年収1000万美容師になった後の税金の話

美容師・美容室経営

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

この記事は「年収200万円美容師が独立開業して年収1000万になる方法」の続きです

前回の記事はこちら

 

みんなが愛してやまない「税金」の話をします

美容師に限らず年収1000万を達成するには基本的に独立が必要ですが、独立するとなると気になるのが税金です

僕も起業・独立の相談などは腐るほど聞いてきましたが、税金の話はやはりいつもでてきます

しかし正直、税金のことなんで気にせんでよろしい

僕も払うときは毎回嫌な気持ちですが、特に気にしていません。個人事業であれば、税金のことなんてそんなにやることないんですよ。ましてや「自分で全部やる」なんて時間のムダです

もちろん、税理士に丸投げしちゃうと月のコストが結構かかります。年収1000万程度でそこまでする余裕はありません

なので「自分でやってもたいして時間のかからない所までやって、後は税理士に丸投げ」で良いのです。これで時間的、金銭的コストを極限まで圧縮できますから。

 

わからんことはプロに外注したほうが速いし正確、そしてその時間をビジネスに使うことができます

自分の専門外でなおかつ、生産性のないことは他人にしてもらうべきなのです。こういう意識をちゃんと持っておきましょう

ブログとかもデザインを無料でかっこよくしよう。とか時間のムダです。1万円払えばかっこよくて性能の良いテンプレートが使えるわけですから、さっさと買えばいいのです。

 

美容師として稼ぐのも「上手くいってる人のやり方をパクる」ほうが手っ取り早いし、成功も約束されてます

実力のない人ほど、自分でやろうとしたり、安くあげようとしたりしますけど、そういう人は時間をお金で買う感覚がないのです

そもそも実力ないと安く上げるのは無理だし、自分で考えたところでしれているのです

できる範囲でお金を投資して時間を買いましょう。

 

僕はこれまでセミナーとかに投資しまくっています

「セミナーに100万払っても、その知識を使えば100万以上のリターンが得れる」なら投資しない理由がありません。知識は最強なんで悩んだら知識には投資しておきましょう

まあしょうもない情報やセミナーは多いんで、見極めは必要ですが目利きも実力が上がるとついてきます。もういう目利きができるように慣れば、飲食店で飯食う時も変な店行かなくてすむようになります(笑)

人を見抜いて組むべき人がわかったり、儲かるビジネスがわかるようにもなりますね

「生産性のない自分ではよくわからんことはプロに聞く」これも投資の考え方ですから覚えておいてください。

 

話を戻して、サクっと税金のことについていきましょう

まじでサクっと終わります、言うことないんで。そんなもんスよ、個人事業なんて。

税金の知識なんて勉強しなくていい

クソマジメに「税金の勉強ってしたほうがいいですよね?」と聞いてくる人もいます

いや、いりませんから。そんなん勉強してどうすんのって話です

素人に毛が生えた知識なんて使えないし、その時間がムダです。僕なんて税金の知識まったくないですよ。何をどれぐらい払ってるかの2つしか知りません

「節税するために知らなくていいんですか?」とか言われますけど、個人事業でできる節税なんてクソみたいなもんです。ほぼ0に近い

節税なんてものは年収1億超えてからでいいです。節税するネタもたいしてありません

税理士に「これとこれが通知きますから払っといてください」って言われますから「はい!」だけでいいんですよ。

ソフトに打ち込んで終わり。申告時に税理士よんで終了

僕が税金関係で何してるかと言うと「やよいの青色申告」というパソコンソフトに毎日の売上と使った経費を打ち込んでるだけです

毎日そんなに激しくお金の出入りしませんので、数個入力して終わりです。時間にすると1分~5分くらい

こんなもんですよ。家計簿打つのと変わりません

申告時期が近づいてきたら税理士をよんで、申告用の書類を作ってもらって確認して終わりです。これで年額5万くらい

なんか 勉強することあります?ないですよマジで。

開業してからの動き

「税金関係の事、独立した後どうすればいいかわかんないです」ってよく言われますんで、まとめます

独立したらまず税務署にいって「開業届」を出します

次に税務署で開業した人にやってる無料の税理士記帳サービスというのがあるんで、それ頼んでください。それで1年は面倒見てもらえます

その人がよかったら、次年度から頼みましょう

もし、無料の税理士記帳サービスが今なくなってるなら(あると思うけど)商工会議所にいって「税理士紹介してくれ」といえばいいです。それで10人くらいと会って相性いい人選びましょう。

 

これで税理士の確保ができましたから、次は会計ソフトに毎日打ち込むだけ

税理士によって面倒の見方が違うかもですが、基本はソフトへの入力は自分ですればいいです。さっきもいいましたが時間かかりませんので。

こんなんまでやってもらったらコストかかって仕方ない。たかが1000万の稼ぎで頼む余裕はありません

で、確定申告の時に書類をまとめてもらうと。

 

こういうやり方を受け付けてない税理士もいるかもですが、そういう時は違う人探せばok

・開業届を税務署で出す
・そのまま税務署で無料の紹介制度を利用する
・会計ソフトを買って、入力は毎日自分でやる
・申告時に書類作成&間違い修正してもらう
・税理士に申告してもらう

これで終了。なにも学ぶことはありません

1日5分の税務処理時間で年間5万円のコストです。時間と金額のコストバランスも良いのではないでしょうか?

税金の種類と年収1000万美容師の納税額

税金は計算がややこしくて一概に言えませんが、僕の例は前の記事で書いてるので、税金がどれだけあるのかと、その驚愕の納税額はこちらで公開しています

ちなみにこの水準は江戸時代であれば一揆がおきるレベル。中世フランスもびっくりの重税です。一揆が起きるレベルの税金をがんばって払いましょう(苦笑)

というわけで、今回はこのブログにしては短い記事となりますが、言うことないのでこれで終わります。

 

税金と関連してこちらの記事のマインドセットも超重要なのでぜひ一読を。

次の記事はこちら

「年収200万円美容師が独立開業して年収1000万になる方法」はこちらにまとめています。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける。期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

この記事へのコメントはありません。

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. やる気がある美容師とやる気のない美容師を雇う場合の経営戦略の違い

  2. 一個人が独立する時の「目指すべき美容室経営の形」

  3. 「起業するとメンヘラになる説」は本当か?

  4. 起業・副業初心者ほどビジネスを学んで転売から始めるべき理由

  5. 「起業、副業の罠」と「漠然と稼ぎたいなら転売しか可能性ない」って話

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP