美容室開業の手順&経営

年収200万円美容師が独立開業して年収1000万美容師になる方法

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

今日からいくつかの記事にわけて「年収200万円美容師が独立開業して年収1000万になる方法」について書いていこうと思います

このブログは別に美容師向けに書いているつもりはなく、起業したい人とか、抽象的に言えば人生を自由に生き、良くしたい人に向けて書いているんですけど、僕が例として美容師を出すので美容師の人が結構読みに来てくれているようです。

 

「起業したい美容師」である彼らがくれる質問は、やはり「美容室で起業したいんですけど、どうしたら良いですか?」です

「ん?それ書いてるよね」と僕は思うのですが(笑)もうこの際、超具体的に書いてみようかなと。

 

多く人に当てはまるように書くと抽象的にならざるを得ませんが、方法論を絞って「年収200万の美容師が1人で独立して年収1000万になる最も近道な方法」について書いていきます

今、僕が美容師として独立するならどう勝負するか?僕のように1人で起業して年収1000万稼ぐ方法をシェアします

同じようにやればあなたも間違いなく達成可能でしょう。今のあなたの力量次第ですが、すぐに起業準備にとりかかれば9ヶ月後くらいに月収70万前後になることも難しくありません

それくらい具体的に書きます。

 

僕のように店舗を持ってもいいし、地域は限定されますが今はフリーランスでも起業できます

むしろ時代的には場所をわざわざ自分で用意する必要はもうないんじゃないかな。と僕は思ってるくらいです

まあ良い場所があればの話だけど。フリーランス美容師ってまだ最近できた形だし、良い場所がまだ少ないですしね。

 

「1人で起業する」前提での話をしますが、人を雇う場合(拡大していく)でもぜんぜん使える内容です

1人で成功できない人が雇用して成功するわけはないし、ビジネスモデルを作ってGO!するのは1人でも何人でも同じことです

1人だろうが複数だろうが成功の仕方は変わりません、細部が違うだけなのです。

 

1人で成功してから雇用して拡大という黄金パターンもあります

てゆうかビジネスって小さく始めて「これいけるわ!」と確信したら拡大するもんです。特に金のない時はこれが重要

個人ビジネスはとにかく小さく始めましょう。特に美容室などの初期投資と維持費が必要なビジネスは小さく小さくいきましょ。起業失敗して再起不能になる人多すぎですが、彼らは小さく始めてないのです。

 

内容はまだザックリとしか考えてませんが、書きながら考えていこうかなと思います

網羅的に話したいけど、キリがない部分もあるので最重要な事を書いていきます。「これでうまくいかないなら、実行プロセスに問題があるな」くらいまでは書きます

実行プロセスに問題とは内容をそもそも理解できてなくてちゃんと実行できてないとか、やりきれてないとかです

行動するのってホントに難しいんでよね。人間ってめんどくさがりだし、そもそも本気で起業したい人って少ないですから。本気で起業したいと思ってないから多くの美容師は独立しても死亡するのです。そういう人は独立するべきではないんですけど。

このあたりの話はこのブログに書いてますんで、他の記事も読んでみてください。

 

・年収800万美容室の中身
・年収1000万美容師のビジネスモデル
・開業前に必要な準備
・コンセプトについて
・集客の方法
・税金の話
・年収1000万美容師になった後の話

概要的にはこんな感じで考えています。あとはどれだけ細かくするかですが、キリがないし読みにくくなると頭にも入らんので網羅しつつもコンパクトにしたいなあと思ってます

美容師で起業して年収1000万とか簡単なんで(ちゃんと行動さえすれば)、そんなに書くこともないんですよ。

 

美容師って大きく稼ぐのは無理だけど、年収600~1000万レベルなら余裕です

髪は誰でも絶対切るし、やることはシンプル、美容師という職業の身近さなどなど、プロダクトとしては強いんですよ

強豪は弱いし、大手の戦略もプロダクトのシンプルさゆえに多彩にできないので個人がつけ入るスキがありまくりというなんとも個人向けのビジネスなのです

専門技能の習得にある程度の時間はかかるけど、それさえあれば確実に年収600~1000万の起業家にはなれる

いやあなんて良いビジネスモデルなのでしょうか。残念なのはその程度までしか稼げない所です。

 

起業すればわかりますけど、年収1000万って全然金持ちじゃないし、1人で美容師なんてやってると毎日8時間は労働しなければいけません

僕みたいに労働時間は1日3時間くらいじゃないと嫌だ、とか年収は最低でも3000万ないと話にならない、などと思うのであればあなたもきっと「美容師っておもんねえ・・・」となるでしょう(笑)

もしそうならなければ天職だということです、これはこれで素晴らしいことですね。年収や働き方の正解なんて個人が決めることですから。

 

起業して年収1000万美容師になって、「美容師おもんねえ・・・」となったら僕と同じようにまた違うビジネスで起業を目論みましょう

僕は情報発信、ネットで起業するのが最強だなと思うのでそっち方面をオススメします。

「次世代の稼ぎ方」をタダで学ぶ!期間限定の次世代起業家育成セミナー

僕は美容師として独立し、1年で年収200万から4倍の800万になりました。その後、情報発信もはじめて年収1000万を達成

そして今は美容師を引退して、情報発信で自分のビジネスを始めようとしています。

ここ数年で起業、副業、ネットビジネスをする人は増え、珍しくなくなりました。SNSや本でもこれらのフレーズはよく聞きますが、稼げるようになる人はごく一部です

成功確率で言うとほぼ0%なわけですが、これはなぜでしょうか?理由は「本質的なビジネス知識がない」からです。

ビジネス知識がない状態で稼ごうとするのは裸で戦場に行ったり、レシピがないのに料理しようとするようなもの。それでは上手くいくはずがありません。

多くの人は稼げるノウハウは一生懸命になって探しますが、それは良い武器や材料であり、使いこなせる人間が使って、初めて意味があるものになるのです。

基本的なビジネス知識やマインドセットがない状態では何の意味もなく、ノウハウは所詮ノウハウにしかすぎません。

僕が年収1000万稼げるようになったのは「1000万稼げるだけのビジネス知識がある」それだけの話しなのです。

もし、あなたも起業・副業・ネットビジネスなどで稼ぎたいのであれば、まずはビジネス知識を身につけてください。それも「古い稼ぎ方」ではなく「次世代の稼ぎ方」をです。

あなたが何らかの理由で「もっと稼げるようになりたい」と思うのであれば、必ず役に立つはずです。無料で受講できるのでぜひ参加してみてください。

【無料】9本のセミナー動画+限定特典で次世代のビジネス講座を学ぶ人はこちら

美容師をやめたい人が読む記事【仕事のやめ時教えます】前のページ

年収800万円の個人美容室の中身を公開【経費、税金、収入まるごと公開】次のページ

関連記事

  1. 美容室開業の手順&経営

    美容室開業手順がわからない人必見!おおまかな流れをリアルな事例で詳しく解説

    「美容室経営を成功させるファミコン理論」はもう読んでいただけましたか?…

  2. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【リスクが0になる圧倒的コンセプトの作り方】

    「僕が起業した時の話」ももはや4記事目になりますが、今日はついにそれっ…

  3. 次世代の思考&哲学

    【独立・開業】を目標にするとクソつまんなくなるという話

    美容室開業の流れや考え方をいくつか書きましたが、読んでいただけたでしょ…

  4. 次世代のビジネス

    ディアーズ北原さんの例から学ぶ、これからのビジネスに求められる「場の提供」とは?

    ここ3年くらいで美容業界もずいぶんと変わりました以前はどこかの美容…

  5. 美容室開業の手順&経営

    年収1000万美容師になった後の税金の話

    「年収200万円美容師が独立開業して年収1000万になる方法」の9記事…

  6. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【起業する前に準備し続けた3つの事】

    では今日は僕が起業する時に「どんな準備をしたのか?」という話をしていき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 美容室開業時の開業資金を下げる方法を徹底解説【内装、設備につ…
  2. 美容室開業時の開業資金を下げる方法を徹底解説【不動産契約につ…
  3. 起業に貯金はいりません【リアルビジネスでも0円で起業可能】
  4. 雇用するならスタッフを「依存」させるか「卒業」させましょう。…

無料ビジネス講座

サロン経営の教科書

オンラインスクール

  1. メディア作成

    【動画セミナープレゼント中】良いブログ、読まれているブログを作るための基礎知識
  2. 美容師引退までの物語

    ブログ作成11ヶ月後のアクセスアップ戦略
  3. 次世代の思考&哲学

    美容業界の現状と勝てる美容室経営の3パターン
  4. メディア作成

    ブログで10万稼いだから「稼ぐブログの作り方」をまとめておく
  5. 美容師引退までの物語

    僕が美容師を辞めたい理由は「移動力と抽象度の高いビジネス」をやりたいから。
PAGE TOP