メディア作成

「共感と教育」でファンをつかめ!人気ブログになるための記事の書き方解体新書

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

美容師引退を目指しながら「いつでも何かを始められる状態になろうぜ」をコンセプトに、生き方や起業についての情報発信をしています。プロフィールはこちら。

 

以前書いたこの記事で、実践型コンテンツとノウハウ型コンテンツという話をしたのを覚えていますか?

今日はこれについて詳しく話そうと思います。

 

ブログというものは当たり前ですが、記事内容が命です

集客できるかどうか?ファンができるか?

これはすべて、記事の内容にかかっています。

 

ブログデザインがダサくても、記事が見やすく整えられてなくても、seo対策がからっきしでも、記事内容が良いだけでファンを作ることは可能です(効率はすげぇ悪くなりますが)

ファンがいれば売上を出すことは可能になりますから、記事内容がいかにブログの命運を握っているかという話です。

 

今日は実践型コンテンツ、ノウハウ型コンテンツとは一体どういうものか?

平たく言えば、ブログってどんな記事書いたらええねん?というのが丸わかり

ブログが書けない、アクセスが来ない、読まれない、ファンができない、もう挫折寸前などという、ブログチェリーボーイ達の一筋の光となる事は間違いのない記事です。

実践型コンテンツとノウハウ型コンテンツとは?

これは前の記事でも書いたのでおさらいとなりますが、あの時の感動が蘇るようにプラスして補足も付け加えておきます

ブログの記事には大まかに分けると2種類あり、

・実践したこと、体験した事を書いた記事(実践型)
・自分の知識、ノウハウ、考えを書いた記事(ノウハウ型)

この2つになります。

 

そして、これらの記事にあるスパイスを加えます

実践型記事には共感を、ノウハウ型には教育を。

これらを加えることによって記事内容に個性と深みができ、ファン化を促すことが可能です。

 

共感を表現したい場合は、主にエピソード(体験、物語形式)やその時の感情を出すと良いです

他人の体験や人生を覗くのは誰でも興味があることですし、物語形式ものは読まれやすいと言われています

エピソードに加えて、感情を出すことによって「わかるわかる」と共感してもらう事ができます

実践型記事を書く場合は、これらを意識するとよいでしょう。

 

次に「教育」ですが共感と比べると抽象度があがります。共感は割と具体的なもので表現できますからね

個人的には「教育」が重要だと思っています。

 

なぜならファンを作るということは、その時点でリーダーです

リーダーなんだから提示した理想の世界へ向かうために、みんなをリードしなければいけません

リード=教育です。

 

共感や体験談は参考になったりエンタメ性は高いので表面的な面白さはあるのですが、他人の人生を変えるパワーはあまりないです

教育の方が深みや個性、他人の人生を変えるパワーがありますので、よりファン度の高いファンができます。

 

ここまでをまとめると書くべき記事とは、

・共感できる実践型記事
・教育的視点のあるノウハウ型記事

この2つということです

で、さらにさらにスパイスを加えましょう。

 

最後に加えるスパイスは「おもしろさ」です

・共感できる実践型記事
・教育的視点のあるノウハウ型記事

この時点でそこらのブログよりよっぽどオモシロイのは間違いないのですが、まだおもしろくできます。

 

おもしろさというものは構成する要素があります。その要素とは、

・「自分の常識や価値観と同じ」
・「自分の常識や価値観と違う」

このどちらかの要素があればおもしろい、もしくは興味深いと感じやすくなります。

 

常識や価値観と書きましたが正確には「パラダイム」といいます。時代のものの見方、考えを支配する認識の仕方のことですね

パラダイムが同じか、パラダイムが違うと人はおもしろく感じます。

 

まあ簡単なことですよね

価値観が同じ人と話すと話しが合うし、価値観が違う人と話すと興味深いですよね

(価値観が違うとケンカになる場合もあるけど、その場合はさっさと離れれば良い)

 

ここまで読んだら「そうか!」と思いついてほしいのですが、ファン化させるためには読者にパラダイムシフトをおこさなければいけません

自分の書いた文章を通して、価値観を変えてもらうということです。

 

「ファンになる」とはパラダイムシフトが起きるからファンになるのです

共感だけではファンにまではならないんですね

あの人、おもしろいなあ。くらいまでで一緒に理想世界に行こうとしてくれません

僕が言うファンとは仲間と同義です。仲間になってもらうには教育が必要です。

 

教育というのは必ず「何かを教える」必要はなくて、パラダイムシフトを起こしてもらえば良いのです

みんな教育と聞くとノウハウばっかり書くんですが、ノウハウなんてググれば出るんですよね(苦笑)

 

この人と一緒に歩んでいきたい。と思ってもらわないと。これ、別にノウハウいりませんよね

まあ教えるんですけど、重要でないのです。ノウハウなんか紙ペラ一枚みせりゃ終わりっしょ(笑)

紙ペラ一枚見せて、ファン化なんかするわけねーんですよ。

 

先程、共感よりも教育のほうが重要といった意味がおわかりいただけたでしょうか?

では実践型記事とノウハウ型記事の概要は説明したので、ここからはより詳しくそれぞれを解説していきます

実践型記事についてより詳しく解説

では実践型記事をもうすこし深掘りしていきましょう

実践型記事とは、

・実践したこと、体験した事を書いた記事
・エピソード、体験、物語形式
・共感を得やすい
・表面的なおもしろさ、エンタメ性がある
・具体的な内容になりやすい

こんな特徴をもっているのは、先程説明しましたね

それぞれ補足してきます

実践したこと、体験した事を書いた記事

記事の内容はそのまんまで、やってきたことや体験したことを書くことになります

例えば、「クソデブが1ヶ月で10キロ痩せた奇跡の軌跡」「マカオでカジオしたらケツ毛が綺麗になくなった件」「ヤンキー漫画御用達、80年代バイクを買ってみた!」などは実践型記事になります

このブログも「美容室経営の体験」「今まで学んできたこと」「ブログでアフィリして成功するまでの実践記録」などがベースになっていますよね。

 

実践、体験したことを書くのは非常に楽です。記事ネタにするのが容易ですね

自己開示にもなるので記事内容が面白ければ、とりあえずは読んでもらえる可能性はあがります

読者に同じ分野に興味があればなおのこと。

 

ブログに限らず情報発信全般に言えることですが、基本的には実践型コンテンツをベースとしてノウハウ型コンテンツを加えていくと興味性が高くなりやすいです

実践、体験してきたことから自分でノウハウを見つけて、それを体系化して読者に伝える

というのが鉄板のパターンです。

 

実践がベースになっているということは、人生がベースになっているということです

深みや個性が出て当たり前

実践型記事はファン化にとって必須のコンテンツなのです。

 

よくあるのがノウハウばっかりのブログですが、まあおもんないですよね(苦笑)

大体、実践ベースじゃないので中身スカスカです

中には便利なブログはありますが、ファンになろうとは思いません。

 

ノウハウを入り口として、興味をもってもらうパターンは2つです

・ノウハウが実践ベースで人となりが見える
・ノウハウを読ませて実践型記事やプロフィール記事に誘導

 

考えてみれば当たり前なんですが、誰が書いてるかわかんないのにファンになんかなりませんよね

ファンになってもらいたいのであれば、人となりが見える実践型記事を読んでもらわなければいけません

ノウハウばっかり書いてもファン化しないというのは忘れないでください

これよくある勘違いなので。

 

ブログとか書くとよくあるのですが「自分を消そうとする」人があまりにも多い

情報発信なんて自分さらけ出してなんぼですよ

ノウハウは後、まずは実践型記事であなたがどんな人か?人生か?を表現していきましょう。

エピソード、体験、物語

実践型記事を書く際によくある悩みが、「自分にはたいした実績もないし、人からみて面白い体験なんかございません」というもの

これ有利か不利かでいうと、まあたしかに不利は不利なんですよ

すごい実績や体験があれば、文章力がある前提ですがすぐに内容の濃いブログ書けますからね(文章力なければどーしようもないのでブログ書いて鍛えましょう)

でもやりようはあります。というかどうにかしないといけません。

 

実績もない、好きなものもない、特技もない、おもしろい体験もない

これで情報発信で成功したい、そもそもビジネスで成功したいとか100%無理なんで(苦笑)

 

「実績を出す、おもしろい体験をする」というのはそらそうだろって感じなんですが、あまり現実的ではありません

実績なんてすぐ出るもんじゃないし、おもしろい体験も同じくすぐできるもんではありません。

すぐできるおもしろい体験なんてYouTuber的なるものしかないです(笑)

 

と、なると実践過程を書いて行くのが一番手っ取り早いことになります。てゆうかほとんどの人気ブログがそうですよ

「こーいうことやってます」「こーいうことしたいです」というのが大半です。抽象度をあげていうと「自分が理想とする世界へ行くまでの道のり」です

僕のブログだと「アフィリエイトで成功して店を潰すまでの実践記」もしくは「いつでも何かを始めれる状態になりたい」です

実践してる過程でなんらかの体験もします。

 

それらをエピソード、体験記、物語形式にして書けば実践型記事書けますよ

あと裏技というかテクニックですが、実践、体験していないことでも、物語にすると実践型記事っぽくなります

作り話とかですね

文章力に自信のある方は作り話でノウハウなどを書くと、普通に書くよりもわかりやすく、かつ実践型記事のような臨場感や共感が得やすくなります。お試しあれ

共感を得やすい

実践型記事は共感を表現しやすいです

その時の感情を書けば「あーわかるわかる」となりますし、苦労や経験を書けば「俺もしたなあ・・・」とか「うわ、大変そう」とか相手の感情を引き出すことができます。

 

ノウハウ型記事でも共感は表現できますが、実践型の方がやりやすいと思います

実践型記事を書く場合は、常に意識しておいてください

共感がない実践型記事は、出来事の羅列になってしまい、おもしろくないですからね。

 

理屈は納得感や勉強になった感はあるんですが、理屈ってめんどくさいのであんまり記憶に残りません

その上、あまり読んでもらえません

理屈は後、まずは共感です

ブログを書くと理屈ばっかりになる人が多いので、気をつけましょう

表面的なおもしろさ、エンタメ性がある

実践型記事は体験談や物語にできるのでおもしろくしやすいです

ただし、表面的、単純なおもしろさ、YouTuber的なおもしろさです

深みのあるおもしろさは実践型記事では表現しにくいです。

 

なんて言ったらわかりやすいでしょうね?漫画のワンピース的なおもしろさと言えばいいでしょうか。僕はワンピース好きじゃないんですが、あの漫画は非常にわかりやすいですよね。単純というか

敵でたー!やっつけたー!イエーイ!みたいな(笑)

ドラゴンボールもそうですね。

 

誰でもわかるおもしろさ、これが僕の言う表面的なおもしろさです

とっつきやすく、読みやすいのが特徴ですね

さらっと読めて、読解力なくてもおもしろいって感じ。

 

深みのあるおもしろさとは漫画でいうとハンターハンターです(特にブラックホエールに乗ってから)

難しくて挫折した。という人もいますが、僕は最近の話は特におもしろく感じます。読めば読むほどおもしろい、重厚なおもしろさという感じでしょうか

複雑に感じますが、探究心や好奇心を刺激し、誰にも真似できない唯一無二のおもしろさを表現することができます。

 

どちらかのおもしろさだけでファンを獲得することはできますが、個人的には両方できたほうがいいと思います

まあ偏りはでますけどね(ドラゴンボールは表面的なおもしろさだけですし、嘘喰いは深いおもしろさだけですね)

 

漫画でいうと「鋼の錬金術師」はそこそこバランス取れてたかな・・・と思います

表面8、深み2くらいでしたけど。

 

常に5:5である必要はなくて、状況に応じて1:9とか3:7とかコントロールできるといいですね

ときには10:0もアリですが、常に10:0は読んでてきつくなりますから

コアなファンはできると思いますが。

 

実践型記事では表面的なおもしろさ、ノウハウ型記事では深みのあるおもしろさを表現するようにしていくと、いいバランスになると思います

慣れたらどっちでもやればいいんですが。

実践型記事で表面的なおもしろさがないとただの日記ですし、ノウハウ型記事で深みがないと綺麗事やググればでる内容という事になります

これじゃファン化しませんよね

具体的な内容になりやすい

実践したことを書くので当然ですが、内容は具体的になります

具体的な内容は書く方も楽ですし、読む方も読みやすいです

僕的には「実践型記事は入り口で、ノウハウ型記事がファン化させるもの」って感じです(正確に言うと共感が入り口で、教育がファン化ですが)

 

体験談、実践したこと、実績、共感で興味を持ってもらい、それをどう乗り越えてきたか、どんな手段を使ったか、どう人生が変わったか、

を知ってもらって「自分もこうなりたいな」と思ってもらう感じですね。

 

1:実践型記事→ノウハウ型記事
2:共感→教育
3:具体→抽象

この流れは興味をもってらう時や、ファン化の必須の流れです

覚えておいてください

下に行くほどレベルが上がりますが、その分実力がいるので最初は1ができれば十分ですよ。

ノウハウ型記事は次の記事で

気がつけばかなり長くなってしまいましたね(苦笑)

キリもいいのでここで一旦切り上げて、次の記事でノウハウ型について書いていきます

スクロールバーが長くなると、見返しながら読みにくくなりますからね。

 

ものすごい重要なことを話しているのでスクロールめんどくさいと思いますが、行ったり来たりしながら読んでくださいね

印刷するのが一番いいんですけども。

僕も毎回、紙とインクがもったいねえ!と思われないように、印刷してもらう価値のあるレベルで書くことを心がけてますので。

 

では次は「ノウハウ型記事について」です

関連記事

  1. メディア作成

    ブログ作成5ヶ月後のアクセスアップ戦略【美容師引退記録:7】

    さて、今月もこのブログの成長度合いを公開したいと思いますブログのフ…

  2. メディア作成

    【広告、バナーの変更だけでクリック率2倍!】ブロガーなら知っておきたい設置マニュアル

    ここ数年、ブログがブームですね。参入者がかなり増えている印象です「…

  3. メディア作成

    毎月10万円のアフィリエイト報酬を得るまでの戦略まとめ

    今日はアフィリ報酬月3万円を達成したので、次の目標である月10万をどう…

  4. メディア作成

    機械オンチでもできるWordPress初期設定マニュアル

    今日は前回書いたこの記事の続き、WordPressの初期設定についてで…

  5. メディア作成

    月3万円のアフィリ報酬を得るために準備しておくもの【知識編】

    早速ですが、前に書いた記事の補足をしていこうと思いますこの記事…

  6. 次世代のビジネス

    【将来なくなります】美容師の未来はAIの進化でどうなるか?【悲報】

    昨今、いろんな業界で「機械化やAIに人間の仕事が奪われる」ということが…

コメント

  1. Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >エピソード、体験、物語

    体験記事は書きやすいい

    すらすら書けますなあ。

    今後も訪問させていただきます。
    応援、完了しました。
    よろしくお願い致します

      • ヒダリー
      • 2018年 10月 25日

      どうもです!

  2. おはようございます。
    ランキングから訪問させていただきました。
    「記事内容が良いだけでファンを作ることは可能です」
    で、むふふ^^
    共感できる実践型記事~教育へ
    読者にパラダイムシフトをおこしてもらい~ファン化!
    何度も読ませていただきます(^^);
    ありがとうございました。

      • ヒダリー
      • 2018年 10月 25日

      ちなみに次のノウハウ型記事の解説のほうが重要です
      正直、この記事いらないくらい 苦笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 【拡大か固定か転職か】僕が美容室で独立開業した時の話【覚悟の…
  2. 僕が美容室で起業した時の話【目標達成後の憂鬱】
  3. 【やっておいてよかった】僕が美容室で起業した時の話【起業直後…
  4. 僕が美容室で起業した時の話【リスクが0になる圧倒的コンセプト…
  5. 僕が美容室で起業した時の話【起業する前に準備し続けた3つの事…

  1. メディア作成

    誰でもできるブログコンセプトの作り方。超簡単に作れる4つの質問とは?
  2. メディア作成

    【動画で解説】ブログが書けない、長文が書けない、文章力がない人へ【文章の書き方講…
  3. 次世代の思考&哲学

    美容師歴1年でスタイリストデビューした方法から、人生で結果を出す方法を考えてみた…
  4. メディア作成

    情報発信で飯を食うための全知識【方法論とブログのやり方全部盛り】
  5. メディア作成

    「再定義」で読まれるブログを書くためのライティング術2
PAGE TOP