美容室開業の手順&経営

俺の美容室のリアルな経費を公開

こんにちわ、戸愚呂あにぃです。
今日は僕の美容室のリアルな経費を公開しようと思います。

 

経費の計算というのは利益を予想する時には当然いるものです

しかし、経費がどれくらいかかるか?というのは、
案外予想しにくいですよね。

ですがビジネスモデルや店の大きさ、売上規模によって変わりますが、
1つ例を知っておけば、ある程度は予想できるようになります。

 

このブログを読んでいる人は「個人ビジネス」をやろうとしている人が多いと思うので(てゆうかこれからの時代は大きくやるものでもないです)結構参考になるんじゃないかなあと思います。

 

ビジネスの経費なんてどんな業種でも大きくは変わりませんし、
今回公開する数字は経費として申告できるので、
税金面でのちょっとした知識にもなります。

僕の店は美容室なので、美容室をやろうとしている人はもちろん、
店舗系のビジネスを考えている人には特に参考になると思います。

うちの店の規模感

まず前提として僕の美容室の規模についてです
規模で経費も変わってきますので。

・坪数10坪(マンションでいうと15帖くらい)
・席数3、シャンプー台1、スタッフ1人(僕)
・売上100~110万円
・月の総客数100~130人

という感じ。

美容室としては僕1人で営業してるので小規模です

これが毎月かかる経費だ!

わかりやすいように毎月かかってくる経費を「固定費」
固定費でも変動するものを「変動固定費」
たまにかかる経費を「その他」とします。

 

固定費

 

家賃 100000円
ネット代 2027
ツール代 13824
広告費 エキテン5400 ホットペッパー39550
借金 87000

毎月固定でかかってくるものがこんな感じです。

 

・家賃
坪単価1万円が相場と言われています
うちは10坪なのでまあ普通ということですね

駅から3分、1階なのでまあ安いほうかもしれません。

経費として一番大きくなりやすいものですが、
あんまりケチるとテナント条件が悪くなるので、
ある程度割り切りがいる経費です

 

・ネット代
もはやインフラですね、ネットがないと話になりません
ネットといえば光回線かADSLですが、うちはADSLです。

マンションが光回線入ってないのと、店でそんな大きなデータのやりとりしないので
まあいいかなと。ホントは光のほうがいいのですが。

光回線だとだいたい4000~6000円くらいで契約できます
電話もひかり電話にすれば電話込でそれくらいの料金です

あと回線が安定してますね。

 

・ツール代
これはネット予約のシステム代です
うちが使ってるのは「カミングスーン」というシステム。

 

予約はスムーズにいつでもしておかないと来店率が下がります
人間ってホントにズボラなので。

 

・広告費
うちは有料の広告はエキテンとホットペッパーをやってます

エキテンは5400円で安い割にはまだ来る方なので、
別にいりませんが継続しています。解約もめんどくさいので(苦笑)

 

ホットペッパーは確か下から2番目のプランだったと思います
高いプランにしてもたいして集客力かわりません。

うちの地域だと一番高いプランは25万円だったと思いますが、
アホなのかと思います。

こんなもん払ってられません
広告費で経費圧迫するのが潰れる道への第一歩です

いかに自社メディアで人を呼べるかが重要です。

 

・借金
僕は国金から借りてます

開業当初は400万円かりて月の返済額5万円だったのですが、
2年目のときに追加で400万くらい借りてみました。

別に借りる必要なかったのですが「3期分の税金の申告がないと借りれない」と言われているのがホントなのか確認したくて、試しに申請したら通ってしまいました(笑)

なので返済額が37000円追加されて合計87000円払っています。

 

返済額は利益の10%であれば経費バランスとしては問題ないと感じます
でもできれば5%くらいにしたほうがやっぱ楽ですね。

僕は追加で借りたぶん、結局使わずそのまま返済金にあててるので別にどうってことないですが利益の10%だとちょっと多いなーと感じます。

 

変動固定費

仕入れ30000~100000 平均60000円
水道 3000~4156
電気 8000~12000
ガス 2000~4000
通信費 電話2000~2800
雑誌・飲み物 5000くらい

毎月変動する経費はこんな感じですね。

 

・仕入れ
カラー剤とかの薬品ですね

結構金額が変動しますが、平均すると6万円くらいです
シャンプーとかの店販商品が売れると高くなりますね

できれば利益の5~7%くらいにおさえたいところです。

最近はネットで仕入れたりもできますね
そのほうが業者から仕入れるより安いです。

 

・光熱費、通信費
美容室の場合でも意外とかかりません
水道やガスなんて思ってたよりも安かったです

店舗が大きくなってもそれほどふえないです
電気は冷暖房かける季節は少し上がりますが、それでも家庭クラスです。

 

・雑誌・飲み物代
お客さんにだすサービス費ですね。

最近はスマホもあるし、飲み物も別に出さなくてもまあ良いかなと思います
飲みたいのあれば自分で買ってくるだろうし(笑)

コップとか洗ったりするの結構めんどくさい。

 

雑誌は最近だと電子版とかありますが、うちの店は使ってません

理由は操作がわからない人がいるし、あれ結構読みにくいんですよねー
あと落としたりして壊れたりするかもしれません

お客さんが落として壊したら気を使わせますし。

 

その他の経費

交通費
保険料
雑費
セミナー代
税理士
修繕費
税金 事業所税 消費税 償却資産税

これは毎月かかるものでなく、その都度かかるものですね
月によっては結構な金額になることもあります。

 

・交通費
これはセミナーに参加したときにかかるものです

近場であれば大した金額になりませんが、東京にいくとかになると
2,3万はかかってきますよね

頻繁にセミナーに行く人は経費として気をつけておいてください。

 

・保険料
火災保険とか店にかける保険です。

うちは火災、盗難、浸水、客ともめた時に使える保険に入っています
美容室専用のプランとか調べたら出てきますので入っておいたほうがいいです。

火災とか盗難とかは別にいらないと思いますが、客ともめた時の保険は万が一のために入っておいたほうが安心ですね。

年間で2万円くらいだったと思います。

 

・雑費
文房具とか掃除用品代などですね
まあ大した金額にはなりませんが。

 

・セミナー代
これも行かなければかかりませんが、やはり学びは重要です。

美容関係のセミナーは数千円~1万円、コースのもので10万円くらいですが
僕が最近行くセミナーは3~100万円くらいですね

なので経費としては結構大きくなってきます。

 

僕は毎年「木坂健宣さん」という方の年間セミナーを受けるので、
それで20~50万円くらいはかかってます

あとは登録しているメルマガでおもしろそうなセミナーが来たら参加したりもします
だいたい3~5万円位のものですね。

2016年は加藤翔太さんと木坂さんのセミナーを両方受けたので、
170万くらいセミナー代で飛んでいきました(苦笑)

 

稼がないと学ぶことすらできないので、稼ぐ人と稼げない人の差は
いつまでたっても埋まりません。資本主義は残酷なもんです

稼いだら溜め込まず、しっかり知識に投資しましょう
投資したら回収もしましょう。

 

・税理士
僕は自分で帳簿をつけてるので、毎月税理士さんへの支払いがあるわけではありません。

確定申告の時に確認してもらって、変わりにまとめて提出してもらっています
これで3~6万円くらいですね。

 

法人化していないのであれば、毎月税理士さんに入ってもらう必要はないと思います。

売上規模が大きくなると税金がクソ高くなるので、法人化して節税したほうがいいですが
そこまで売上規模がない場合は、個人事業主のままで十分だと思います。

年収2000万近くなるまでは個人でいいんじゃないですかね?
10坪くらいの美容室だと間違いなく税理士なんて毎月いりませんよ

 

・修繕費
これは店舗の修理ですね
エアコンが壊れた、扉が開かないとかそんなんです

そんなしょっちゅうあるもんでもありませんが、
出ていく金額は大きくなりやすいので注意ですね。

 

僕の場合でいうと開業して3年目のときにエアコンを交換しました。

居抜き物件でエアコンをそのまま使ってたんですが、
10年使ってるらしいのでそろそろ買えとくかーと思ったのです

そこでエアコンの手配をしたんですが金額がめちゃくちゃバラバラなんですよ。

 

同じ機種なのに30~100万の幅で金額変わるんですよ(笑)
アホなのかと。

ネットで探したら35万でつけれたのでそこに頼みましたが、
飛び込み営業のエアコン業者には107万とか言われました。

 

「35万でつけれるっていわれたんだけど・・・」というと「・・・ありえないですね。聞いたことないです」とかいってたけど、同業者がネットでどう売ってるか知らないとかマジかという話です。

とぼけてるならたしたもんですが(苦笑)

 

こーいうことあるので「しらない、わからない」といって、
思考を放棄するのはやめましょう

アホは損しますのでアホにならないよう、
思考するクセをつけておくべきです。

 

・税金
これは事業所税、消費税、償却資産税などです
店にかかる税金ですね。

 

事業所税というのは事業をやってるだけでかかってくる、
ヤクザのイチャモンのような税金です(苦笑)

金額いくらだったかな?

口座から自動で落ちてるので覚えてませんが、10万くらいだったと思います
思い出すだけで胸糞悪くなるので金額覚えてません。

 

消費税は年商にかかってくる税金です。

今は消費税8%なのでその半分の4%がかかってきます
1千万の売上があると40万くらい取られます。多分

ちなみに年商1千万ってすぐいきます

いかなかったらそのビジネスやってても儲からないので、
趣味でないなら辞めたほうがいいですね。

 

償却資産というのは僕もよくわかっていないのですが、
店舗にある10万円以上のものにかかる税金です

壁、床、エアコン、シャンプー台などが代表的ですね。

なんでそんなもんに税金かけられなあかんねんって感じ

経費バランスは慎重に

以上、かかってくる経費でした
参考にしてくださいね。

失敗するビジネスって経費バランスがおかしいことが多いです
繁華街で家賃70万、従業員3人とかでやってるとことかありますからね(苦笑)

それで売上出るならいいんですが、飲食店でこんな場合とかもう終わってるわけで
普通にやってたら無理ですよ、こんなん。

 

美容室は無駄にデカイところが多いですね
あと集客できてないのにスタッフが多いとか。

最初から無謀な経費バランスでやると、
うまくいかないのは当然です。

うまくいかないビジネスって事前の仕込みや
リサーチが甘いことがほとんどです。

 

あくまで僕の店の実際の数字ですが、
参考にしてください。


ブログランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリック!

 にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

ピックアップ記事

  1. 【開幕】美容師引退&店を畳むまでの物語【美容師引退記】
  2. 起業に失敗する前に知っておきたかった!成功するための全知識が学べる次世代起業家セ…

関連記事

  1. 次世代のビジネス

    最短最速で成功するシステム経営の具体例を解説!

    前回までの記事で、自動化と売上の最大化ができる「システム化」を説明…

  2. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【プレイヤー編】

    こんにちわ、戸愚呂兄ぃです。前回の記事で「美容室開業にあたって最も…

  3. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】

    こんにちわ戸愚呂あにぃです今回の記事は「システム化実例 美容室編」…

  4. 美容室開業の手順&経営

    美容室開業手順がわからない人必見!おおまかな流れをリアルな事例で詳しく解説

    こんにちわ、戸愚呂あにぃです。「美容室経営を成功させるファミコン理…

  5. 美容室開業の手順&経営

    1人営業美容室のメリットとデメリットまとめ

    こんにちわ戸愚呂あにぃです。僕は1人で美容室を経営しているのですが…

  6. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」になる「時給型ビジネス」から脱出するたった1つの方法

    こんにちわ、戸愚呂あにぃです。今日は僕が美容室経営をやめる事を決意…

コメント

  1. こんにちは。

    ランキングサイトよりきましたマチャです。

    美容室の経費ってこんな感じなんですね!

    勉強になります!

      • 戸愚呂あにぃ
      • 2018年 7月 07日

      美容にかぎらず店舗構えると経費の数字がかわるだけであとはにたような感じですよー
      ネットビジネスで稼ぐ場合でもさしてかわりません

      店舗=自宅になるだけなので。

  2. こんにちは、経費のことが詳しく書かれていて
    とても勉強になります。
    また拝見させていただきます。

      • 戸愚呂あにぃ
      • 2018年 7月 08日

      どうもです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング参加中!

 にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

 

このブログが面白いと思ったらクリックして拡散してくれると嬉しいです。

 

おすすめ記事

Twitter

  1. その他

    【序章:3】労働したら貧乏になる
  2. メディア作成

    機械オンチでもWordPressでブログを作る方法まとめ
  3. メディア作成

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【ブログアフィリエイト編】
  4. 次世代のビジネス

    最短最速で成功するシステム経営の具体例を解説!
  5. メディア作成

    機械オンチでもできるWordPressテーマ「MAG」の設定方法
PAGE TOP