美容室開業の手順&経営

美容室開業手順がわからない人必見!おおまかな流れをリアルな事例で詳しく解説 【その2】

こんにちは、美容室経営&美容師引退を目指してる齋藤(@flickerei_xyz)です

開業して1年で年収4倍になりましたが、美容師がおもんないので引退するために情報発信やってます

僕のプロフィール美容師引退の理由はこちらから。

 

では早速、前回の記事の続きです。美容室開業マニュアルその1はこちら

 

今回の記事はお金を借りた後の話です。全体の流れはこんな感じでしたね

貯金>コンセプトを逆算して導き出す>物件探し>借金>工事&搬入>集客>開業

借金するまでの流れは前回までで書いたので、工事&搬入>集客>開業を今回の記事で書いていきます。

工事&設備搬入

店舗と融資が決まれば実際に工事していきます。工事期間は2週間~1ヶ月くらいですね

工事業者は独立を決めた時点で探しましょう

工事業者が決まっていないと工事費の見積もりも出せません

見積もりがないと金もかりれないので。

国金にだす創業計画書に添える見積書は実際の工事内容でなくてもかまいません、あくまで見積もり&計画書なので。

 

さて、ここで困るのが「どうやって工事業者をみつけよう?」というところですね

開業する人には必ず聞かれることですし、僕も悩んだ部分です

結論から言うと個人的には「美容室専門で店舗デザインしている事務所」がいいと思います。

 

水圧や電気容量などの美容室に必要なインフラについても詳しいと思うし、動きやすい店舗を作ってくれると思います

店舗デザインも多く持ってると思いますし

美容室を専門としていない所は内装のことばかり考えてて、動きにくい店舗になることもあります

知り合いがそうだったんですがセット面がめちゃくちゃ狭いとか、動線がめちゃくちゃとかよくあります

業者の見つけ方

業者の見つけ方はいくつかあります

・知り合いをあたる
・今働いている美容室を工事した業者を紹介してもらう
・知り合いの美容室経営者に紹介してもらう
・ネットで探す

僕は知り合いのツテで業者を決めたのですが、知り合いをあたるのは僕はオススメしません

案外安くならないし、美容室の工事に経験がない会社を紹介されるかもしれません

それに知り合いに仕事を頼むとなにかと注文しにくかったりもしますし・・・。

 

今働いている美容室か、美容室経営者に紹介してもらうのはいいと思います

内装の様子もわかりますしね、安全パイです。

 

ツテがなければ、自分が納得のいく美容室の施工例が多い業者をネットであたりましょう

店舗デザイン.com

例えばこのようなサイトで探せます。デザインからも選べるのでどんな内装にしようか?悩む必要もありません

本などもあります、情報収集はネットだけではありません

「はじめての美容室デザイン」

 

業者が決まればあとは打ち合わせをして内装を詰めていくだけです

だいたい1ヶ月あれば話はまとまるんじゃないでしょうか?

僕の場合は元々美容室の居抜き物件だったので、外装と床、壁、レジカウンター、シャンプー台をサイドからバックへというリフォームだったのですぐ終わりました

3、4回くらい打ち合わせしましたね

設備の搬入

工事が始まれば、シャンプー台やセット面の鏡やイス、カラー剤や文房具などの細々したものを発注していきましょう

シャンプー台は工事でも必要なのですぐに注文しておきましょう(業者に言われると思うけど)

カラー剤、文房具、ドライヤー、セットワゴンなどの工事に関係のない細かいものは、工事が終わる少し前に注文しておけばスムーズです

安くすましたいのであればネットを活用しましょう

セットイスやシャンプー台は中古であればかなり安くなります。

 

僕はバックシャンプーを中古で13万くらいで仕入れました。新品だと30~40万くらいです

オーバーホールして販売されてるし、壊れたら修理すればいいだけなので中古でも十分だと思います

イスなどは大体1万円くらいで買えますね、新品だと3万~5万くらいです

中古業者は「美容室 イス」とかで調べれば出てきます。ビューティーガレージなどが有名ですね

新品の場合でも有名メーカでなければ、安くすますことができます。その場合も「美容室 イス」などで検索すれば出てきます

細かい備品などはそれぞれ個別で買ってもいいですが、面倒であればこんなサイトもあります

「ストアエキスプレス」

工事が終わってから用意するとオープンまでの期間がもったいないので、工事の進展を見つつ、邪魔にならなそうなものは用意して入れていきましょう

集客は美容師になった瞬間からしておけ!

いうまでもなく、美容室に限らずビジネスの成功のカギが「集客」です

客が来ないことにはリピート率や改善点もクソもありません。

 

経営センスのない美容師は「オープンしてから」集客を始めます

もうこれまじかって感じ。どんなけ平和ボケしてんだよ。ですよ(苦笑)

だからほとんどの美容室が開業1年以内に潰れるんですよ。

 

集客というのは美容師になった時点でしてください

意味わかんないですか?

美容師になった時点で「個人メディアを立ち上げてそのメディアを育てて」ください。

 

集客はすぐにできるようになりません、練習期間が必要です

雇用されてる時は絶好のチャンスです

自分でお客さんが呼べるようになっていてください

独立するときはそのメディアを使えば集客できる状態からスタートできます

そのメディアに「自分の店出します!」って書いて住所書いておくだけです。

 

個人メディアというとブログ、HP、Twitter、Instagram、LINEですね

できれば全部やってるほうが良いですよ、まあ戦略次第ですが。

僕はブログ、HPをしています。インスタは僕の美容室はコンセプト的に違うのでやりません

LINEとTwitterはオマケ程度に動かしてるだけですね

あんまやる気ないです(笑)

開業後の集客方法

前提として「個人メディア」をずっと前から仕込んでおけ!という話をしました

「え?個人メディアなんて持ってないよ。開業する時どうしたらいいの?」という方もいるでしょう

正直、もうその時点でかなり不利です。

 

マーケティングを勉強していて「メディアがないだけ、すぐ作れる」のであれば大した問題ではありませんが・・・

過去には戻れないので開き直って、開業を決意した瞬間から用意していきましょう

集客で使うツールは個人メディア、ネット広告、紙広告、ビラ配りなどです

個人メディア

これはさっき書いたとおりですね。ブログ、HP、Twitter、Instagram、LINEです

開業すると決めたのなら、コンセプトに合わせて優先順位を決めて作成してください

ブログ、HPは必須です、僕であればこの2つは必ず用意しますね

最近ならSNSも超重要です。今後ますますそうなっていくでしょう。

 

ブログもHPも今はワードプレスで作成するのがオススメです

ワードプレスについてはこの記事を参考にしてください

 

「パソコンわからない」とか寝ぼけたこという人いますが、だから今やれって!という話です(苦笑)

さわればできるから。

僕もコンサルでパソコンわからない人に無理やりHPとかブログとか作らしましたけど、結局できるんですよね

やらないだけです

もはや今の時代、ブログやHPなんて知識なくても作れます、ツールが充実してるんで。

 

ブログやHPは作成してもある程度の期間が立たないと集客力は0です

特にブログは記事数がないとお話になりませんので今すぐ作りましょう

ネット広告

これはホットペッパー、楽天ビューティーなどが有名ですが、みんなすぐにこれに頼りますね

個人的にはコレに頼ってるサロンは潰れる運命にあると思います

使うのは別に良いんですけどコレでしか集客できないってのはもう致命的。

 

依存してると、ホットペーパー側の言うことに服従しなければいけません

一時期、美容師の間で脱ホットペッパー騒ぎがありましたが、そうなるだけの理由があるのです

もはや昔ほど集客力もありませんし、客質も悪いんですよね

しかも高いし。

 

掲載費は地区とプランによって変わるのですがうちの地域だと確か、

25万
10万
4万
3万

だったかな?

 

小規模サロンで4万以上は経費としてはかかりすぎです

うちは4万のプランですが、月に10人くらいですね

客単価8000円なのでホットペッパーだけで見れば利益率は50%にしかなりません。

 

コンサルしてる時、僕と同じプランで全く集客できていない人結構いました

広告赤字ですよ

こうなるとかなり痛い。しかもホットペッパーでくる人はリピート率も上げにくいです

なんせテキトーに選んでくる人もいるし、広告スペースが小さいのでたいした事書けないんですよね。

 

文字かけないとコンセプトも伝えれません、陳腐で端的なものになります

そうなると共感もさせにくいのです、共感していないとリピートもしません

ただ単に「髪の毛がうざいからきました」で来店します

そんな人、次くるわけないじゃないですか(苦笑)

またクーポン目当てで違うとこ行きますよ。

 

正直、美容室系のポータルサイトのネット広告はもう終わりだなーと感じます

自分でやったほうがいい集客できます(ネット広告出すならSNS広告やリスティング広告のほうが絶対いいです)

うまく使えばまだ集客はできるのでやるのは別に構わないですが、依存はしないようにしましょう

メインの集客媒体ではなく、あくまで集客にブーストをかけるつもりで使うといいと思います、即効性はまだあるので。

 

やるならホットペッパーだけで十分です、他のは集客力なさすぎて使えません

申込みは電話すればすぐできます

サロンに来てもらって店内の写真などをとるので、工事と搬入が終わりそうなタイミングに合わせて来てもらうように段取りするとスムーズです。

 

文章やメニュー名は必ず、すべて自分で書きましょう

向こうが書いてくれるのですが、限りなくウンコな文章なのでそのまま使うと集客力0になります

ホットペッパーで集客できていないサロンは原稿を自分で書いていないサロンです。

 

ホットペッパー見てみればわかりますが、どこのサロンも同じような文章です

☆とか♪を多用しており、ごちゃごちゃした無駄な文章ばかりです

向こうに原稿まかすと悲惨なサロンページが出来上がります(苦笑)

紙広告

これは地域のフリーペーパーのことです

僕も昔やったのですが、掲載料は半年で5万くらいだったと思います

結論から言うとやらなくていいです(笑)

 

今どき、フリーペーパーなんて見てる人いないんですよね。いたとしたらスマホやネットを使わない層です

詳しく書くと長くなるので今回は書きませんが、わざわざそこを狙っていく必要はないし費用対効果も非常に悪いです

まあ地域性や店のコンセプトなどで一概には言えないので、一度くらいはやってみてもいいと思いますが・・・。

ビラ配り

これは新聞折込みや自分で配る方法ですね。どちらも一度やりましたが、個人的には無駄だと思います

自分で配れば広告の形や大きさは自由にできるので、効率はめちゃくちゃ悪いですがまあやってもいいと思います

僕はやらないけど(苦笑)

 

新聞折込は広告の大きさが決まってしまうので集客力が低くなりますし、フリーペーパーやるのとたいして変わりません

今どきフリーペーパー見るのも新聞とってるのも同じ層です

別にそこ狙っていかなくてもいいです。

 

僕がやったときは15000部で10万円くらいでしたね、クソ高いです(苦笑)

広告の反応率は0.01%~0.1%とか言われています

僕もやったときは確か問い合わせが5件もなかったですね。

 

しかも当日にいきなり電話してくるもんだから、実際に来店したのは1人とかです(苦笑)

今どきネット使えない人達って言い方悪いけど「どんくさい」んですよね。どんくさいから予約も当日にとろうとします

当日に予約できない美容室にしないと成功とは言えませんから、当日予約されても意味ないんですよ

 

これほど費用対効果の悪い集客法はあるのかと思います

自分のメディアならタダで全国からお客さん集めれますし一度作れば自動です(僕のブログからは新幹線に乗ってくるお客さんも集まります)

僕が開業した時の例

僕が開業した時の集客は、

・新聞折込
・地域のフリーぺーパー
・自分でビラ配り
・1年以上前から仕込んでいたブログ、HP

でした。

 

ホットペッパーは間に合わなかったので開業2ヶ月後からスタートしました

最初の月は30人くらいの来店でしたね。ほとんどブログとHPでした

当時はまだブログもイマイチでしたし、マーケティングの事もよく知らなかったのですが、それでも30人くらいは呼べたので自分のメディアっていうのはやはり強力ですよ。

 

僕が今も集客で使っているのはブログ、HP、ホットペッパーです

今は予約がパンパンなのでブログで15人、ホットペッパーが10人という感じです

毎月25人を広告費4万円で集客できています

うちの店は毎月15人失客するので15人新規が呼べれば問題ありません。

 

集客には2つのスタイルがあります

・数を集める集客
・リピート率の高いお客さんを集める集客

どちらでいくかはコンセプトやスタッフ数によります。

 

美容室の場合は、

・数を集めたいなら施術例を多様した画像メイン
・リピート率重視ならコンセプトに共感できる文章メイン

という感じですね。オススメはリピート重視です。

 

数集めてもリピートしないと意味ないですし、質の低いお客さんを相手にすると疲れます

ホットペッパーは数重視のメディアなのでお客さんの質は低くなります(僕はそれが嫌なのでスタイル写真は一切載せてません)

自分のメディアであればメディアの性質も自由にコントロールできるので、独自メディアというのは超重要になるわけです

ビジネスの知識がないと絶対に成功できない

貯金>コンセプトを逆算して導き出す>物件探し>借金>工事&搬入>集客>開業

この流れの「集客」まで終わればあとは開業するだけです

色々めんどくさそうに見えるかもしれませんが、やってみるとまあこんなもんかという感じですのでビビらず用意してください。

 

ここまで読んでいただければなんとなく実感あるかもしれませんが、

「ビジネスの知識がないと、まともな開業ができない」

というのがおわかりいただけたでしょうか?

 

潰れる美容室は「なんとなく開業」なんです

ビジネスの知識がないので戦略も戦術もたてれないのです

昔は「なんとなくで開業して徐々に速度をつけていく」ということができましたが、もう今の時代はそれができません

モノが溢れすぎているので、スタートが重要です。

 

飛行機みたいに滑走路から飛び立つイメージじゃなくて、ミサイルみたいな感じです

照準をあわせて発射し、一気に加速するイメージでないと成功するのは難しいです

「とりあえず飛んでから目的地決めよう」では成功しません。

 

照準をしっかり合わせるにはビジネスの知識が必須になります

ビジネスを1から学びたい場合はこのブログで勧めている「次世代起業家セミナー」を視聴してください

 

ビジネスの知識はこれですべて網羅できます

しっかり学んでおけば、美容室開業である程度の成功は簡単にできます

なんせわかりやすいビジネスですし、髪の毛なんて誰でも切りますから、ある種インフラビジネスですしね。

関連記事

  1. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】

    今回の記事は「システム化実例 美容室編」ですシステム化についてはこ…

  2. 美容室開業の手順&経営

    美容室開業手順がわからない人必見!おおまかな流れをリアルな事例で詳しく解説

    「美容室経営を成功させるファミコン理論」はもう読んでいただけましたか?…

  3. 美容室開業の手順&経営

    起業する時に知っておきたい「税金の全知識」

    今日は税金の話です開業する人、起業する人に必ず聞かれることが「税金…

  4. 次世代のビジネス

    知らないと失敗する!美容室開業の前に絶対に押さえておきたい3つの要素と「ファミコン理論」

    今日は今までと違った話を書いていこうと思います「開業する時に絶対に…

  5. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」になる「時給型ビジネス」から脱出するたった1つの方法

    今日は僕が美容室経営をやめる事を決意したキッカケとなった「ビジネスにお…

  6. 美容室開業の手順&経営

    俺の美容室のリアルな経費を公開

    今日は僕の美容室のリアルな経費を公開しようと思います経費の計算とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

 

 

 

おすすめ記事

  1. 念能力系統図
  1. メディア作成

    誰でもできるブログコンセプトの作り方。超簡単に作れる4つの質問とは?
  2. メディア作成

    「専門性の組み合わせ」で読まれるブログを書くためのライティング術
  3. 次世代のビジネス

    実績0&ノースキルならブログやアフィリではなく転売をするべき理由【副業からOK、…
  4. 美容師引退までの物語

    ブログ作成9ヶ月後のアクセスアップ戦略
  5. 次世代の思考&哲学

    起業後の収入は最低どれくらい必要か?誰も言わないタブーに触れてみた
PAGE TOP