美容室開業の手順&経営

僕が美容室で起業した時の話【目標達成後の憂鬱】

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

美容師引退を目指しながら「いつでも何かを始められる状態になろうぜ」をコンセプトに、生き方や起業についての情報発信をしています。プロフィールはこちら。

 

僕が美容室で起業した時の話、6記事目です

書き出すと色々書く事があって6記事になってしまいましたが、この記事を含めてあと2,3記事でひとまずまとまりがつきそうです。

 

今日は「目標達成後の憂鬱」というテーマです

目標達成したのに憂鬱?という感じなんですが、僕は見事にそうなりました

これは1つの登竜門と言うか、試しの試練みたいなものです

まるで「君は本当にこれでいいのかい?」と神様が聞いてきた。みたいなもんで、起業・個人の力で飯を食うという事をすると割とよくあるのです。

 

この経験があるので僕は、

・現時点で本当にやりたいこと以外はしない
・金を目的にしない

事をオススメしています

ただこれは理想論でして、実際はこんなにキレイにはいかない事がほとんどです。

 

僕の起業の動機はプロフィールにも書きましたが、お金でした

そのための手段として美容師を選んだだけで特に興味もなく、実際になった後もそれは変わりませんでした

それでは目標達成後に憂鬱になるのは必然だったわけです。

 

もちろん、金は必要だしあれば選択肢が広がります

なので「とにかく稼ぐ」というのも重要なことですし、ただボーっと目的なく生活費を稼ぐためだけに働くだけなら、とりあえず金のために起業したほうがいいと思います

稼いだ後というのは実力も上がってるし、視野も広がってるし、そして次のステージに進む必要経費だって払えるようになりますからね。

 

しかし、その場合は必ず目標達成後の憂鬱がきて、病んでしまったり、無力感に襲われたりします

だから事前に今日の話を知っておいてほしいなと思います

知っておけば対策もできるし、憂鬱が来たとしても「あ、これがそうか」と思えますから。

目標達成後の憂鬱の正体

僕が目標達成後の憂鬱に襲われたのは、起業して1年後くらいで目標達成しその生活をしばらく味わった後でした

起業前に思い描いていたゴールに到達しても、まったく気分が良くないのです(笑)

自分が理想だと思う働き方、圧倒的にふえるお金、それを前にしても充足感は全くありませんでした。

欲望と恐怖

このモヤモヤの正体はなんなのか?1つは「欲望と恐怖」です

代表的なもので言えばもっと時間がほしいとか、お金がほしいとかですね

これには「今の生活ができなくなったらどうしよう」という恐怖でお金や実力を欲してしまうケースも含まれます。

 

2つ目は「人間はやりたくない事で結果を出しても嬉しくない」ということ

これは当たり前すぎる事ですが、こと「金」というものを前にすると人間は途端にバカになります

例えばマラソンに全く興味がなく走る理由もないとして、それで42.195キロを完走しても疲れるだけ、爽快感もクソもありません

必然性もない、理由もない。そんな全く興味がないものを達成したところでいい気分になれるはずもないのは当たり前の話です。

 

しかし「金」が絡んでくるとこれをやっちゃうのが人間なのです

僕なんかが典型例ですね。美容師興味ないのに10年以上も努力しちゃうわけですから。

冷めた時の絶望感ったらありゃしません。悲惨(苦笑)

 

というわけで、目標達成後の憂鬱に襲われないためにはこの2つを潰しておけばいいわけです

「欲望と恐怖」は人間の自然的な感情なのでそう恐れることはありません。本人の性格的なものだし、なくなりはしないもんですから。

欲望と恐怖はリンクしているものでもあります

怖いから欲しがるわけです。なら手に入れるだけの実力があればいい

現実的に言えば、ビジネスを自分の理想の生活が手に入るように設計しておけばいいんですよ。

 

人間の欲望はこの4つに絞られます

・お金
・人間関係
・仕事
・健康

お金は必要なだけ稼げばいいし、人間関係は自分でビジネスやれば嫌いな人と関わる必要もありません。仕事はやりたい事をやればいいし、健康は上3つがあればある程度は保証されます。

 

起業してフタをあけてみれば、僕はこの4つが全部満たされていなかったということですね

・金(年収800万とか雑魚すぎ)
・人間関係(客と関わらないといけない)
・仕事(上が満たせていない、美容師おもんない)
・健康(ある程度満たしているが、病気になればビジネスが回らない)

そりゃ憂鬱も襲ってくるだろうという話です(苦笑)

だから1つ目の「欲望と恐怖」は、上記の4つを満たすようにビジネスを設計しておく必要がある。

 

満たしたにも関わらず、欲望と恐怖の感情が湧き上がってきたら「そのビジネスに飽きた」と言えます。その時はまたビジネスを作ればいいですね

その実力があれば何も恐れることはありません。だからビジネスを学んでおくのは重要です。

キーワードは「熱中」

2つ目の「人間はやりたくない事で結果を出しても嬉しくない」これはどう対処すればいいのか?

これは当然の如く「やりたくない事はするな」の一言しかありません。おもしろくないこと、違和感のある事、結果が出ない事はやる意味がない

しかしこれが現代社会では大変に難しいのが問題です。(AIが進化して仕事しなくていい社会が来るまでは)

 

やりたい事がわからないし、飯を食うためにお金を稼がないといけない。そんな状態で悠長にやりたい事を見つける時間なんてないわけですよ

やりたい事を見つけるためにはとにかく色々やってみるしかありませんが、しかしその時間や機会は現代社会ではない人がほとんどではないでしょうか?

そう気づいた時にはもう遅いのです(笑)

 

僕は子供の時から労働はするべきだと思うし、趣味的なものや運動も色々やってみるべきだと思います

しかしその子供の期間を過ごす学校ではバイトも禁止だし、好きなファッションもできないし、趣味にもお金がかかるし、そもそも外部からの刺激が少なすぎる

外部からの刺激がないと、この世に何があるかわかりません

なのに大人や社会は、同じ年代の同じ地域の子供を学校という同一箇所に集めるわけです

それでは色んなものにチャレンジする機会がなくて当然でしょう。結果、自分が何をしたいのかがわからんまま大人になるわけです。図星ではないでしょうか?

 

だから僕らは腐ってもどうにもならないんで、これから「やりたいこと」を見つけていくしかないわけですよ

様々なものが2極化していく時代ですが、代表的なもので「充足感」があると僕は思っています。充足感がないと人間は精神的に死にます

熱中こそが人生の質を左右し、幸福の大きな要素となるのです

SNSを見れば、ブログで、YouTubeで、Twitterで稼ぎましょう!という声を聞きますが、「稼ぐ」にフォーカスするのはもう時代遅れです

金の価値なんか本質的にはもうたいしてありません。

 

とはいえ、まずは稼がないと始まらないのも事実なんですが「稼ぐことにフォーカスしてもつまんねえぞ」っていうのは頭に入れておいてほしいですね

稼ぐことを目的にすると達成したらマジで憂鬱が襲ってくるんで、稼ぎながら自分が何をしたいのかを考えるのをススメます

人生はそーいう遊びなんですよ。

成長と憂鬱

ビジネスにおける目標達成とは成長の前段階でもあります

僕は今回の記事では「達成後の憂鬱」にフォーカスしていますが、それも忘れてはいけません

ここまで読む前に、ビジネスに明るい人であれば「目標達成したら腐ってないで次の目標を建てればいいじゃない!」とツッコミを入れたかった事でしょう。

 

しかし「次の目標を達成する気が起きず、憂鬱が襲ってくる」ことがあるわけです

次の目標、一手にスムーズにいけるなら成長ですが、そうでないなら憂鬱の道に進んでいるわけで、目標達成後に「そのビジネスはあなたに合っているのかい?」という試練がやってくるとはこういうことです。

 

僕も美容師が好きであれば、いくらでも成長の道へ軌道修正できました

僕は「1人で営業して月50万稼げればいいや。」と思って独立したんですが、結果的には1人で営業して月70万稼げるようになりました

店を大きくしたいとかは全くなかったので、後はこれをどう維持していくかを考えてずっと美容師やってればいいわけですが、しかし「これって全然おもしろくないよな」と思っちゃったのです

で、憂鬱期に入って色々やり出すんですが(この辺の話はプロフィールを読んでみてください)その前に店を大きくするかどうか?美容師として次のステージにいくか?というのは当然考えます。

 

単価をドンドン上げて業界の常識をぶっ壊すような完全クローズドの超高単価サロンに挑戦してもおもしろいし、美容師を育てたいと思うのなら雇用して規模拡大でもいい

雇用してみて「やっぱり1人でやりたいな」と思ったなら、1店舗出店してそこに自分が移動すればいい

こんなふうに色々と次の目標が見えるんですが、僕はどれにも興味がもてませんでした。

 

「君は本当に美容師がしたいのかい?」という試練が来たわけです

事実、僕は美容師がしたいのではなく独立がしたかっただけだったので、目標達成したら燃え尽きて興味がなくなるのは当たり前のことでした

次の目標に進んだとしても達成するごとに燃え尽きて、いずれはどこかで辞めることになったり、そもそも達成できずどこかでビジネスがダメになっていたことでしょう

(上手くいってる会社が潰れるとかはこういうパターンです)

移動する力

違和感を持ったまま自分のビジネスを続けていくのは本当におもしろくない事です

だからそんな時に気軽に新しいことを始めれるような準備をしておくべきで、その準備とは結局の所「お金+実力+ビジネス知識+人を巻き込む力」です

もちろん節操なく色々やるのではなく(それじゃタダのバカなんで)、自分の芯をもって、それに準じてやっていくべきなのは言うまでもありません

キンコン西野さんとかはそれがすごくできてますよね。彼はエンタメを軸に色んな展開をしていますが、単純に見てて楽しそうじゃないですか。

 

今の時代、「違和感をもったまま生きなくていい時代」になりつつあります

だから気軽にヒョイっと移動する力を身に着け、準備しておく方がいい

例えば最近流行りのミニマリストとかそうですね、モノって移動に邪魔ですからないほうがいいのです。あーいうのが言われてる背景には「移動力」があります

家やモノをシェアするというのも象徴的です。

 

ビジネスも重たいものは持たなくてすむモデルのほうが今の時代には合っています(ホリエモンもそんなビジネス勧めてましたね)

情報発信が人気なのもそういった背景からです

店舗を持つビジネスというのはどうしても移動力がありません。だからよっぽどその分野が好きじゃない限りは手を出すものでもないのかな、というのが僕の考えです

まあ美容師はもう店舗なくてもシェアサロンとかでできるんでまだいいですが、カスタムバイクショップとか絶対好きじゃないとやっちゃだめですよ。まあ普通に手を出す分野ではないですけど(笑)

店舗を持つってそー言うことだと思います。その世界が超好きでない限り、移動力を確保しておくべきです。

 

目標達成後の話から移動力の話にまでなりましたが、自分でビジネス始めると「どう生きていくか?」という事に向かい合うことがふえます

今日の話はそんな時に思いだしてもらえればと思います。

おまけ:インフルエンサーあんちゃさんも試練ってる

このようにビジネスが上手くいってるのに、やってる本人は「なんか違うんだよな・・・」っていうのよくあります

起業するとビジネスプランを1回は修正したり、ガラリと変えたりというのは必ずと言っていいほどあることです。こういうのって本人の内面での葛藤なので外からは見えにくいものです(てゆうか見る側も経験してないと見えない)

 

僕はここ1,2年でTwitterも少しは見るようになったんですがTwitterで有名な「あんちゃさん」も現在進行系で試練の真っ最中だと僕は感じました

実際にブログにもそういった内容の事を書かれてましたし、コーヒー屋でバイトし始めたのをアンチに叩かれてたりもしてました(苦笑)

僕ももがいてる段階なんで親近感があり、たまに発信などを見たりしていますがインフルエンサーと呼ばれる人でも試練が来るものです

イケハヤさんもこれまでの延長線上でなんとか戦っている感じですね(見てないからよくわかんないけど、アフィリオワコンになってちょっともがいてるっぽいような)

今日話した視点で見るとまた違った学びがあるんじゃないかと思います

試練を乗り越えるには「人と会う」「新しいことをやってみる」「これまでやってきた頃を捨てる」こういった事が必要です。どれも移動力が必要なことですね。

【やっておいてよかった】僕が美容室で起業した時の話【起業直後の話】前のページ

【拡大か固定か転職か】僕が美容室で起業した時の話【覚悟の決め方】次のページ

関連記事

  1. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【プレイヤー編】

    前回の記事で「美容室開業にあたって最も重要な3つの要素」という話をしま…

  2. 美容室開業の手順&経営

    【起業した理由】僕が美容室で起業した時の話【仕事はストレス、つらい】

    ではでは前回の記事の通り、僕が美容室で起業した時の話をしていきます…

  3. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】

    今回の記事は「システム化実例 美容室編」ですシステム化についてはこ…

  4. 美容室開業の手順&経営

    【美容師やめる理由】僕が美容室で起業して数年後の話【ピュアな欲望】

    5記事くらいでまとまるかな。と思いましたが、なんだかんだ8記事目となっ…

  5. 美容室開業の手順&経営

    【起業・フリーランスにも役立つ】僕が美容室で起業した時の話

    今日からいくつかの記事にわけて(たぶん5つくらい)、僕が実際に起業した…

  6. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【起業する前に準備し続けた3つの事】

    では今日は僕が起業する時に「どんな準備をしたのか?」という話をしていき…

コメント

  1. こんにちは
    目標を達成してからの憂鬱を経験したいなと思いながらも、目の前のことだけじゃなく、もっと前を見据えた行動や考えもしておかないといけないと感じました。夢のような話でも、未来へも目線を向けてみたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. コロナで見えた、店舗ビジネスの限界【情報発信&暇つぶしビジネ…
  2. 個人の実力よりビジネスモデル。美容室とブログで例える売上を上…
  3. ブログで10万稼いだから「稼ぐブログの作り方」をまとめておく…
  4. ブログで10万稼いだから必要な知識とマインドセットをまとめて…
  5. 僕が美容室で起業してみて思う雑感【起業すると幸せになれる説】…

  1. 次世代の思考&哲学

    「昔の自分を客にしろ」は間違い!ブログにオリジナリティを出す極意
  2. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【マクドナルド編】
  3. メディア作成

    ブログのアクセスとPVを倍増させる「ブログのテコ入れ」テクニック
  4. 美容師引退までの物語

    ブログ立ち上げ3ヶ月後の戦略【美容師引退記:5】
  5. 美容師引退までの物語

    俺がこれまでにやってきたことダイジェスト【結論:ビジネス学ぶのが最強です】
PAGE TOP