まだ「ブログはオワコン」とか言ってんの?【ヒント:人生=コンテンツ】

メディア作成

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

最近、アフィリエイトオワコン説がでてきてますが、それに関連してブログオワコン説もでてきています

アフィリエイトのメイン媒体はブログなので、アフィリがオワコンならブログもオワコン扱いされるのは無理もない

これは僕も同意で、アフィリだけとかブログだけで稼ぐというのはもうキツイです

稼ぐ事はできますが、敷居は高くなっててガチ勢しか残れない感じです

そもそもとして、そんなところで勝負しなくてもいいと思うし1つのことやり続けるのって飽きるしわりと危険なので、そこ目指さなくても・・・と思います。

 

と、いうわけで今日はブログは本当にオワコンなのか?というのと、ブログは「稼ぐということ」においてどういう立ち位置なのか?について深掘りしていきます

オワコンとか言われてますけど、自分のビジネスを持つのであればブログはまだまだ重要性の高いものですよ

オワコンと言ってる人は「ブログ=アフィリするもの、稼ぐためのもの」という認識だからです

それは確かにオワコンですが、ブログとはアフィリするための器であったり稼ぐためにやるものではありません

そういうのはブログの表面的な使い方の1つにしかすぎず、ブログの本来の使い道は「情報をアーカイブし、教育と集客を自動で行う装置」を目指すべきです。

稼ぎたいならブログ、SNSなどのメディアは必須

情報発信や起業・副業をするのならメディアの存在って超重要です

僕は美容室やってますが、ネットを使わない店なんて売上全く上がらないわけですよ

開業して1年で潰れる店って結構あるんですが、それはオーナーにネット集客の知識がない場合がほとんどです。

 

メディアがなければ発信できないし、発信できなければ認知もされない

何より問題なのがこちらの発信を受け取ってもらえないと、世界観の共有や教育ができません

世界観の共有ができないとこちらに好意をもってもらえません

美容室でいうと集客ができない、リピート率が激落ちするわけで、そうなると割引で注目を集めるしかないですがそれだとリピートしないのでオワコンになるわけです。

 

そして特に重要なのが「教育という視点」です

これから求められるビジネスは、

・超絶便利
・自分になんらかの変化があるもの
・おもしろいもの(これはビジネスというよりはネット芸人)

超絶便利なものは賢い人や大手が作ってくれるし、管理や開発にコストがかかることが大半なのでここは個人で戦うところではありません

個人の場合は「こいつ(この会社)と関われば自分に何らかの変化がありそうだ」という期待感が絶対に必要です

これからビジネスするのであれば、ここで勝負するべきです

規模関係なくブランドができてる会社や人は必ずこの要素があって、イケハヤさんはイケハヤってブランドができてるわけですよ。

 

インフルエンサーとか特定分野の有名人の情報を受けとってる人って多いと思いますが、それって結局のところ「自分もその人に近づきたい」という思いがあるからです

情報を発信する側としても、自分の情報を受け取ってくれる人にはやはり変化してほしいもの

僕だって美容師嫌いだけど仕事してる時はそうですよ。ブログも集客のためじゃなく、より美しくなるにはどうすればいいか?という視点で書いてます

だから集客のためだけで書いてる人には負けないのです。

 

このどう変化してほしいか?に、こちらの思いや理念や個性がでます

ブログがつまんないとか読んでもらえないって人は、変化してほしいって思いがないんですよ

だから発信が薄っぺらいしつまんなくて集客や収益化できないわけで、理念も個性もないのです

売れないビジネスは発信の考え方がズレてるんですよ。

 

変化っていうのは教育しないとおきません。教育できる人=稼げる人、ビジネスを大きくできる人です

その教育をどこでするか?その場所がメディアなわけです。世界観の共有や教育をするならコンテンツが必要です

コンテンツっていうのは基本は書くか話すか。書いたもの、話したものをどこに置いておくかと言うとメディアしかないわけですよ

ネットがこれほど当たり前になった時代、メディアを使わないという選択肢はありえません。

現代で主流のメディアはSNSとブログ

メディアとは架空の事務所や店舗です。要は基地であり、基地がなければビジネスもクソもありません

ネット上でメディアというとブログ、SNSなどが一般的ですね。どちらが重要か?というと、どっちも重要

発信内容によって向き不向きはありますけど、基本的にはどちらもやっておくべきでしょう

そもそも性質が違います。というわけでメディアの性質の話をします。

ソーシャルネットワークの性質

SNSはTwitterであればTwitterというプラットフォームを借りて、その中で発信するもの

流れが早く、動的なメディアです

そのため教育よりかは認知や人となり、世界観の共有に向いてます

実力がなくても、ある程度のおもしろさや共感力があれば上手くやれる特徴があります。

 

今の時代はどの業界もカリスマ不在の時代といわれますが、世間の感覚がSNSよりになっているからです

芸能人なんかは顕著ですね。いわゆるスターというものがでてこなくなりました

芸よりも近親感、友達感覚という薄っぺらい共感力があれば人気者になれる時代です。

 

もちろん、そーいうのも大事だとは思うけど骨太でプロ感丸出しっていうのが少なくなってしまったのは悲しいことです

飲食店なんかインスタばえ~とかやってるけど、個人的にはハズレな店ばっかりになっちゃったなーと。

エンターテイメントとしてはすげえおもしろいことやってんなあ。って思いますけどね

食とはなんぞや?という深淵に片足突っ込んでる感はないわけで、リピートしないですよねやっぱ。

だから長くは続かないしやってる側もその気もないでしょう。

 

SNSは手軽さがありますが、悪く言えばインスタントなんですよ

インスタントなメディアで本物志向なものだしてもあんま受けないんですよね

なので教育よりかは認知、世界観の共有に向いているわけです

気軽にできますが、人の人生が変わるような発信はSNSではできません。あくまでキッカケです

ブログの性質

ブログはどうかっていうと、Googleというプラットフォームを借りるものです。静的で流れはありません

SNSは路上ライブみたいなもんですが、ブログは場所を借りてちゃんとやる感じと言えばわかりやすいでしょうか?

バズったりとかはしないので認知のされやすさはSNS程ではないにせよ、世界観の共有、人となりを伝える、教育などはとてもしやすいです。

 

情報を整理してブログに置いておけば、どんな活動をしているのか?がすぐにわかります

僕はバイクが好きなんですが、インスタでかっこいいカスタムバイクとか見ると制作したビルダーの情報が知りたくなるわけですよ

そこで店の名前で検索してサイトにアクセスすると店の場所と中古のバイクが載ってるだけで他の情報が全然のってない。ってことがあるんですね

これって非常にもったいないことです。

 

インスタとかツイッターって雑多な情報が多いんで、情報としてはまとまってないんですよね。量も少ないし質も高くない

ブログは情報をまとめておきアーカイブできるんで、活動内容やどんな世界観でやってるのか?人となりが整理された状態でわかるのです

コンテンツ置いておけば教育や世界観の共有もできるわけです。

 

バイク作ってるなら「かっこいいバイクはこういうものだ」と教育すればいいし、カスタムバイクのパーツとか、これまでに制作したバイクや製作工程を記事にしておけばいいんです

俺もここで制作してもらおうかなと思っちゃいますよ

しかしインスタで情報見ても「カッコいいな」までしか思いません。

ビジネスにおけるブログの立ち位置

冒頭で言ったように最近は、ブログがちょっとしたブームになってたり、はたまたブログはオワコンだとか言われたりもしています

しかし繰り返しますが、ブログはオワコンではありません。

 

ブログだけでビジネス回していくのはムリぽですが、情報の倉庫としてブログ以上のものはありません

僕自身、なにかの情報を調べるときはブログに行き着きます

自分の活動やコンテンツをブログにアーカイブしていけば、Googleが人に紹介してくれます

紹介してもらえさえすれば、アーカイブした情報で教育と集客ができてしまうのです。

 

世間で言われている「ブログは稼げるorいやオワコンだ」というブログブームの背景には「稼げるかどうか」という視点のみで語られていて、そこが僕的にちょっとちがうんじゃねえのって感じ

稼げるからという動機だけでブログやっても、稼げないのは当たり前の話です。

 

稼げた人もいますがそれはGoogleの穴をついた、ただのボーナス期間

ブログの本質とは「情報のアーカイブと、教育と集客の装置」です

稼げるかどうかはその後の話で稼ぎたいなら稼げるように、自分の活動やビジネスを作り込みましょう。というだけの話なんです。

 

そーいうことを理解してから。ちゃんとブログを作るべきでしょう

そうじゃないとクソブログになるし、情報発信自体もうまくいきません

ブログを始める動機って、本業のためとかアフィリエイトやアドセンスで稼ぐとか、僕みたいに自分の活動を広めていきたいなどだと思います。

 

このすべてがブログの1つの使い方にしかすぎません

例えばブログアフィリやってる人って「ブログアフィリ」という枠にとらわれすぎです

そこで活動領域が終わっちゃてるからおもしろいコンテンツが作れない=収益の上がらないブログになるんです

「たまたま上手くいってもアフィリ以上のことはできず、業界の衰退と共にポシャる」それが今起こってることですね

で、ブログは稼げなくなったと騒いでいると。稼げなくなったのはそのやり方ですよと言う話です。

 

ブログオワコン説は今言ったように、アフィリエイトやアドセンスで稼ぐためにブログを使うケースです

本業や自分の理念を発信していくのであれば、オワコンどころかまだまだ伸びしろありますよ

てゆうか美容業界で言うと、ここ3年位でやっとブログが当たり前になってきました

ブログの作り込みってめんどくさいので近頃はインスタにいってる人多いけど。ずっと投稿し続けないといけないのによくやるなあ。と思います(笑)

ブログは投稿したら資産になるのがいいですね、僕のブログは6年前に書いた記事でいまだに集客できてます。

 

情報発信するならまだまだブログは使えるし、ネットメインの起業をするならブログから始めるのがセオリーでしょう

コンテンツを作って保管しておく。というのは習慣にしておくべきです

SNSばっかりになるとそういう思考が抜けがちで、使い捨てにしてる人多いです。

人生=コンテンツ

オワコン説とブログの立ち位置を理解したところで、最後にブログの使い方を軽く書いておきます

結論から言うと、これからは自分の人生をコンテンツ化していくのがオススメ

それをSNS、ブログなどのメディアで公開していけばよいわけです

あとはビジネス知識をつけて、収益化し効率を高め、自分のコミュニティを作れば稼ぐことができます。しかも自分の興味や、やりたいことベースなので楽しい

こういうことがわかっていると「ブログでどう稼ぐか?」も見えてきます

ブログの使い方と現代の稼ぎ方

ブログで稼ぐ方法は、

・アフィリエイト、アドセンス
・独自商品、サービス

この2つです

すでに話したとおり、アフィリエイト、アドセンスで稼ぐことだけを目的にするのはオワコンですが、趣味や専門知識をベースにしたブログを作ってアフィリ、アドセンスをするのであればアリです

最大で月20万くらいは目指せるかと思います

ブログで稼ぎたいだけなら、その時間で資金100万くらいでFXとかをやったほうがよっぽどマシです

安全に運用して、月5万くらいまでなら稼げるようになります(負けなければですけど)

 

ただ稼ぎたいだけでアフィリ、アドセンスはなかなか苦行です

多分3ヶ月以上努力できない人がほとんどだし、100時間やって1円みたいな世界です(しかもGoogleの機嫌1つで一瞬で0になるし、将来性も0)

なのでアフィリ、アドセンスで稼ぐ場合はなにかネタがある前提です

そのネタでブログ書いて収益化をすれば、月20万くらい目指すのが現実的。

 

独自商品、サービスというのはなんでもアリです

最近人気なのは有料noteですね、収益性は低いですが手軽に収益化できるので人気です

他にはコンサル、教材、オンラインサロンがよくありますね

収益性も高くオンラインで完結するなら相性も良く、普通に億も目指せます。

 

個人で稼いでいく場合はここで勝負していくことになります

自分の企画を作っていく必要があるので常に努力&挑戦です。魅力的な人間でなければ独自の企画なんて作れません

まさに人生=コンテンツなわけです。色んなことを学んだり、努力するのはコンテンツを作るためでもあるのです

この記事でも書きましたが、自分を要塞化していきましょう。

ありのままでは稼げない

なんとなくわかっていると思いますが、人間的魅力がないと稼ぐことはもう不可能です

テクニックさえあれば稼げた時代もありましたが、それはもう終わってます

それを知らず、テクニック頼りでがんばってる人も多いですけど。

 

SNSやYouTubeで稼ぐ人達がふえてきましたが、彼らはみなおもしろい

ビジネスで成功してる人も能力が高く、魅力的な人ばかり

テクニックではなく、自分がベースにあります。ブログオワコン説に振り回されてるようではいけません。

 

ただの個人ではもう稼げません

以前、アナと雪の女王で「ありのままの」という言葉が流行りましたが、ありのままの人間なんてタダの無能です

今の時代、学ぶことは無料でもできます

学ばない、チャレンジしないのであれば余計なことを考えず、労働したほうが幸せですよ。ただ自由度は低くはなります

自由で主体的な人生を送りたいなら学び、人間力を上げるのは必須ですね

この辺がわからずにブログ記事を一生懸命書いても、人生の自由度は上がってきません。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける
期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

  1. こんばんは。
    SNSが路上ライブ、ブログは場所を借りてやる、はわかりやすいですね。
    ありのままでは稼げない・・・という言葉は厳しい表現ですが、
    それは真実かもしれませんね。学んで人間力を上げる・・・大変です。

    • 齋藤慶太
      • 齋藤慶太
      • 2019.07.25

      正直、ほとんどの人が稼げないんですよね

      稼いでる人、魅力的な人って超努力してるんで同じだけやらないとダメなわけで。

      そこまでやれる人って少ないんですよ。やる意義も感じないでしょうし

      ダラダラ生きたい。っていうのが本音の人はこれからはキツイですね

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. やる気がある美容師とやる気のない美容師を雇う場合の経営戦略の違い

  2. 一個人が独立する時の「目指すべき美容室経営の形」

  3. 「起業するとメンヘラになる説」は本当か?

  4. 起業・副業初心者ほどビジネスを学んで転売から始めるべき理由

  5. 「起業、副業の罠」と「漠然と稼ぎたいなら転売しか可能性ない」って話

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP