟った」というきっかけになったので、セミナーをやってみた経験は僕にとって忘れられないものというのを言いたかっただけです(笑)

多分、ほとんどの人はセミナーやりたい!とかはないんじゃないかなと思います

しかし、選択肢としてもっておくべきものではあると思います。ネットの世界だけでカチャカチャ文字打ちだけやって稼げる時代でもないですし。

 

セミナーができると動画や音声を撮ったりもできますから、コンテンツの幅も広がります

喋るのうまくなると情報発信もうまくなります

僕もこの前、動画撮ってみましたが、なかなか難かしかったですね。間がもたないんですよ(苦笑)

一時停止ボタンが大活躍しました。動画取るのはいい練習になるのでオススメです

話すスキルは情報発信する上で必須だと僕は思ってるので、今は録音機器が数千円で買えますからぜひやってみるといいですよ。

 

ちなみに僕が撮った動画は→こちらから請求できます。内容は「良いブログとはなにか?」という内容で話しています。

関連記事

  1. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【プレイヤー編】

    前回の記事で「美容室開業にあたって最も重要な3つの要素」という話をしま…

  2. 次世代のビジネス

    ディアーズ北原さんの例から学ぶ、これからのビジネスに求められる「場の提供」とは?

    ここ3年くらいで美容業界もずいぶんと変わりました以前はどこかの美容…

  3. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【マクドナルド編】

    今日から前回の記事の続きで、システム化の実例を3つほどあげていきま…

  4. メディア作成

    「文章が書けない!」スランプを脱出するためのヒントと対策

    このブログは4月から記事を入れだしたので、開始してはや4ヶ月毎朝2…

  5. 次世代のビジネス

    知らないと失敗する!美容室開業の前に絶対に押さえておきたい3つの要素と「ファミコン理論」

    今日は今までと違った話を書いていこうと思います「開業する時に絶対に…

  6. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】

    今回の記事は「システム化実例 美容室編」ですシステム化についてはこ…

コメント

    • マルリン
    • 2019年 9月 24日

    こんにちは!ランキングから来ました。
    セミナーって、開催するまで、費用かかるし、講師の準備もありますね。
    なるほどです。
    セミナーについて、いろいろな観点でみられていて、すごく参考になりました。

  1. こんにちは。
    ランキングから来ました。
    セミナー体験者の話を聞けて、面白かったです。
    セミナーを何度か受けたことがありますが、
    うまい人は本当に引き込まれるように話をされていました。
    そういう人は稼ぐんだろうなと。向いている人にはいいビジネスなんでしょうね。

  2. 斎藤さんこんにちは!
    ランキングから拝見させていただきました。
    美容師経営されていてさらにセミナー講師もされたって
    凄いな!っと思いました。行動派なんですね。
    僕は慎重すぎてなかなか行動できずにいました。
    ここ1年程前から起業家セミナー等参加するようになり
    良い刺激を受けてアフィリエイトを最近から始めたばかりです。
    セミナーを受ける側の観点からしか見れてませんでしたが
    講師側からの観点が知れてよかったです。
    ありがとうございます!

  3. こんにちは。
    セミナーのメリットデメリットがわかり参考になりました。
    ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

 

 

 

おすすめ記事

  1. 念能力系統図
  1. メディア作成

    毎月10万円のアフィリエイト報酬を得るまでの戦略まとめ
  2. メディア作成

    まとめ記事でブログを情報発信の基地にしろ!ブログのPVがアップするまとめ記事の作…
  3. メディア作成

    「専門性の組み合わせ」で読まれるブログを書くためのライティング術
  4. メディア作成

    情報発信で飯を食うための全知識【方法論とブログのやり方全部盛り】
  5. 次世代の思考&哲学

    なんにでも使える最速で成功する方法まとめ
PAGE TOP