「ブログ、Twitter、YouTubeで稼ごう!」という寒い考え方

メディア作成

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

YouTubeで、Twitterで、ブログで、要は「○○で稼ぎたい!」というのをよく見かけるようになりました

Twitterとかでとく目にしますね、稼ぐためにTwitterやブログはじめました的なるもの。

ぶっちゃけこういうのって、もうだいぶ寒いなって思います

こういうこと言ってるうちは、芸人ビジネスをやってるインフルエンサーにほだされてるだけにすぎませんし、稼ぐことはできないですよ

というわけで、この記事では「○○で稼ぎたい!」って言うのはもうやめとけって話をします。

「自分のしたいことに他人を巻き込む」から○○で稼げる

熱意、信念、自分がどうしたいのか?そういったものがない活動やビジネスは広まることはありません

しかも○○で稼ぎたい系の人ってビジネス知識すらないことがほとんどです

Twitterとかだと顕著で、何やってるかと言えばこぞって「ブログでアドセンス」だったりしますが、アドセンスで稼ぐってもう現実的じゃないし、発展性もないですからね

1PV0.3円位が相場なので月収100万になるには月間200~333万PV必要ですし、しかもブログオワコンとか言われてて以前よりアクセスは集まりにくい状態です

ビジネス学んでたらまず選択肢に入りません。あれはオマケの小遣い稼ぎでやるもので、電車の線路の横のビルの広告と同じなんですよ

たまたま線路前にビル持ってる人が小遣い稼ぎでやるもんなわけです。アレをビジネスとは呼べんわけですよ。

 

稼ぎたいのなら「自分のしたいことに他人を巻き込む」ということをしてください

それをYouTube、Twitter、ブログ、どのメディアをメインに展開していくか?なのです。Twitterで稼ぐ!とか言ったってなにすんねんって話ですから。

そういう人は自分の軸がないまま、Twitterでフォロワーを増やす方法!などの商材を買って、中身を劣化コピーするだけの機械になるのです。

 

Twitterで稼いでる人は自分のやりたいことをツイッターを使って表現してるだけです

「Twitterで稼いでる」んじゃないんですよね、Twitterで展開しているだけで。

そういう人はブログでもYouTubeでも稼げるのです。ただ、自分のやりたいこととメディアの相性ってのはありますからそこは注意です。

「○○で稼ぎたい系」の人達はスタートラインにすら立ててない

「○○で稼ぎたい!」というのがいかに寒いかですが、例えば「美容師で稼ぎたい」って言ってるうちは寒いし稼げないです

最初はいいんですけどね。それは職業の選択ですから、まずはやってみるでいいわけです

しかしいつまでも「美容師で稼ぎたい!」では誰も巻き込むことはできません。「美容師として自分はどういうことをしていきたいか?」というのを見つけないといけないわけです

それを美容師として発信、実践していくから巻き込まれる人がでてくるんですよ。

 

自分でビジネスをやっていくのならば、自分の企画、商品、サービスなどが必要です

ここで自分の軸がなければ当然ながら商品などは作れません

だから○○で稼ぎたい系の人達は商品のいらないアドセンスやアフィリエイトに逃げるわけです。クリエイティブから作業へ逃げるわけですね

しかし軸がないからアクセスを集めるための発信にも中身がなく「よく見るもの」を生む出すという作業的なことしかできません。作業で稼げるのは明瞭期くらいのものです

実際、ネットビジネス明瞭期はサイトアフィリエイトが大流行しましたね。ここ数年で完全なトドメを刺された感じで、その後Twitterに流れ着く人が多い感じです。

 

「美容師で稼ぎたい!」と言ってる人も同じです

業界で流行ってることをやるだけの美容師になってしまうわけです。しかもそれは劣化コピーですから大した魅力はありません

クリエイティブさもないので「流行ってること以上」のものは生み出せないのです

流行ってるものを取り入れるのはいいんですが、軸のある人はそれに自分の味を付け足すことができます。ここが美容師で稼ぎたい系の人と自分のしたいことに他人を巻き込む美容師の差なんです。

 

ブログで稼ぎたい、美容師で稼ぎたい、情報発信で稼ぎたい

なんでもいいですが、稼ぎたいならまずは自分の軸、自分のしたいことに他人を巻き込むということを考えましょう

こういったものがないとスタート地点にすら立てていません。がんばってる人、行動してる人でもスタート地点に立てていなければ結果なんて出ませんから。

マラソンでいうとエントリーしていない状態です。エントリーしなきゃ優勝なんて狙えないわけでして。

オリジナリティは「人」にしか付加できない

稼ぎたいのであればなんらかの方法でマネタイズしないといけません

広告収入、アフィリエイト、有料note、コンサルや情報商材などの独自サービス、オンラインサロン

ネット系であればだいたいこれらに落ち着くでしょう。美容師などのリアルビジネスであれば単純にその職業に応じたサービスですね。

 

マネタイズをするために重要なのが「オリジナリティ」です

独自性やブランドとか言われるものですね。似たようなもの、発信なんて他にもありますから、オリジナリティを示さないとあなたから買ってもらうことはできません

しかし○○で稼ごう系の人達がなにをしているかというと、ネット系であればしょうもないプロフィールをどうにかして面白く、凄そうに見せようとしてるだけ。リアルビジネスでは「この商品はすごいんです!」という商品のゴリ押しです。

 

よくよく考えてほしいんですが、プロフィールや商品で差別化するなんて無理なんですよ

日本人であれば同じような人生送ってるし、商品なんて同じようなものは腐るほどあります

よっぽどユニークな人生、松本人志のような変わった人、誰にも真似できないような商品であれば別ですが、そんなことは稀な事例です。

 

しかし稼いでる人達がすべてそういう特殊な人なのかと言うとそうではありません

ここでも「自分のしたいことに他人を巻き込む」というのが効いてくるわけです

ネット系、リアルビジネス問わず、稼いでる人達にはやはりこれがあって、プロフィールがフツーでも商品も他と同じでも売れるのはココが違うからです。

 

「自分のしたいこと」というのはパーソナルなものですし、そこに表現方法も加わってきます。さらに生み出すものにも違いが出てくる

アパレルとかわかりやすいですね

ゾゾタウンを見ればわかりますが、ブランドのなんと多いことか。服なんて「服を作る」という単純なことしてるわけですが「自分の表現したい服」を作るとあんなにもブランドができるのです

これは情報発信、美容師、ブログで稼ぎたいなどでも同じで「自分のしたいことに他人を巻き込む」ことをしていれば他とは差別化されるし、巻き込む人がふえればブランド化していくんです。

「○○で稼ぎたい!」からレベルアップする

「頭で考えたもの」なんてたいして売れないんですよ

良い企画、商品、サービスというのは「自分のしたいことに他人を巻き込む」ということをやってると見えてくるものです

ネットビジネス界隈だと「ブログで稼ぐ方法教えます!」とかよくありますけど、もうそんなもん溢れてるわけでして。売れるか?というと微妙なわけです

実際売れるのは業界の第一人者的なる人の商品なのです。だって結果出してるし、特典とかもあるし。

 

しかし「自分のしたいことに他人を巻き込む、という活動の一環で生まれたブログで稼ぐ方法教えます」なら一定数の人に売れてしまうのです

バズってる人がNoteでマネタイズするのが流行りましたが、あれはそういうことですね

だって中身はフォロワーの増やし方教えますとか、情報発信して稼ぐ方法教えますとかですからね。そんなんネットビジネスが世に出てきた2007年からあるやん。という話です

それでも売れるのは「その人の活動に巻き込まれているから」なんですよ。

 

このブログも中身は、起業の仕方教えますとか、美容室で稼ぐ方法教えますとか、情報発信いいですよとかなわけです

よくあるんですよ(笑)

このブログではまだ月10万程度しか稼げませんが、これがもっと稼げるようになってきた時は「起業の仕方などを知りたい人」ではなく、例えば僕が提唱している「いつでも何かを始めれる状態になろう」というものに賛同した人達がふえたということなんです

起業の仕方などを知りたい人達が集まってるうちはたいして稼げません。だって他にもそんなんあるから人集まらないんですよ

しかし僕のしたいことに他人を巻き込めていれば、人が集まる=稼げるわけです。

 

とはいえ、最初の方は自分になにもないので「〇〇で稼ぎましょう!」って言うしかないんですけどね(苦笑)

はじめってそんなもんです。でもやってるうちに磨かれていって自分のしたいことというのがでてくるもんですし、知識も強化されていきます

最初はショボいことやって、少しづつ結果出て、自分がしたいことに他人を巻き込みだすと一気に結果が出てきます。そして段々プロフィールすごくなっていくという(笑)

そうなると次々とレベルアップしますからブランドもより育つわけです。

 

キメラゴンくんっていうTwitterで有名な元中学生マーケッターがいるんですが、彼の例とかわかりやすいですね

彼は最初の頃「中学生だけどネットで稼ぎます!」から始まったわけです。これ中学生という部分はキャチーさありますけど、ネットで稼ぎましょうって言ってるだけですからね

だから最初にやってたことはダサいことなわけです。でもそんなもん

でも今はもうフツーに起業家なんですよ彼。そこらへんの起業家より起業家っぽい

なんでそうなれたかというといつまでも「〇〇で稼ぎましょう」って言ってなかったからで、自分のしたいことに他人を巻き込むということをしているからです

僕はTwitter見ないんで彼がどうしてるか知りませんでしたが、この記事書くために見てみると単純に「ビジネスって超楽しいよ!」というのを体現してるなって感じました

彼の6万人近くのフォロワーは、自覚のあるなし関係なくそういう部分に惹かれてると思うんですよ。

 

よっぽどの経歴や実力がない限りは「○○で稼ぎましょう!」から始めるしかありません(筋トレとかだとムキムキになりましょうだが)

しかし段々とレベル上げていって「自分のしたいことに他人を巻き込む」という活動にシフトしないといけないわけです

じゃないといつまでたってもやることは「作業」です。ブログ100記事書きます!とかはピントずれてんですよ

発信すれば100記事勝手にこえんだから(苦笑)そこ目指してなんの意味あんの?って話です。

金がほしいだけなら「再現性が高く、稼げる作業」をするべき

「○○で稼ぎたい系の人」に個人的なアドバイスをするなら、お金がほしいだけなのかどうか?を考えたほうが良いということ

その○○がマジでやりたいことならいいんですが、(もしそうならやれば結果出る。だって好きなんだから)お金が動機の場合は結果出ません

ブログで稼ぐ!とかってよく見ますけど、まあ無理ですよ。ブログやりたいやつなんかどこにいるんだって話です

「やりたいことがあってそれをブログにも書きたい」ならわかるけど。実際に「ブログ書くのツラいです・・・」みたいなのよく見るわけです。

 

稼ぎたいだけならもっと簡単な方法ってあるんですよ。「再現性が高く、稼げる作業」をしたほうがいいんです

個性や思いが必要なものは絶対にさけるべきです。モチベーション的にも苦しいし、金がほしいだけで個性や思いなんて持てないからです

ブログで稼ぎます系の人達って情報発信やります!って言いますが、その目的はほとんどがお金だけだと思うんですよね。じゃないとあんな悲惨なブログにならないだろうし(苦笑)Twitterもほぼスパムや自己啓発本を100倍薄めたみたいな内容ですし。

自分のしたいことがなくて、お金だけほしい状態で発信なんかしても人集まってくるわけないんですよ。

 

「再現性が高く、稼げる作業」ってなにか?

今だと「転売」ですね。これは在庫管理と売れる商品がわかれば後は作業ですから。個性や思いもクソもありません

転売と聞くとイメージ悪いですが、あれは買い占めとかのマナー的な問題なので=転売屋はクソというのはちょっと違います

常識を守った転売屋は消費者のためになります。彼らがいないとネットショップも成り立ちませんし、商社もやってることは転売ですからね、海外の商品を日本で売ったりしてるだけですよ。

 

ちなみに転売で個性を出すとするなら「売ってる商品へのこだわり」を語ればよいですね

結果的に特定のジャンルに特化することになります。アンティークショップとかわかりやすい

物販系でも「自分のやりたいことに他人を巻き込む」ことは可能なんですよ。

 

ちょっと前であれば「サイトアフィリ」も再現性が高くて稼げる作業でした

今はもう稼げないと言われてしまってるので、その次の流れとしてTwitterで情報発信で稼ぎます系の人達が出てきたわけで。しかしサイトアフィリは作業ですが、情報発信は全く違うので結果を出せる人って超減りました。昔ってネットビジネスで100万稼ぎました!とかもっといたんですけどね

サイトアフィリで個性を出していくと「ブロガー」というものになることができます

個性を出すためには自分の思いや、やりたいことを出していく必要があるので、これも結局「自分のやりたいことに他人を巻き込む」ことになります。

 

今のビジネスっていうのは「自分のやりたいことに他人を巻き込む」前提でないと上手くいかない時代です

作業からレベルアップして、自分のやりたいことに他人を巻き込む事ができた人が活躍するんです

なのでお金がほしいだけなのか、そうじゃないのかはよく考えたほうがいいですね。お金がほしいだけならその時稼げる作業したほうが良い結果になります

で、また稼げなくなるんでそうなる前に次の作業を見つけると。

スタートの時点から自分や戦略がない人多すぎるんですよ。自分か戦略、どっちかがあれば何をすればいいのか見えてくるんです。

 

お金が自分の人生の軸になってる人って成功できない時代ですよ

自分のやりたいこと、表現したいもの、思いがある人、それにプラスしてビジネス知識がある人から勝っていきます

○○で稼ぎたい!って言ってる人は、自分がちゃんとスタート地点に立ててるか確認するべきです

ぶっちゃけてしまうと、お金のためにそういうことしてる人の成果物を見るのは結構キツイ(苦笑)

ブログとかマジやばくて、くっそつまんねえです。しかし「自分のやりたいことに他人を巻き込む」という視点がある人の生み出したものはやはり目を引くんですよ

僕は美容室経営でお金を追ってしまったので、今は自分がどうありたいのか?にフォーカスしまくってます

お金を追うのは本当につまらない生き方だと思いますよ。まあ僕は、ですけれども。

 

「情報発信で稼いでいきたい」「ブログで情報発信したい」のなら、下記の記事で必要な知識をまとめていますのでぜひ一読を。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける。期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

この記事へのコメントはありません。

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます【平均年収300万以下の秘密】

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. 素晴らしい情報発信者、ブログを探すためのライフハック術

  2. 美容師を続けるか、起業するか、家族経営の会社に転職するか

  3. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  4. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  5. 年収1000万美容師になってもおもしろくなかった話

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP