1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

美容師・美容室経営

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

今日は「1人美容室の売上や年収ってどうなってんの?」という話をします

このブログは「美容室 1人 売上」や「美容室 開業 年収」などでよく検索されてますが、やはりお金の話はこれから独立する人は気になる部分ではないでしょうか

1人美容室(フリーランスも含む)はどれくらい売上が上げれるものなのか?

独立するならどれくらい手元に残らないといけないか?

年収はどれくらいあるとよいのか?

などなどの独立とお金にまつわる話をしていきます。

売上は「美容室の構造」で決定される

まず本題である「1人美容室の売上」の話の前にビジネス的な知識の話です。前提としてこれを理解していないとちょっとまずいんで。

美容師向けのセミナーやってた時に思ったことですが「売上は読めないものであり、美容師ががんばって積み上げて大きくするもの」という感覚の人が非常に多い

しかし、そうではなく「売上は完全に読めるし狙うもの」なんですよ

この感覚がないと、ズレていくので忘れないように。

 

売上がどれくらい上がるのかはメニュー、スタッフ数、客数の3つの数字で自動的に決まります

メニューの金額で客単価は決まりますし、スタッフ数は設備上の都合で決まるし、スタッフ数が決まれば1日にさばける客数も決まります

これらはすべて美容室の開店時に決めるもので、あとから変えるのはめんどくさいし難しい部分でもありますね。

 

ビジネス知識がない美容師は用意された環境でがむしゃらにやって数字をだそうとしますが、それではどれくらいの数字が作れるかは結果論にしかなりません

しかし実際は売上というのは客単価と1日に接客数で決まっていて、美容師ががんばれば売上が上がるのではないんです(苦笑)

正しい売上の出し方とは非常にシンプルでして、

・欲しい年収や利益を算出して逆算し、目標売上を設定する
・その目標売り上げが出る集客、施術、退店、リピートの流れを設計する

本質的にはこれだけです

「目標金額を達成できるように客を店に入れる」という発想でよいわけですよ。

 

よくあるのが、

目標金額は根拠のないどんぶり勘定で(しかもだいたいムリな額)

色々提案して客単価を上げて(失客率あがるし時間単価は悪くなるのに)

抽象的で曖昧な「ほすぴたりてぃ」という言葉でごまかして、なんとかリピートとしてもらうというダサいゴマすり接客

このようなことをしている人がなんと多いことか。

これではゴールがない状態で全力ダッシュしてるのと変わりません

僕はこんなことやりたくないです(苦笑)

 

この店ではマックスの売上はどれくらい上げれるのか?利益はどれくらい残るのか?自分がほしい年収は?その数字をどう作っていくのか?

売上にたいして、こういう発想があるのとないのとでは大きな差が出てきます

売上というのは戦略的に出していくものであり、体当たり的に出すもんじゃありません。美容師は体当りしすぎマジで。

「店をだしたぞ~いくら売り上がるかな?最低○○円はないと困っちゃうから毎日がんばっちゃうぞ☆」

こういう人ホントに多い。

毎月の売上は確定している状態にする=システム化

そもそも美容室に限らず、ビジネスというのは設計の段階でどれくらい売り上げがでるか決まります

美容室の場合は先程の話の通り、店を作った段階でマックスの売上値も確定します

あとはその売上値を毎月安定的に出るように集客、施術、退店、リピートの流れを設計すればいいんです

重要なのは「がんばらなくても楽勝でマックスの売上値が毎月安定して上がる」ようにしておくこと

でないと疲弊しますし、売上の上限値が低い美容室で売上がブレると生活にも影響出てきますからね

月収1000万なら多少下がっても別になんの支障もありませんが、個人の美容室なんて手元に残るお金はせいぜい80万くらいなんで、そこから20万程度下がるとメンタルにきます。

 

ビジネスは「がんばって売上を上げる」のではなく「毎月○○円の売上が確定している」という状態にしなければ話にならんのです

そこまでできていないとそのビジネスは「未熟で不安定なもの」なわけで、そんなビジネスはいずれ消えてなくなってしまうんですよ

「毎月○○円の売上が確定している」という状態はシステム化された状態といいます

ビジネスをやっていく上で非常に重要な考え方なのでぜひ学んでおきましょう

システム化についてはこちらの記事をどうぞ

1人美容室の売上と利益はどれくらい?

では本題である「1人美容室の売上と利益(年収)について」です

1人で営業している美容室は特殊なケースを除き、だいたい似たような数字になりますので、平均的な1人美容室の数字をご紹介します

ちなみに平均なので良い例ではありませんから、これから開業する人は平均より上を狙いましょう(まあそれでも1人の場合はたいして数字は上がらないが)

 

平均的な1人美容室の売上構成はこんな感じが多いです

・スタッフ1人(自分)
・客単価8000円
・総客数130人
・月売上100万
・月25日稼働
・労働時間10時間程度

売上から経費を引けばそれが利益になります(そこから税金が引かれます・・・)

経費についてはこちらに書いてあるので参考に。

 

経費は30~40万くらいになることが多いので35万とすると、利益は100-35=65万が月収。これを年収に換算すると65×12ヶ月=780万円

十分か少ないと思うかは人それぞれだと思いますが、個人的にはしょっぺえビジネスだなあと思います(苦笑)

予約パンパンの10時間労働を月25日してつつ集客や店の雑務などを何十年間もしないとダメというのは、美容師が超絶に好きならともかく個人的にはキツイですね

体調が万全でないとしんどいビジネスですし、災害やコロナみたいなことだってあります

こう考えると、うまくいってても針の上でバランスをとってるようなビジネスだなあと思っちゃいます

まあだから僕は美容師をやめようとしているわけですが。

 

話を戻してとにかく平均的な1人美容室はこんなもんということです

あくまで平均なのでビジネスモデルの作り込みでもう少し年収は伸ばすことはできますが、どこまでも伸ばせるわけはありませんので、1人美容室の場合(フリーランス含め)年収1000万前後であれば十分に成功しているといえるでしょう

成功すれば年収1000万くらい、失敗すれば年収は1000万から下がり、最悪の場合は撤退

という美容師の独立には3つの未来があるわけです。

独立の前に「自分がどれくらいのお金が欲しいのか?」を考えよう

1人美容室の年収は780万~1000万ほどになるわけですが、それでいいのか?というのは非常に重要な問題になります

人ぞれぞれ「ほしいお金の金額」っていうのは必ずあるもの

実は「自分がどれくらいのお金が欲しいのか?」って一度稼いでみないと見えてこないんですよ

美容師なんて雇われ時は基本的に年収240万くらいのワーキングプアですから(苦笑)、そんな有様から導かれる「自分がどれくらいのお金が欲しいのか?」なんてめちゃくちゃスケール小さいんです

この状態だと「月収40万あればすごくない?」とか実はショボすぎることを思っちゃったり、「とりあえず年収600万あれば高所得者に入るらしい」とか曖昧な基準で自分の目指す年収を決めてしまいがち

いや、大体の人は「年収を決める」という感覚すらないでしょう

自分のビジネスの売上が決まるということは「自分の年収も決まる」ということを忘れてはいけません

なので年収780万~1000万程度で満足できないのであれば、1人美容室というビジネスモデルはその人にとって失策なんです。

 

実は僕は思いっきりこの失敗をしちゃった人です

ワープア美容師やってる時はご多分に漏れず僕も年収240万円のワープア

親も金持ちではありませんでしたから親の年収知りませんけど、おそらく日本の平均年収である450万円ほどの生活感と自分の所得の生活感しか知らないわけです

当然そんな金銭感覚から出てくる希望年収なんて超ショボいんです

独立する前の僕は「月収50万くらいあれば超やばくねえ?」と思ってたアホで、単価8000円くらいで1日4,5人やれば月収50万くらいいくだろ的なことしか考えていませんでした

運良く年収1000万くらい稼げるようにはなりましたが、

・年収1000万って超ショボい
・税金がえげつない
・勉強にもお金がかかる
・個人的に美容師がおもんない

という事実に気づき、「あ、こりゃ美容師続けるのは無理だわ」と思って、情報発信で起業しなおしちゃおうというわけなんです

「自分の年収を決める」というのはとんでもなく重要なことなので、その年収からビジネスモデルを逆算して作っていく必要があるのを忘れないように。

どれくらいのお金を稼げばいいのか?

自分がどれくらいの年収が欲しいのか?はパーソナルなことなので正解というのはありませんが、個人的な見解をここでは1つ

「人間1人につき最低で月収50万円」

これが僕の見解です

独身であれば月収50万(年収600万)、夫婦であれば2人なので月収100万(年収1200万)、子供が1人いれば3人なので月収150万(年収1800万)

これくらいあれば普通よりは少し良い生活ができます

趣味やファッション、自己投資をどれくらいするか、教育にどれくらいお金をかけるか、などなど色んな要素がありますが、1人あたり50万円が基準値ですね

1人あたり月収50万って多すぎると思う人もいるかもですが、そういう人は一回それくらい稼げばわかります

たいしてお金残りませんから(苦笑)。贅沢以外にもお金っていりますからね。

 

お金の話は下記の記事でもしているので参考までに。

1人美容室で家族を持つと金銭的にややキツイ

さてさて、年収の話をメインにしたいわけではないので、ここで「1人美容室の売上や年収」の話に戻しましょう

すると驚きの事実が見えてきます

1人美容室で稼げる年収は1000万前後という話をしましたよね。あなたが一生独身であるというなら年収1000万は十分な金額でしょう

しかし、結婚しているとか、結婚したい、さらに子供も欲しいと思っている場合、1人美容室というビジネスモデルでは金銭的にややキツクなるのです

まあ共働きするというなら話は変わりますが、そこは変数になるのでここでは考慮せず

(さらに個人的な見解を述べると共働きで子供ありは色々とキツイです。富裕層の過程でも子供は1人で限界という声はよく聞く)

 

僕は結婚していて子供なし夫婦ですが、月収でいうと最低でも150万はほしいですね

それくらいないと貯金もあまりできないので割と不安です

僕は贅沢にはあまり興味はありませんが、せっかく起業したのなら不自由のない生活はしたいですし。

まあ必要なお金というのは生き方で変わるものですから、僕の基準では高いと言う人もいるかもですが、多くの人に当てはまるラインかなーとは思いますよ

年収は最低でも2000万を狙えるようにビジネスモデルを作ることをオススメします

1人美容室ではかなり制約があるので現実的ではありませんね(苦笑)

1人美容室にこだわるのであれば、生活費をおさえるか、家族数をへらすか(子供の人数しかないけど)、それなりに稼げる人と結婚するか(年収500万くらいの人)のどれかでしょう。

1人美容室は月売上100万が楽勝で上がるようにするべき

1人美容室の場合、ここまででした年収の話からすると、月売上100万は最低ラインになるわけですが、なおかつ「100万の売上が楽勝で売り上がる状態」にしておくべきです

月100万売り上がるだけではまだ足りなくて「楽勝で」というのが重要

多くの美容師が限界いっぱいの接客数で売上を出そうとしますが、これはマジでしんどいですよ

若いうちだけです、こんなのできるの

(掃除や電話、税金などの雑務。家庭があれば家のことまでやらないといけないわけで)

 

楽勝で売り上がる状態とは僕の考えではこのような状態

・接客数1日3~4人で客単価15000円
・6:30には営業終了
・休日は最低週2の月8日休み
・予約は3ヶ月先までいっぱい
・拡大する場合、同じ状態を次の店でもすぐに作れるようなモデル(個人の力に依存しない美容室)

この条件なら月100万~140万ほどをゆとりをもって上げることができます

マックスのパワーや労力で売上を上げるのはホントにやめたほうがいい

単純に続きませんし、余力を残しておかないとなにかあった時にきつくなっちゃいます

・問題が起きたら対処
・問題が起きる前に先手を打つ

どちらも時間、労力、解決までの資金的余力が必要なわけですよね

特に先手を打つのは重要ですが、先手なんて余力がないと打てません。

 

「100%で仕事をする」

自分で起業するのなら、これがいかに愚かな行動であるか自覚しておくべきなんです

日本人ってこれを賛美する傾向にありますが、仕事というのは「暇だけど売上は目標値を達成している」というのが成功している状態です

それに死ぬまでマックスで働くと思うと萎えませんか?僕はイヤですね(苦笑)

そもそも独立・起業というのは「余裕を生み出すため」というのも理由の1つではないでしょうか

独立して余裕がなくなるなんて本末転倒だと僕は思いますね。まさに資本主義の豚。

年収1000万美容師になるために

ではでは「1人美容室の売上や年収ってどうなってんの?」という話でした

1人で美容室をやる場合、フリーランスで独立する場合の年収は1000万ほどが目安で、その年収で満足できるのかを考えてから独立しましょうということですね

稼いだ経験がないと見えてこないものも多いですし、単純にお金ってやっぱりいるんでうだつの上がらない美容師やってるくらいならサクっと年収1000万美容師になることをオススメします

自分で借金して店を出す場合はちょっと待てですが、フリーランスでやればリスクも0

年収1000万で満足できないなら、その時に次のアクションを起こすと良いのでは。僕もそうしています

それも考えるとフリーランスが良いですけどね。地域格差がある独立の方法ですから誰でもできないのがネックですが(田舎はフリーランスできる店ないので)

 

独立したいのであれば、まずはこちらの無料の動画セミナーをどうぞ

高単価の美容室の作り方が学べます

次にこの記事で独立する時に必要な知識が全て学べますので、全て読んでおいてください

この2つを学んで「無理そう」とか「ここまで努力したくない」と思うのであれば、雇われていたほうが幸せな人種なので間違っても独立なんてしてはいけません

後悔することになるでしょうから。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける。期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

  1. はじめまして。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    私以前から、美容師の方ってどれくらい稼がれてるのか?って
    興味があったんです。

    土・日・祝は集客を望めるでしょうが、平日はそこまで。。。

    大変分かりやすい記事で見入ってしまいました。
    また訪問させて下さい。

    • 齋藤慶太
      • ヒダリー
      • 2019.02.24

      祝日とか休日とか平日とか関係なく集客できるのは前提ですね

      平日に暇な美容室はダメです(笑)

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. 悩んだらこのままやればOKな美容室開業マニュアル

  2. 稼ぎたいけど自己投資するお金がありません問題

  3. 情報発信童貞に必要なのは教材ではなく「ビジネス知識とマインドセット」

  4. 素晴らしい情報発信者、ブログを探すためのライフハック術

  5. 美容師を続けるか、起業するか、家族経営の会社に転職するか

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP