素晴らしい情報発信者、ブログを探すためのライフハック術

読者からの質問

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

先日、このような相談をもらいました

美容師をしながら副業を。と考えてブログを作りましたが、これからどういう構成にしようか迷っています

難しい所もありましたが、斉藤さんがオススメする無料で受けれるセミナーは全部見ましたが、ブログへのアイディアは出ず・・・。

斉藤さんが言われる通りにまずは色々なブログを見たいと考えていて、実際に探しているのですがデザインも記事も斉藤さんのお言葉を借りるならクソブログだなーって思うものが結構ある気がします(笑)

参考になるようなブログってどう検索したら出てくるのでしょうか?

時間があれば教えて欲しく、メールさせていただきました!

「ブログをやろうと思ってるが、参考になるようなブログがなかなか見つからない。その解決策は?」

ということですね。これはリサーチのフェーズでの悩みといえます。

 

ブログをやるのならば下準備であるリサーチが必要になるわけですが、下記の記事でも書いてある通り、ニーズやライバルのチェックというのはいりません

「シンプルにおもしろいと思うブログをたくさん見ろ」というのが僕の主張ですが、そもそもとしておもしろいブログを知らない、見つからないという問題があります

正直な所、これへの答えは「もっとちゃんとネットをやれ」の一言につきます

ただ情報を流し見したり、バズってる記事を見るだけではネットリテラシーというものは身につかず。

ちゃんとコンテンツに向き合うとか、本気で情報を探しに行くということをやってれば、自ずと良い情報にたどりつけるようになるものなんですよ

まあこういうのもインフルエンサーやスマホアプリのインスタントさ、大衆化が原因なわけで、本質的な解決策は「賢くなりましょう」というジジイの説教になるわけです(苦笑)

しかしジジイの説教をしても仕方ありませんので、この記事ではそんな悩みを解決する、ちょっとしたハウツーを。

情報発信をするにあたっての「大前提」

ブログを運営するのならば先程の通り、「良いブログをどれだけ数多く知っているか?」ということがキモであり原点になります

しょーもないブログになっちゃう理由として、

・単純に発信しているテーマの知識が浅い
・文章力、コンテンツ力がない
・WordPressの知識がない
・ビジネス知識がない

などがありますが、こういったものは「良いブログを知っている」ことが前提の話であり、知らないのにこれらの問題を解決してもいつまでたってもクソブログのままです

カッコよさ、発信者への信頼感、記事を読みたくなる気持ち、見やすさ、ワクワク感、期待感というのは良いブログの絶対条件ですが、こういった感覚は良いブログを知って体感しておかないとなかなかわかるものではありません

体感がないのに知識だけでブログを作ってもダメなのです

これに加えて、ブログを運営するっていうのは情報発信の1つの形にしかすぎませんから、「良い情報発信者をどれだけ知っているか」というのも重要です

良いブログだから収益化できているとは限りませんし、時代や発信テーマで相性の良いメディアも変わるので、そもそも良い発信とはどんなものか?というのも肌感覚で理解しておく必要があります。

 

要はブログを運営していくのなら、

・良いブログをどれだけ知っているか
・良い情報発信者をどれだけ知っているか

この2つが前提であり、これを体感的に理解していることはもはや前提なわけです

こういったことを体感として理解できていないのに情報発信をやるというのは、厳しいというかムリと思ったほうが良いですね

これはスマホでダラダラとネットをしているだけでは身につかないことです

インフルエンサーに乗せられて情報発信をはじめて全く結果が出ない人というのは、ビジネス知識や発信したいテーマに関する知識がゼロに近いということも理由としてありますが、それ以上に「良いブログ、発信者を知らない」というのが大きいんですよ

こういった前提を理解していくとブログで情報発信していくのなら、良いブログや発信者を知っておくべき理由がわかるかと。

良いブログ、発信者の見つけ方

では良いブログ、発信者をどうやって見つけるのか?ですが、これは特に変わったことはなく一般的なことしかしません

一般的なことなので、こういったことができないという人は基礎が全くできていないということです

ネットリテラシーや情報収集力が極端に低いと思ったほうがよくて、情報発信をしていくのにそれでは致命的というか論外なのは言うまでもなく。

スマホでしかネットをしない人は例外なくリテラシーが低いので、ハウツーとしてはまずパソコンを使うようにしましょう

スマホは外出先でスキマ時間にちょっとしたチェックをする時くらいに使うものです

情報の処理のしやすさ、効率のよさはスマホとパソコンでは段違いですからね。

 

【良いブログや発信者を見つける時に使うもの】
・検索エンジン
・SNS
・業界のトップ、その界隈
・人に聞く
・本、雑誌

このようにやることは王道でして、これらを使って探します。

検索エンジン

傾向として最近ではあまり使われなくなっているようですが(特に若年層で)、僕が最もよく使うのが検索エンジン

グーグルはネットの情報をすべてアーカイブする気満々ですから、情報収集の原点といえばやはりこれでしょう

特にブログやホームページなどのSNS的でないメディアを見つけるのに特化していますね

しかし、情報量が多すぎる&グーグルの人工知能は意外とアホなので個人のメディアというのがやや見つけにくい部分があります

なのでボクシングで言うところのジャブ的な立場と思ってもらえればと。

 

とりあえず知りたいテーマのキーワードを打ち込んでみて、上から見ていきましょう

3ページほど見れば十分で、それで良さげなものが出てこない場合はキーワードを変えて再検索します。それを繰り返すだけ

例えばあなたが美容師で独立開業したいとすると、その場合は「美容師 独立」とか「美容師 開業」「美容室 開業」などのキーワードで検索をしてみるわけです

趣味系のキーワードとか超オススメですよ。あなたが好きなものをテーマにしたブログや発信者を調べてみましょう

良いブログや発信者にテーマは関係ありません。ただ良いと思えるものを探せばいいだけです。

 

キーワードをどう入れるかで検索結果が変わるので、検索エンジンを使う場合のリサーチではキモになってきます

情報収集力が低い人はこのキーワードのセンスがありません。なんでそんなキーワードいれるん?ってものを入れてしまいがち

キーワードのセンスはネットにいかに触れるかで養われていきますので、できる限りネットにふれるようにしておきましょう

SNSばっかりやってるとこのキーワードのセンスは身につきません。

SNS

検索エンジンで探したら次はSNSでも検索をしてみます

検索エンジンでは出てこない場合もありますし、最近は個人が使えるメディアも動画・音声配信サービス、SNS、note、ブログと色々ありますから検索エンジンだけでは追いきれません

ここでは良いアカウント(発信者)を見つけます。プロフィールから良いブログなどが見つかることも。

 

言い忘れてましたが、良いブログや発信者の定義は「自分が良いと思うもの」で構いません

デザインや収益化の構造がしっかりしてる、実績があるかどうか、などなど色んな要素はありますが、そういうのはひとまず無視してよいです

「誰かがが良いと思うもの」というものは、だいたいそのへんも上手くできているものですからね

SNSの場合は感覚的に良いと思えるアカウント(発信者)が見つかればokです。

 

良いアカウントを探す方法は「あなたが興味のあるテーマで有名っぽい人を数人」を探すのがオススメです

これも検索エンジンの時と同じく趣味系のアカウントでもなんでもいいです(むしろビジネス系は気持ち悪いアカウントが多いので、趣味系アカウントをススメます)

有名なんだからテキトーに検索かければ出てきますから特に難しいことはありません

基本的にトップ数人以外は無視してください。SNSは有象無象が多すぎなんで、トップ以外の良いアカウントを探すのは大変だからです

たまたま出てきたアカウントで良さげならチェックするくらいで。

トップのアカウントが見つかればツイート内容を見て、自分的に良いと思えるか感覚的でいいので判断しましょう

良さげだなと思ったらプロフィールを見て他のメディアも見てみます。ブログをやっている人なら良いアカウントだと思ったわけですから、良いブログである可能性もありますよね。

業界のトップ、その界隈

アングラすぎないテーマ、あまりにも趣味的なテーマでない限りはだいたいビジネスが展開されています

ビジネスが展開されている場合はトップの人がすでに有名な事が多く、検索エンジンでもSNSでも簡単に見つかりますので指名検索し、その人をストーキングしましょう

するとその人と交流のある人や、その人から学びを得た人というのがわかるので、そこを攻めるのも非常に有効です

これは僕もよくやることで、他人の人脈の輪に乗っていく方法ですね。

人に聞く

もはや王道すぎて言うまでもないですが一応。クレクレ君になってしまう危険もありますが、そうでないのであればこれも非常に有効な方法になります

知ってそうな人に聞くというのが一番てっとり早くはあります。ただ紹介された人が自分の好みに合うかは別ですけども。

今回メールをくれた方も「僕に聞く」という手段をとっているわけです。

本、雑誌

有名な人であれば本を出していることもあるので、本屋に行ってみるのも有効です。あるいは雑誌なども見てみましょう

最近だとライターなんかも結構出てくるので、気になるライターなどを見つけて、指名検索したり。

リアルな本、雑誌だけでなくwebマガジンや電子書籍などもチェックしてみましょう。

テーマを限定する必要はない

今回のような「ブログをやろうと思ってるが、参考になるようなブログがなかなか見つからない。その解決策は?」という相談をしてくる人って副業・起業・稼ぐ・ビジネス系に拘る人が多いんですが、そんな必要は全くありません

というか、そんなジャンルから探すから見つからんとも言えます。副業・起業・稼ぐ・ビジネス系って魑魅魍魎の巣窟なんで(苦笑)

むしろ趣味で発信してる人の方が収益化の構造はできていないことがほとんどですが、良いメディアの使い方や発信ができているケースが多いですね

ですので全く良いブログや発信者を知らないというのであれば、自分が好きなテーマから探すことをオススメします

そういったものがない場合、自分がこれからやろうとしているジャンルから探すしかありません(副業でブログやりたいなら副業ブログをテーマに発信してる人を探す)

 

ブログをやるからといってブログを探さないといけないってこともありません

別に動画でも音声でもメルマガでもオンラインサロンでもなんでもいいんですよ

「良い発信とはどんなものか?」というのが肌感覚でわかれば、あとは具体化して自分が使うメディアに当てはめていくだけのことです。

とにかくパソコンでネットに浸かる

このような感じで情報収集してもらえばアタリはつけれるかと思います。ぜひ参考に。

「ネットでの情報収集力」というのは、結局のところ「いかに人生をネットに費やしているか?」がすべてなんですよね

ネットにどれだけ慣れているか?というのが基礎になってくるんです。なのでもらった相談への最も誠実な回答は「とにかくネットやれ」になりますね

あやしいサイトを余裕で徘徊できるようになったり、ウイルス感染してからがスタート地点なんですよ(笑)

情報発信をやっていくのであれば、情報収集力や肌感覚でおもしろいコンテンツやメディアがわからないというのは致命的ですから、ネットオタクになりましょう

ブログでもメルマガでもYouTubeでも、それを運営していて快感になるレベルでないと話にならないですよ

ブログをやっていて全くビジネスが育たない人っていうのはブログを嫌々やってるんですよね。それではムリでしょうと。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける
期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

この記事へのコメントはありません。

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. 悩んだらこのままやればOKな美容室開業マニュアル

  2. 稼ぎたいけど自己投資するお金がありません問題

  3. 情報発信童貞に必要なのは教材ではなく「ビジネス知識とマインドセット」

  4. 素晴らしい情報発信者、ブログを探すためのライフハック術

  5. 美容師を続けるか、起業するか、家族経営の会社に転職するか

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP