美容師を続けるか、起業するか、家族経営の会社に転職するか

読者からの質問

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

・美容師を続けるか
・美容師をやりつつ、副業して別の道へ向かうか
・家族が経営している会社に入るか

先日、この3つの選択肢で悩んでいる方から相談があり、その時の回答をシェアします

相談内容自体は難しいことのないあるあるなもの。だからこそ同じような事で悩んでいる人は多いと思いますから、参考になるんじゃないかなと。

こういうのって実は悩む必要がなくて、どのルートに乗るかはすでに消去法である程度の道筋が決まっています

アシスタントでもない時期に美容師をやめようかと真剣に考えた時点でもう続ける意味はありませんし、やりたいことがある場合や世間一般よりも高い収入がほしいなら転職はありえなくて(給料安いんで)起業という道しか残りません。

 

そしてこういう相談をしてくる人って「ぶっちゃけ働きたくない」だけなんですよ(笑)

やりたいことがあるなら「どうやってそれを実現すればいいですか?」という相談内容になりますからね

本やSNSでいわゆる好きなことで生きていく系の人や、起業して毎日ハッピーです系、ネットビジネスで不労所得です、などの発信を見て自分も憧れているというのがよくある動機なのです

こういった発信をきっかけに自分の現状を見直すことは僕は別に悪いことだとは思いません

人間の動機なんて不順でいいと思うし、キッカケなんてなんだっていいんです

ただ、動機が不順だったり、キッカケが浅いものだとぼんやりと隣の芝の青さに憧れるだけで終わってしまったり、人生が変わらない無意味な行動をしてしまったりします

時間、お金をムダにしたり、メンタル面でも落ちるだけになりやすく、人生を変えるキッカケどころか、なんか微妙な気持ちになるただの毒。モヤモヤして終了みたいな(苦笑)

今回もらったような悩みって、あまり意義のあるものではないんですよ

サクッと自分の中で折り合いをつけて、さっさと次の行動に移すべきなのです。

 

悩むべくもない問題で悩み、何も行動していない人というのは多いと思います

というわけでこの記事を処方箋としてどうぞ

さっさとこのステージを脱していき、わけのわからない自己啓発やオンラインサロンにハマることなく、やるべきことをやっていきましょう。人間の悩みなんてシンプルでパターン的なものですから。

Nさんからの相談内容

まずメールをくれたNさんの相談内容です。

お返事ありがとうございました。早速なんですが相談したい悩みがあります

今のままフリーランス美容師を続けるか、美容師を副業にして別の事をするかで悩んでます

妻の家系で経営してる会社に転職(知識ゼロスタートで次の社長候補)しないか?という話もきていますが、妻的にはやりたくないならやらなくてもよいと、どっちでもいいという感じです。

 

私の現状ですが、

妻は遺産相続して会社を継ぎ、不労所得で時間にもゆとりがあり子育て中

私自身は美容師でバリバリ働いていましたが、妻の希望で家の近くの美容室に3ヶ月前に転職

子育て優先で、仕事はパートタイムに変更し、指名9割フリー1割でしたが、今は新規か指名なしの顧客をこなす毎日
になり、変な客も多くストレスMAXです・・・(以前の美容室は遠かったため、わざわざ来てくださるお客様は1割程度)

 

理想は自分が働いていない間もお金が生まれる状態です

その為なら美容師の仕事に執着はしていません。ネットビジネスに興味があり色々調べているところです

自分が働かないとお金が生まれない仕事に将来性を感じなくなっています(美容師もそんな長くできるとは思えません)

美容師の仕事も技術は好きですが、接客は好きでもなく・・・。

 

人を雇って美容室の経営者になることも考えましたが、そこに対するモチベーションも湧きません

家族といる時間を大事にしたいと思うので、仕事の時間を減らしつつ、そこそこの収入が得られる仕事ってあると思うんです(30万から40万ほど稼げればいいなと)

今はネットビジネスを勉強して成功させたいというモチベーションの方があります

しかし具体的に何をするかは検討段階です

妻は稼いでいますし、私の転職に否定的ではありませんので、いろいろ冒険出来ると思ってますが、まだまだ情報、知識不足です。

 

長々とすみません

これらを客観的に見て、今後の私の方向性について齋藤さんからの助言を頂けたら幸いです

多分美容師はずっとは続ける気がないんだと自分で思ってます

「今やめたらもったいないかな」くらいの気持ちです。

というのが頂いたメールでした

【Nさんの悩み】
1:妻の家系の会社に社長候補で転職するか
2:このまま美容師を続けるか
3:美容師を副業にして何かするか(起業)

【Nさんの現状】
・妻が会社を継ぎ、不労所得。子供あり
・近所の大衆美容室に3か月前から入社。パートで奥さんのサポート的働き方へ
・美容師を続けたいわけではない
・肉体労働、時間労働のビジネスモデルに魅力を感じなくなってきた
・自分が働いていない状態でも収益がある状態にしたい

まとめるとこうですが、なかなか羨ましい状況でちょっと贅沢です(笑)

奥さんを見て「羨ましいなあ。自分も不労になりたい」という状況なのかな?と思えますね

メールの印象、悩みの質からの判断ですが、ビジネス知識やネットビジネスの知識はほぼない起業・副業・ビジネス初心者ではないかと。

(まあだからこそ、こうやって僕にメールをくれているとわけですが。初心者じゃないなら自分で解決しちゃいますし)

他人をアテにする戦略はとってはいけない

まず本題へ行く前に僕が気になったのがこの部分

妻は稼いでいますし、私の転職に否定的ではありませんので、いろいろ冒険出来ると思ってますが、まだまだ情報、知識不足です。

奥さんが稼いでいる、転職や起業に否定的でないのは非常に状況として有利ですが、これに乗っかるのは賢いとはいえません

理由としては3つあります

1:単純に離婚・死別の可能性は常に存在していること
2:起業するなら成功までに3~5年はかかる
3:女は自立していない男は本能的に嫌いである

1は説明の必要はありませんね

2と3はリンクしていることでもありますが、美容師を続ける選択、奥さんの会社に転職する場合は関係ありませんが、起業するルートの場合それなりに稼ぐまでに時間がかかります

その間は金銭的な負担を奥さんにしてもらうわけですが、相手が稼いでるからそれがオッケーとはなりません

仮に奥さんが「いいよ」と言ってくれてもアテにしてはいけなくて、大の大人であるならばお金は稼いでなくてはいけないんですよ

稼いでない時期に死別・離婚したらどうすんだ。ですし、そもそも女は本能的に自立していない男に魅力は感じませんから仲が悪くなります

オスは肉とってきてナンボなのです。こちらとしても気を使いますしね。

 

家庭内で不和があるとメンタル持っていかれて終わるので、自立した状態で自分の身の振り方を決めていかなければいけません

「会社をやめて1発あてる」的なるものはバカや独身若者のすることですから、通常はセーフティを確保して物事を進めていくべきです

男はどうもギャンブルしようとする癖があるなと、色んな人見てて思います。美容室経営でもギャンブルしちゃう人いますから気をつけましょう。

Nさんの悩みへの回答

では僕がどのように回答したかです

【Nさんの悩み】
1:妻の家系の会社に社長候補で転職するか
2:このまま美容師を続けるか
3:美容師を副業にして何かするか(起業)

Nさんの悩みの悩みはこの3つでした

これをベースにNさんの状況を加えて考えていけば自ずと答えがでてきます。

1:妻の家系の会社に社長候補で転職するか

まずこの案ですが、僕なら速攻で却下ですね

Nさんは別にこの会社に入りたいわけではないし現状的に入っても同じことです。職種が変わるだけで悩みは変わりません

そもそも他人の会社で社長になるなら自分で美容室経営やればいいじゃんって話なんですよ

たまたま転がり込んできた話だからなんか良さそうに感じてるだけで、身内の会社に入ればそれはそれでめんどくさいこともありますし、Nさんの悩みが解決するわけでもないのであればナシでしょう

時期社長候補というのも怪しいもので、社長にいつなれるのか?という問題もあります

もしかしたらなれないかもですし、社長になるのが目的で入るなら、俺の人生なんだったんだということになりかねません

そもそもその会社に未来があるのかどうかも考えなければいけませんよね

その会社の詳細な情報があればもっと詰めて考えれますが、メールの内容からではこういう判断になります。

 

しかしNさんが、

・今後も美容師を続ける気がしない
・自分で起業しない

のであれば会社次第ではアリな選択肢かもしれません。現状のNさんの悩みは解決しないけど「今よりはマシになるかもしれない」という意味で。

まあ僕なら選ばないけど。身内の会社は余計なしがらみがあるものでめんどくさいです。業務以外のめんどうなことは避けるのがセオリーです

だって離婚したらずっとすげー気まずいじゃないですか(苦笑)

そもそも離婚ってその人との関係をナシにしたいから選ぶ選択肢なわけで。

2:このまま美容師を続けるか

すでに気持ちが萎えてるので難しいと思います

美容師になってすぐそう思うのならまあちょっと待て。って話ですが、いい年こいたおっさんがそう思いだしたら潮時でしょ。僕もそうなんで(笑)

美容師が好きならば、

・妻の希望で家の近くの美容室に店を変える
・子育て優先でパートタイム

という行動はしないですからね。これを受け入れる時点でNさんの中での美容師の優先度は超低いのです。もう気持ちは降りちゃってる状態

あとは単純にあまり働くこと(飯を食うために金を稼ぐこと)に意欲がないタイプなのかもしれません

以上のように考えれるので、この選択肢も第一候補にはなりませんね。

3:美容師を副業にして何かするか(起業)

これってちょっと意味不明な選択肢なんですよね

美容師って副業でやれるものではありません。本業が美容師でなにかを副業でするってのはできますけど。

もし意味的に「美容師をやりつつ、副業してそれを本業にしていく」というのであれば「いいんじゃないでしょうか」と思います

まあ何やるのか問題と、それをやるだけの実力はあるのか問題がでてきますが、それは次の話ですからここでは考慮しなくていいでしょう

やると決めたら準備してやればいいのです

しかしメールの内容的に特にやりたいこともないようなので、積極的にこの選択肢を選ぶのも夢物語な気もします。

ビジネス知識がないのに悩んでもロクな選択肢はでてこない問題

おや、すべての選択肢が微妙な結果になってしまいましたね

でも出てきた選択肢ってそんなもんです。ビジネス知識がないと意義のある悩みってできないもんです

ビジネスの知識って実は金を稼ぐための知識じゃなくて、問題を解決するための知識ですから人生の教養なんですよ。

 

話を戻して、すべての選択肢が微妙で決めきれないという事態になってしまったので、Nさんの現状を見直してみましょう

すると自ずとやるべきことが見えてきます

【Nさんの現状】
・妻が会社を継ぎ、不労所得。子供あり
・近所の大衆美容室に3か月前から入社。パートで奥さんのサポート的働き方へ
・美容師を続けたいわけではない
・肉体労働、時間労働のビジネスモデルに魅力を感じなくなってきた
・自分が働いていない状態でも収益がある状態にしたい

現状はこうでしたが、重要なのは以下の部分

・美容師を続けたいわけではない
・肉体労働、時間労働のビジネスモデルに魅力を感じなくなってきた
・自分が働いていない状態でも収益がある状態にしたい

これってまとめちゃうと「美容師やめて肉体、時間労働ではないビジネスモデルがほしい」ということです

こんなもん起業する以外にありません。というわけで起業は絶対条件です

Nさんはメールでネットビジネスに興味があると言っていましたがネットを使ったビジネスは超絶にコスパがいいし、そこに行き着くのも当たり前と言えますね

ただ、ネットビジネスって本質が語れることなく、お花畑的に語られてるので中身なく憧れてるのが今なわけです

そもそも「肉体、時間労働ではないビジネスモデル」ってネット以外でもあります。社長になって社員を働かせればそうなりますから。

 

Nさんが解くべき問題は「どうやって起業し、肉体・時間労働ビジネスから脱出するか」ということです

なのでNさんの前に並べられる選択肢は、

1:妻の家系の会社に社長候補で転職するか
2:このまま美容師を続けるか
3:美容師を副業にして何かするか(起業)

こうではなく、

1:妻の家系の会社で社長になって人を使って稼ぐ
2:美容室を経営する
3:ネットメインのビジネスで起業する

この3つになります。こうやってふわふわしたものを現実的に考えることができるのもビジネス知識ゆえなわけ

現実が変わらない人ってビジネス知識がないんですよね

ちなみにこの選択肢、すべてビジネス知識が必要でそれなりに難易度があるのはいうまでもありません。なのでビジネス知識がないのであればそこからですし、5年スパンで考えていくことになります。

「自分が働いていない状態でも収益がある状態になれるビジネスモデル」

とはいえ「1:妻の家系の会社で社長になって人を使って稼ぐ」は先ほど考えたとおり微妙ですし、「2:美容室を経営する」も美容師に気持ちがないのであればナシ

ということでNさんも考えてる通り「3:ネットメインのビジネスで起業する」という方向になってしまいます

というわけでこの選択肢についてちょっと考えてみましょう

Nさんは「自分が働いていない状態でも収益がある状態」になりたいわけですからネットでビジネスを作ると言ってもこれに当てはまるようにしなければいけません

一口にネットビジネスといっても色んなやり方はあるわけで。

 

「自分が働いていない状態でも収益がある状態になれるビジネスモデル」とはなにか?

これは、

・時間単価が高い仕事
・自分以外の労働力を使う
・コピーしてもコストが低いものを売る

のどれか、または組み合わせができるビジネスモデルです

ネットビジネスが不労所得的に言われるのってこれが構築しやすいからです。

 

現実的かはおいておいて1件あたりの報酬が1000万なら年に一度仕事すればよくなります。これが時間単価が高い仕事

自分以外の労働力とはポピュラーなのが雇用です。あとはネットでツールを使うという手もあります

コピーしてもコストが低いものの代表例は例えば「音楽」とか。一度歌ってしまえばあとは無限にコピーして売れます

情報商材もこれに該当しますね。

 

ネットビジネスでこの条件を満たすのは「コンテンツビジネス」のみです

YouTuberなんか動画をアップし続けるという肉体労働ですし、アフィリエイトやアドセンスなんぞもはや稼げませんし、記事を量産しまくる必要があります

これも肉体労働で時間効率低いですし、そもそもビジネスとして脆すぎるのでこれらは一瞬で稼げなくなるモデルです

YouTuberなんてキャラクタービジネス的な要素も強いですから、なろうと思ってなれないし(苦笑)

【参考記事】

「3:ネットメインのビジネスで起業する」問題点

もし、Nさんがなんらかの専門分野、得意なこと、好きなこと、発信していきたいことがあるのであればコンテンツビジネスがもっともオススメな選択肢となります

例えば筋トレのコンテンツビジネスやってる人もいますし、ヨガ、ギター、料理、投資、哲学、僕みたいにビジネス、情報発信を教えるなどをやってる人達がいますね

しかし、「人を引きつけるコンテンツを作る能力が必要」という問題があります

実力があり、ユニークな人間でないとコンテンツビジネスで稼ぐことは不可能なんですよ

なのでコンテンツビジネスをやっていきのであれば「ビジネスを学び、発信したいテーマの専門知識があり、ユニークな人間になる」必要があります

楽しいですが、起業クラスまで稼ぐのは時間と努力がいりますので、Nさんからすると遠く果てしない道に感じるかもしれません

でも理詰めで考えるとこうなるんだから仕方ないんですよ(笑)

楽に「自分が働いていない状態でも収益がある状態になれるビジネスモデル」なんて手に入れられるわけないじゃないですか。

【参考記事】

僕がNさんならどうするか?

あまりにも理不尽な結論が出てしまいましたのでもう少し現実的にしたいなと思います

現実的に、というか現実にできるレベルにアクションプランを考えていきます

もし、今の僕が僕がNさんの立場になったらどうするか?

1:「今後も美容師を続けるのがイヤ」もしくは「コンテンツビジネスしない」のであれば、奥さんの会社で社長になる
2:「会社に入らない」「コンテンツビジネスやらない」なら1人美容室で年収1000万になる
3:「会社入らない」「美容室もやらない」ならコンテンツビジネスで起業する

考えられるのはこの3択。僕であれば第一候補が3で、2は妥協案ですね

2の美容室で年収1000万を狙うのが最も簡単ですから3がムリ、もしくは思ったよりもコンテンツビジネスに興味ないのであればこちらを選択します

(すでに美容師なわけだし。まあ嫌な美容師を一生やることにはなりますが、年収1000万の美容師であれば仕事の負担もマシな方です。年収も平均より3倍近くはあるし、諦めはつくんじゃないでしょうか)

年収1000万美容師になる方法はこちらでまとめていますので、この通りにやれば1~2年でなれます

コンテンツビジネスをやるならどうするか?

「自分が働いていない状態でも収益がある状態になれるビジネスモデル」がNさんの理想なわけですから、これを叶えるにはコンテンツビジネスしかないとは再三言ってる通り

まあ実際にはまったくの不労所得なんてムリなんで働く必要はあるんですが、労力のわりには儲かる仕事ってことですね

僕がNさんであればどうやってコンテンツビジネスをやるか?

発信したいテーマ、ビジネス知識、情報発信の知識、文章力などのスキルがあればすぐに発信をはじめればいいんですが、Nさんにはメールの文面だとそういったものがないと思えたので全くの素人なわけです

全くの素人がコンテンツビジネスで成功するのは気の長い話になりますので、Nさんの状況的に挫折しちゃうでしょう

というわけで「美容師がやめれて、労力の割には儲かって、コンテンツビジネス化できて、全くの素人でも再現性が高い道筋」を考えるとこうなります。

 

美容師を続けつつ、ビジネスと転売をゴリゴリ学び、転売を副業にして月収15~30万くらいになったら美容師やめて転売で起業し、月収100万くらいを目指す

その後は転売のやり方を情報発信して、コンテンツビジネス化して転売と2本柱で稼ぐ

 

これを今後5年ほどの目標にしますね

それ以降はその時の自分の気持ちがわからないので、未来の自分に丸投げです

Nさんの現状でなおかつ美容室をやらない選択肢なら僕ならこうです

転売も1人で成功するのは無理なので(ビジネス知識とノウハウがいります。お金出して習わないとムリ)具体的な手順は以下に。

 

1:次世代起業家セミナーに登録する(無料)

2:次世代起業家セミナーから次世代起業家・経営者アカデミーに入学する(有料で、学びきるのにそれなりに時間いります。正念場)

3:次世代起業家・経営者アカデミーで転売コンサルを受ける(アカデミー入学の特典なので無料)

4:美容師やりながらアカデミーでビジネス知識、転売を学び、実践し副業月収15~30万くらいをまずは目指す(ここまで早くて1年くらいで到達。遅いと2年)

5:15~30万になったら美容師やめて転売で月収100万目指す(3年後までにはこの状態を目指したい)

6:転売のやり方をコンテンツビジネスで教えるorコンテンツビジネスが肌に合わないなら転売を更に強化し、転売の会社を本気でやる(5年後までにはここ)

7:後は未来の自分に任せましょう。その時点で実力とビジネス知識とお金と時間があるのでやる気次第でなんだってできるはず

となります。

 

もし「転売やるのはイヤだけどコンテンツビジネスやりたい!」というワガママな事を言うのなら、

こちらの記事にまとめてあることをやっていくしかありません。

 

と、このような内容をNさんにアドバイスしました

同じような悩みを持つ人は多いのでぜひ参考に。すげえ大変そうだと感じたと思いますけど大変ですよ(笑)

でもやらんとなにも変わらんのです。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける。期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

この記事へのコメントはありません。

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. 悩んだらこのままやればOKな美容室開業マニュアル

  2. 稼ぎたいけど自己投資するお金がありません問題

  3. 情報発信童貞に必要なのは教材ではなく「ビジネス知識とマインドセット」

  4. 素晴らしい情報発信者、ブログを探すためのライフハック術

  5. 美容師を続けるか、起業するか、家族経営の会社に転職するか

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP