美容室開業の手順&経営

俺の美容室のリアルな経費を公開

こんにちは、美容室経営&美容師引退を目指してる齋藤(@flickerei_xyz)です

開業して1年で年収4倍になりましたが、美容師がおもんないので引退するために情報発信やってます

僕のプロフィール美容師引退の理由はこちらから。

 

今日は僕の美容室のリアルな経費を公開しようと思います

経費の計算というのは利益を予想する時には当然いるものです

しかし、経費がどれくらいかかるか?というのは、案外予想しにくいですよね

ですがビジネスモデルや店の大きさ、売上規模によって変わりますが、1つ例を知っておけばある程度は予想できるようになります。

 

このブログを読んでいる人は「個人ビジネス」をやろうとしている人が多いと思うので(てゆうかこれからの時代は大きくやるものでもないです)結構参考になるんじゃないかなあと思います

ビジネスの経費なんてどんな業種でも大きくは変わりませんし、今回公開する数字は経費として申告できるので、税金面でのちょっとした知識にもなります

僕の店は美容室なので、美容室をやろうとしている人はもちろん、店舗系のビジネスを考えている人には特に参考になると思います。

うちの店の規模感

まず前提として僕の美容室の規模についてです。規模で経費も変わってきますからね

・坪数10坪(マンションでいうと15帖くらい)
・席数3、シャンプー台1、スタッフ1人(僕)
・売上100~110万円
・月の総客数100~130人

という感じ。美容室としては僕1人で営業してるので小規模です

これが毎月かかる経費だ!

わかりやすいように毎月かかってくる経費を「固定費」

固定費でも変動するものを「変動固定費」

たまにかかる経費を「その他」とします

固定費

家賃 100000円
ネット代 2027
ツール代 13824
広告費 エキテン5400 ホットペッパー39550
借金 87000

毎月固定でかかってくるものがこんな感じです。

家賃

坪単価1万円が相場と言われています。うちは10坪なのでまあ普通ということですね

駅から3分、1階なのでまあ安いほうかもしれません

経費として一番大きくなりやすいものですが、あんまりケチるとテナント条件が悪くなるので、ある程度割り切りがいる経費です

ネット代

もはやインフラですね、ネットがないと話になりません

ネットといえば光回線かADSLですが、うちはADSLです

マンションが光回線入ってないのと、店でそんな大きなデータのやりとりしないのでまあいいかなと

ホントは光のほうがいいのですがめんどくさくて変えてません(笑)

 

光回線だとだいたい4000~6000円くらいで契約できます

電話もひかり電話にすれば電話込でそれくらいの料金になります

あと回線が安定してますね

ツール代

これはネット予約のシステム代です。うちが使ってるのは「カミングスーン」というシステム

予約はスムーズにいつでもしておかないと来店率が下がります

人間ってホントにズボラなので。

広告費

うちは有料の広告はエキテンとホットペッパーをやってます

エキテンは5400円で安い割にはまだ来る方なので、別にいりませんが継続しています

解約もめんどくさいので(苦笑)

 

ホットペッパーは確か下から2番目のプランだったと思います

高いプランにしてもたいして集客力かわりません。うちの地域だと一番高いプランは25万円だったと思いますが、アホなのかと(笑)

こんなもん払ってられません。広告費で経費圧迫するのが潰れる道への第一歩です

いかに自社メディアや安い広告費で人を呼べるかが重要です

借金

僕は国金から借りてます

開業当初は400万円かりて月の返済額5万円だったのですが、2年目のときに追加で400万くらい借りてみました。

別に借りる必要なかったのですが「3期分の税金の申告がないと借りれない」と言われているのがホントなのか確認したくて、試しに申請したら通ってしまいました(笑)

なので返済額が37000円追加されて合計87000円払っています。(2019年に7,8割は返し終わります)

 

返済額は利益の10%であれば経費バランスとしては問題ないと感じます

でもできれば5%くらいにしたほうがやっぱ楽ですね

僕は追加で借りたぶん、結局使わずそのまま返済金にあててるので別にどうってことないですが、利益の10%だとちょっと多いなーと感じます

変動固定費

仕入れ30000~100000 平均60000円
水道 3000~4156
電気 8000~12000
ガス 2000~4000
通信費 電話2000~2800
雑誌・飲み物 5000くらい

毎月変動する経費はこんな感じです

仕入れ

カラー剤とかの薬品ですね。結構金額が変動しますが、平均すると6万円くらいです(2019年現在は平均4万くらいになりました)

シャンプーとかの店販商品が売れると高くなりますね

できれば利益の5~7%くらいまでにおさえたいところです

最近はネットで仕入れたりもできます。そのほうが業者から仕入れるより安いみたいです

光熱費、通信費

美容室の場合、意外とかかりません。水道やガスは思ってたよりも安かったです

店舗が大きくなってもそれほどふえないです

電気は冷暖房かける季節は少し上がりますが、それでも家庭クラスです

雑誌・飲み物代

お客さんにだすサービス費ですね。最近はスマホもあるし、飲み物も別に出さなくてもまあ良いかなと思います

飲みたいのあれば自分で買ってくるだろうし、コップとか洗ったりするの結構めんどくさい(笑)

 

雑誌は最近だと電子版とかありますが、うちの店は使ってません

理由は操作がわからない人がいるし、あれ結構読みにくいんですよねー

あと落としたりして壊れたりするかもしれません。お客さんが落として壊したら気を使わせますしね

その他の経費

交通費
保険料
雑費
セミナー代
税理士
修繕費
税金 事業所税 消費税 償却資産税

これは毎月かかるものでなく、その都度かかるものですね

月によっては結構な金額になることもあります

交通費

これはセミナーに参加した時にかかるものです

近場であれば大した金額になりませんが、東京にいくとかになると2,3万はかかってきますよね

頻繁にセミナーに行く人は経費として気をつけておいてください

保険料

火災保険とか店にかける保険です

うちは火災、盗難、浸水、クレームなどに使える保険に入っています

美容室専用のプランとか調べたら出てきますので入っておいたほうがいいでしょう

火災とか盗難とかは別にいらないと思いますが、客ともめた時の保険は万が一のために入っておいたほうが安心ですね

年間で2万円くらいだったと思います

雑費

文房具とか掃除用品代などですね、まあ大した金額にはなりませんが。

セミナー代

これも行かなければかかりませんが、やはり学びは重要です

美容関係のセミナーは数千円~1万円、コースのもので10万円くらいですが、僕が最近行くセミナーは3~100万円くらいですね

なので経費としては結構大きくなってきます。

 

僕は毎年「木坂健宣さん」という方の年間セミナーを受けるので、それで20~70万円くらいはかかってます

あとは登録しているメルマガでおもしろそうなセミナーが来たら参加したりもします

だいたい3~5万円位のものですね。

 

2016年は加藤翔太さんと木坂さんのセミナーを両方受けたので、170万くらいセミナー代で飛んでいきました(苦笑)

稼がないと学ぶことすらできないので、稼ぐ人と稼げない人の差はいつまでたっても埋まりません

資本主義は残酷なもんです

稼いだら溜め込まず、しっかり知識に投資しましょう

投資したら回収もしましょう

税理士

僕は自分で帳簿をつけてるので、毎月税理士さんへの支払いがあるわけではありません

確定申告の時に確認してもらって、変わりにまとめて提出してもらっています

これで3~6万円くらいですね。

 

法人化していないのであれば、毎月税理士さんに入ってもらう必要はないと思います

売上規模が大きくなると税金がクソ高くなるので、法人化して節税したほうがいいですがそこまで売上規模がない場合は、個人事業主のままで十分だと思います

年収2000万近くなるまでは個人でいいんじゃないですかね?

10坪くらいの美容室だと間違いなく、税理士なんて毎月いりませんよ

修繕費

これは店舗の修理ですね。エアコンが壊れた、扉が開かないとかそんなんです

そんなしょっちゅうあるもんでもありませんが、出ていく金額は大きくなりやすいので注意ですね

僕の場合でいうと開業して3年目のときにエアコンを交換しました

居抜き物件でエアコンをそのまま使ってたんですが、10年使ってるらしいのでそろそろ買えとくかーと。

 

そこでエアコンの手配をしたんですが金額がめちゃくちゃバラバラなんですよ

同じ機種なのに30~100万の幅で金額変わります(笑)

アホなのかと。

ネットで探したら35万でつけれたのでそこに頼みましたが、飛び込み営業のエアコン業者には107万とか言われました

アホなのかと。

 

「35万でつけれるっていわれたんだけど・・・」というと「・・・ありえないですね。聞いたことないです」とかいってたけど、同業者がネットでどう売ってるか知らないとかアホなのか。という話です

とぼけてるならたしたもんですが(苦笑)

 

こーいうことあるので「しらない、わからない」といって、思考を放棄するのはやめましょう

アホは損しますのでアホにならぬよう、思考するクセをつけておくべきです

税金

これは事業所税、消費税、償却資産税などです。店にかかる税金ですね

事業所税というのは事業をやってるだけでかかってくる、ヤクザのイチャモンのような税金です(苦笑)

金額いくらだったかな?

口座から自動で落ちてるので覚えてませんが、10万くらいだったと思います

思い出すだけで胸糞悪くなるので金額覚えてません。

 

消費税は年商にかかってくる税金です

2018年現在は消費税8%なのでその半分の4%がかかってきます

1千万の売上があると40万くらい取られます。多分

ちなみに年商1千万ってすぐいきます

いかなかったらそのビジネスやってても儲からないので、趣味でないなら辞めたほうがいいですね。

 

償却資産というのは僕もよくわかっていないのですが、店舗にある10万円以上のものにかかる税金です

壁、床、エアコン、シャンプー台などが代表的ですね

なんでそんなもんに税金かけられなあかんねんって感じ

経費バランスは慎重に

以上、かかってくる経費でした。参考にしてくださいね

失敗するビジネスって経費バランスがおかしいことが多いです

繁華街で家賃70万、従業員3人とかでやってるとことかありますからね(苦笑)

それで売上出るならいいんですが、飲食店でこんな場合とかもう終わってるわけで普通にやってたら無理ですよ、こんなん。

 

美容室は無駄にデカイところが多いですね、あと集客できてないのにスタッフが多いとか。

最初から無謀な経費バランスでやると、うまくいかないのは当然です

うまくいかないビジネスって事前の仕込みやリサーチが甘いことがほとんどです

あくまで僕の店の実際の数字ですが、参考にしてください

ホントに独立していいの?

ここまでで美容室の経費ついて書きましたが、独立する前に「ホントに独立するべきか?」をよく考えてください

独立する能力がそもそもない人が多すぎるし、それに独立する旨味なんてないです

たいして儲かりませんよまじで。ちょっとやるくらいじゃ、経営なんてやっていけません

それなりの知力、知識、行動力が要求されます。

 

最近は1人美容室で開業する人を結構みますが、だいたい半年で潰れる寸前になってます(苦笑)

ちゃんと用意して経費バランス考えて、戦略考えてやっていけば1人美容室なんて潰れようがないのですが、なんでそうなるのか?

用意してないし経費バランス無茶苦茶だし戦略も考えてないし、その上それらを考える土台となる知識がないからです。

 

潰れそうになってる段階で土台となる知識を学んでも、もう遅すぎるのです

そもそも何を学んでいいかもわからないでしょう(わかってたらとうに学んでるだろうし)

潰れる美容室は最初から潰れるのがわかります

僕も開業前の相談とか受けますが、その時点で「あーこの人は無理だろうな」ってだいたいわかります

そーいう人の特徴ってわかりやすくて、まずはパッションがありません

「なんとなく」独立したいのです。

 

独立というのはなんとなくで成功するほど甘いものではありません

なんとなくで作った店なんて特徴ないのですよ

そんな店、お客さんに選ばれるはずがないじゃないですか。

 

独立するからには業界になにか物申したい。そんな思いがなければいけません

自分が理想とする世界を作っていく意識が必須です(ここで自分よがりになるとそれはそれで終わる 笑)

 

パッションがない人っていうのは「やとわれ根性」なのです

自主性がなければ独立なんてやっていけません

当たり前ですが、全部自分で先導切ってやらないといけませんからね

「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」の繰り返しです

有名なPDCAサイクルってやつです。

 

これ回すためには知識や知力、行動力が当然いるわけで、やとわれ根性の人がこんなん回すのは無理です

ただの美容師ではもう太刀打ちできない時代なのですよ

美容師としても経営者としても、なにか光るものがないとやっていけません

PDCA回しながら美容師やってればただの美容師ではなくなりますが、やってなければただの美容師です。

サラリーマンが向いてるかどうかの差は、雇われてるときの自主性でわかります。

 

こーいうのは積み重ねですからね、気づいたときにはもう大体手遅れなのです

ここで僕が言うことにめげずに必死こいて学ぶ人でなければ、開業なんてやめておいたほうがいいです

美容室開業のための最低限の条件

開業するための最低限の条件として

・情熱
・準備
・自身の幸福を追求する気持ち

が必要だと僕は思っていますが、これがなければホントに思いとどまってほしい。

 

特に「美容室で独立することが自分の幸福につながるか?」をよく考えてほしいですね

情熱と準備は持ってる人多いんですが、最後の「自身の幸福を追求する気持ち」がない人が多い

僕もそうだったんですが、これがないと結局「美容室ってつまんねえなあ・・・」となります(苦笑)

3つの条件がない人の起業例

・情熱
・準備
・自身の幸福を追求する気持ち

この条件がないケースでの独立ってホントにどうしようもありません。

 

僕も過去、経営相談されたことがありますが、このケースはどーしようもない

もう経営改善のアドバイスすらしません。だって絶対潰れるもん(苦笑)

正直に「今すぐ畳んだほうがいいんじゃないですかね?」とだけ伝えます。

 

どんな状況だったかというと、

・開業半年で売上30万あがらない→相談するの遅すぎ

 

・家賃がもったいない&工事中にここ住めそうですよね。と言われて店に住む→メリハリなくてダラダラしちゃうじゃん、じっさいしてるジャン

てゆうかここ住めそうですよねって言われて実際に住むって経営者としてどうなのそれ

 

・風呂がないので70万かけてシャワー室つくる(爆)→広告費に70万かければかなり客集めれるジャン

 

・客いないのに広告費全くかけてない→もうワケガワカラナイヨ

 

・HPはあるがブラッシュアップした形跡なし。ブログは更新せず→開業前に俺のセミナー来た時、ネットで発信することは必須です言うたやん

やり方も言うたやん。全然それやってへんやん

 

・開業したところは繁華街の隣の駅→ちょっと集客むずなるやん。ホットペッパーするなら広告費アホみたいな値段なるやん(同じプランで4,5倍の料金になる)

 

・生活費がないから派遣美容師行って稼いでる→いつ予約の電話とるねん。客集めるのはいつするねん。派遣行ったら店の客でけへんやん。借金と個人事業税とかの税金増えただけやん

 

これ、完全に経営する気ないんですよ。こーいうことになるんですよ、情熱と準備と自身の幸せを考えないと。

そーいう人のために「雇用される」という選択肢があるわけです

雇用されてるほうが絶対幸せだからこのタイプの人は。向いてると思うし。

ただ、日本が果てしなくブラック労働なのが問題なだけで(笑)

開業を考えてるあなたに読んでほしい記事たち

僕自身、美容室で独立して売上は上がりましたが、美容室経営嫌いだなーと気づき後悔しました

独立して後悔する人、自身の幸せを考えていない人に向けて、このブログを書いてる面もありますので、ぜひとも開業前にすべての記事を読んでもらいたい。

 

「個人起業」についてかなり学べる内容になってると思います(まだ記事数そんなないけど)

しかしながら全部の記事を読むのはめんどくさい、そんな意見もあるかと思うので(その時点で成功しないけど心代わりを期待しつつ)

最低限読んで欲しい記事をリストアップしておきます。

 

まず僕の失敗例を読んでください

1年で年収800万の美容室を作りましたが、美容師が好きじゃないのに美容室経営なんかするとこうなるという1つの例です

僕は独立にあたり、準備と情熱はありましたが「自分の幸せ」という観点は全く頭にありませんでした

美容師になったから独立する。という思考回路しかなかったのです

それが幸せに繋がると自動的に思い込んでたのです。

 

ビジネスをやっていくにあたっての基礎知識です

次世代起業家セミナーを学べばどんな分野でも起業し、最短最速で結果を出すことができます(やる気と行動しだいで)

今なら無料で受講できます

詳しくは記事内で書いてますが、もはや今の時代起業しなくても知っておくべき教養です。

 

全部で約3時間というボリュームの超高利益率のサロンを作るためのセミナーです

次世代起業家セミナーはビジネス全般で使える知識ですが、こちらはより具体的なケーススタディです

しかも偶然にも美容室経営がテーマ。

 

「パートでも給料400万、18:30には帰宅、客単価1万5000円、次回予約率90%、オーナーは現場に出なくてもよくなる経営方法」が語られています

こちらも無料で視聴できますので、必ずチェックしておきましょう

このセミナーさえ理解できれば、他の美容室経営セミナーは必要ありません。

 

美容室の開業マニュアルです。開業の手順をまとめました

実際に僕が開業したときの動きです。

 

開業してからの失敗で必ず起きる問題が「仕事の奴隷」状態です

美容室は仕事の奴隷になりやすいビジネスモデルなので、開業する前からビジネスプランをねっておかなければ取り返しがつかないことになりかねません

「仕事の奴隷状態」は僕が美容室経営が嫌な最大の理由でもあります

この記事は「仕事の奴隷」のメカニズムを学べる記事なので必読です。

 

この記事は開業前の準備の話です

準備というとみんなお金とか開業計画とかそういったものの事を言いますが、それだけでは足りません

ゲームで言うとハードとソフトのことばかり考えてしまっています

いちばん重要なのはプレイヤーです。

プレイヤー=あなたのこと=あなたの幸せです

この記事ですべてを書いているわけではありませんが、開業する前であれば十分な内容だと思います。

 

美容師は開業をゴールとする人が多いです(僕もそうでした)

独立や開業はあなたにとっての正しいゴールではないかもしれません

ゴールを決めるのは良いことですが、一度立ち止まることも時には必要です。

 

美容師という職業に疑問を持つ人は多く見てきました。僕もその中のひとりです

しかし疑問を持つのは悪いことではありません。

 

日本ではそーいうやつは「あいつは根性がない」「美容師は素晴らしい職業なのにあいつは何を言ってるんだ。だからお前は売上があげれないんだ」などと言われがちですが、向いてないもんは向いてないし、嫌いなもんは嫌いでいいんです

だって我慢してやったってロクなことないですよ、だめなら違うことすりゃいいんだから。

 

それができる実力を身につけておけば、なんの問題もありません

こーいう考えもあって、僕は「いつでも何かを始めれる状態」を目指すべきだと思ってるわけですね

その原点とも言える内容です。

 

ピックアップしたらなんだかんだ多くなってしまいましたが(苦笑)

まあ開業する意志があるならこれくらいの努力はしましょう

関連記事

  1. 美容室開業の手順&経営

    1人営業美容室のメリットとデメリットまとめ

    僕は1人で美容室を経営しているのですが(業界的にはマンツーマンサロンと…

  2. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【プレイヤー編】

    前回の記事で「美容室開業にあたって最も重要な3つの要素」という話をしま…

  3. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」になる「時給型ビジネス」から脱出するたった1つの方法

    今日は僕が美容室経営をやめる事を決意したキッカケとなった「ビジネスにお…

  4. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】

    今回の記事は「システム化実例 美容室編」ですシステム化についてはこ…

コメント

  1. こんにちは。

    ランキングサイトよりきましたマチャです。

    美容室の経費ってこんな感じなんですね!

    勉強になります!

      • 戸愚呂あにぃ
      • 2018年 7月 07日

      美容にかぎらず店舗構えると経費の数字がかわるだけであとはにたような感じですよー
      ネットビジネスで稼ぐ場合でもさしてかわりません

      店舗=自宅になるだけなので。

  2. こんにちは、経費のことが詳しく書かれていて
    とても勉強になります。
    また拝見させていただきます。

      • 戸愚呂あにぃ
      • 2018年 7月 08日

      どうもです!

    • ダイ
    • 2019年 1月 18日

    はじめまして、自分も都内で美容師歴15年→地元に帰って来ましたが田舎なので美容室もあまりなくなんとなく独立を考えましたが1人美容室するリスクや借金もしたくないので思い切って転職しようと思います。 みんなには辞めるのもったいないと言われますが独立してやっていく自信もないしメンタルもあまり強くないです。 独立するとプライベートな時間もなくなると思うので、中途半端に独立するより転職して安定を選ぶのもいいかなと最近思ってます。

      • ヒダリー
      • 2019年 1月 18日

      そう思うのであれば美容師続けるべきではないと思いますし、やめていいんじゃないですかね

      素直に自分の幸せを追求するのが一番だと思います

      僕は起業しようぜ!っていうメッセージをこのブログで出してますが、それが幸せにつながらないなら起業なんかする必要ないですしね。

      外野の声に惑わされず、自分にオベイ(服従)してください

      応援してます。

    • ぴーなつ
    • 2019年 2月 04日

    はじめまして!すごく勉強になりました…現実的に考えると色々厳しいですよね。最近独立も夢に考えていましたが記事を読んでまだ勉強が足りないなと痛感しました。
    今子供が2人いて扶養内の勤務体系でやっているので美容師13年目にして最低時給です。個人店で引き抜かれ続けてきましたが、オーナーと2人でやってきていて会話もなく社会保険もないし通勤1時間以上なのでこのままつづけていくか考え物です。独立したら夢は沢山あって理想もあります。
    それを現実にするために今後勉強が必要だし、今すごく自分の美容室が欲しいですが、この気持ちは一時的なものなのか、どこまで自分が本気なのかわからないのも正直あります。悩みはつきません…

      • ヒダリー
      • 2019年 2月 04日

      僕の経験からするとその思いは一時的なものですね

      あと今はもう独立する時代ではないですよ。独立する場合は「独立して何かを成し遂げたい場合」のみです

      それ以外の場合、独立するのはデメリットしかないです。税金でかなり持っていかれるし、美容師の仕事よりも経営の仕事が増えますからね。

      独立したい人、目的があって独立したい場合はもうすでに行動してるんですよね

      あとなにか光るものがあります。そして都会に出ています。

      そうでない場合は基本的に「業界の空気や金銭面」が動機です。これはうまくいかないしメリットないです

      これからの時代、美容師は2つの道しかないです

      「大衆化」するか「輝ける個になり、輝ける集団とチームを組むか」です。

      いい悪いではありません、自分がどちらに行きたいかの問題です。そして多くの美容師は前者向きです

      独立する場合は後者の人材でなければ話になりません。

    • Yama
    • 2019年 2月 26日

    拝見させて頂きました。

    美容師経験0ですが美容室の経営を計画しているものです。 
    他の記事にはない率直かつ筋の通った記事に惹かれました。

    私の考える「美容師のための美容室/美容師がお客様」というコンセプトの経営方針をお話しさせて頂ければ幸いです。
    Emailを添付させて頂きましたので、お時間があればよろしくお願いします。

      • ヒダリー
      • 2019年 2月 26日

      どうも、はじめまして!

      まずは⇒こちらから問い合わせていただけますか?

      内容にそって記事で回答したりなどのアクションをとりますので!

      あと僕個人の考えを言うと「美容師を客とした美容室」というのはあまり意義を感じません

      今までの美容室と同じで対象が一般人からスタッフ(美容師)になっただけですからね

      起こる問題も対象が変わるだけで同じことがおきます。

      客というのはこちらと向かい合った存在です。そうではなく、これからは同じ方向を向く事が重要です

      理想世界に向かうとは同じ方向を向くことですから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

 

 

 

おすすめ記事

  1. 念能力系統図
  1. 美容師引退までの物語

    ブログ作成9ヶ月後のアクセスアップ戦略
  2. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】
  3. ブログオワコン

    メディア作成

    まだ「ブログはオワコン」とか言ってんの?【ヒント:人生=コンテンツ】
  4. 念能力系統図

    メディア作成

    念能力の系統図からわかる!面白い文章やブログの秘密
  5. 次世代のビジネス

    ネットビジネスを成功させるためのアフィリエイト全知識
PAGE TOP