次世代の思考&哲学

知らないと100%挫折する!仮説の重要性と立て方マニュアル

こんにちは、美容室経営&美容師引退を目指してる齋藤(@flickerei_xyz)です

開業して1年で年収4倍になりましたが、美容師がおもんないので引退するために情報発信やってます

僕のプロフィール美容師引退の理由はこちらから。

 

さて、今日はちょっとマッチョな内容を書いていきたいと思います

今日の話は「仮説の重要性と立て方」です。

 

普段の記事が戸愚呂20%なら、今日は戸愚呂60%のイメージでしょうか

戸愚呂20%

戸愚呂60%

 

僕は美容師をやっていますが、美容師って人になにかを教える機会が多いんですね

後輩に技術や人との接し方、仕事の回し方、他の経営者にあってアドバイスを求められたりで色々教えます

その時、しょっちゅう「それじゃ絶対挫折するか、1年でできることが10年かかるよ・・・」と思ってしまいます。

 

人にアドバイスを求めると言うことはなにか問題があり、それを解決したいわけですが、ほとんどの人が「絶対この人このままだろうな・・・」という状態なのです

それはなぜか?

目標設定と仮説がないからです。

 

何事も目標設定と仮説を立てることは非常に重要です

多くの人は仮説を立てないので問題が解決できないのです

例えば僕は美容室経営者と話すことが多いですが、上手くいってない店は目標も仮説もありません

願望があるだけです。

 

「売上これぐらい欲しいから客単価あげないとなあ・・・」「売上これぐらい欲しいから新規客これぐらい来てほしいなあ・・・」

こんなもんは目標とも仮説とも呼びません。もはや妄想なのです

経営で妄想して上手くいくはずがありません。

 

経営だけでなく「副業でおこずかいほしいなあ・・・」レベルでも目標&仮説はもちろん必要です

月10万円給料以外で収入があると良いなあ・・・ではいけません

もちろん、最初は妄想から始まるものです。しかし妄想の次に目標と仮説がないとダメです

妄想を仮説に進めず、妄想のままで終わらすから成果が出ず挫折して、終了~!おつかれちゃーん!となるわけですね。

 

ゴール(目標)を決めて、道中の歩き方(仮説)を決めて向かうから到達できるわけです

やみくもに歩きだしても途中で疲れて帰るでしょう

帰れるならまだしも、知らないうちに山に迷い込んだら終わりですよ

現実で言うと挫折、倒産というやつですが、こうならないように仮説力をしっかり磨きましょう

仮説とはなにか?

仮説の重要性がわかった所で「仮説とはそもそもなんなんだ?」という話からいきましょう

これもついでに覚えておいて欲しいのですが、自分なりの言葉の定義はしっかりしておきましょう

定義がないということはものさしがない状態です

定義がないふんわりした状態では実際の行動に移せません

妄想の始まりです(苦笑)

 

僕が定義する仮説には「数字を扱う仮説」と「大枠を扱う仮説」の2種類あります

「数字を扱う仮説」は例えば年収◯円、リピート率や利益◯%など、数字がほしい時に使います

数字というのは結果なので、結果が出たのかどうか?は基本的に数字で判断します。

 

「大枠を扱う仮説」というのはちょっとわかりにくいですが、

・「こうなるのではないか」などの状態
・「こうしていけばよさそうだ」などの行動

の仮説だと思って下さい。状態or行動の仮説

「数字と大枠」の仮説、この2つをまとめたものが、僕が言う「仮説」となります。

 

例えば年収1億円になりたいなあ・・・と思った場合

年収1億円になりたいなあ・・・この段階では妄想です

年収1億円になるためには、今の仕事を辞めて起業するしかないんじゃないか?この段階が行動の仮説

年収1億円になるためには仕事をやめて起業してこんな商品で単価、集客、をそれぞれ◯%の数字を達成すればいけるんじゃないか?この段階が数字の仮説

よし!さっそく実行していこう!この段階が実行。

 

ものすごくパッパラパーな感じがしますが簡単に説明したので、こんなもんだと思って下さい(笑)

大筋を掴んでもらえれば十分です

妄想→大枠の仮説→数字の仮説→実行→修正→以下ループ

これが目標にたどり着く方法です

仮説のスタートは目標設定から

仮説を立てる時のスタートがまず「どういう状態になったら良いのか?」というゴールの設定からです。

ゴールがなければ仮説もクソもありません。

 

ここで重要なのが「具体性」です

よくあるゴールとして「年収(副収入)が◯◯円になったら」などがありますが、これでは妄想なのでダメなのです

かならず「妄想の後に具体性」をくっつけましょう。

 

例として美容室で説明してみます

美容室でよくあるのが「2店舗目を出したい」という目標

しかし多くの美容室経営者がこの妄想の状態で止まっています

だからいつまで経っても2店舗目が出せないんですね。

 

2店舗目が出せる経営者はこう考えます

「2店舗目をだしたい。それには毎月残る利益が◯円必要だからそのためには新規客が◯人、リピート率が◯%、客単価が◯円必要だな。それを達成するためにスタッフが◯人ぐらい必要でこんなマニュアルもいるだろう。早速取り掛かるか・・・」

 

このように妄想のあとに必ず具体的な仮説があるのです

もちろん、具体的な仮説を立てるためにはビジネスの知識が必要です

仮説が間違ってたら求める結果も出ません

成功しない人は目標設定が間違っている、もしくは目標設定ができないのです

構成要素を見出し要素にわける

目標設定ができたら次は方法論を考えなければいけません

ここで「構成要素を見つけて要素にわける」ということをします

具体的なステップはこうです

1:構成要素を見出す(分解する)
2:素材入手(本、DVD、セミナーなど)
3:模倣&練習(書く、話すなど)
出典:次世代起業家セミナー「その0」より

わかりやすく説明するために「売上を上げる美容師」になりたい場合を例としましょう

僕がアシスタントの時、実際にやった例です。

 

まず「売上を上げる美容師」を構成している要素を見出します

「売上を上げる美容師」の構成要素
1:完璧な技術
2:双方向コミュニケーション
3:プレゼンスキル

 

次にそれぞれの要素を身につける為の素材を入手します

構成要素を身につけるために必要な素材
1:完璧な技術→美容師のセミナー、本、DVD
2:双方向コミュニケーション→売上を上げる先輩を観察、哲学を学ぶ
3:プレゼンスキル→売上を上げる先輩を観察、セミナー、よいサービスを受けに行く

 

最後に模倣&練習です

仮説を証明するための行動
1:完璧な技術→営業後、休みの日に練習
2:双方向コミュニケーション→毎日の営業で練習
3:プレゼンスキル→毎日の営業で練習、店販商品の売れた数で結果検証

 

1:構成要素を見出す(分解する)
2:素材入手(本、DVD、セミナーなど)
3:模倣&練習(書く、話すなど)

これが正しく行われていれば、自ずと結果はついてきます

結果がでなければどこかが間違ってるので再検証です

仮説の正体

「目標設定→方法論→構成要素を見出す→実行」この流れが仮説の正体です

文章にすると難しそうですが実際はそうでもなく、むしろなに当たり前のこと言ってんだレベルです

難しいのは数字の仮説くらいじゃないでしょうか?

 

例えばこの記事で僕が立てた仮説

 

記事内でこの画像のように数字の仮説を立てました

クリックで拡大

「そもそも、こんな数字の出し方がわからない」と言われますが、それはビジネスの知識がないからです

ビジネスの知識がないのに自分の金でビジネスやってるって、そーとー怖い状況なわけですが多くの人がこんな状況です。

 

確かにやりながら覚えていくこともありますが、ビジネスの基礎知識はやりながら覚えるものではありません

最初に覚えておくものです

最初に覚えて、やりながら実感していくものなのです。

 

ビジネスを教える場がない。というのは日本の致命的な弱点だと僕は思いますが、逆に言えば知れば1人勝ちできるということでもあります

ビジネスで成功してる人が口をそろえて言うことで「ちょっと勉強するだけで楽勝で勝てる。みんなはなんで勉強しないんだろうね?」というのがあります

まあどこで習えるのかがわからないだと思うのですが、そんなものはネット使えばいくらでも出るわけですよ。

 

僕も次世代起業家セミナーを見つけましたしね

ビジネス学びたいんだったら鉄板のセミナーです

今日の記事の内容は全部、次世代起業家セミナーからパクったものです(笑)

 

ビジネスの知識をちゃんと知っておきたいのであれば、コチラから無料で登録できますので、興味あればぜひ参加してみてください

 

関連記事

  1. 念能力系統図

    メディア作成

    念能力の系統図からわかる!面白い文章やブログの秘密

    先日、漫画のハンターハンターを読んでいて思いついた事がありますハン…

  2. 次世代のビジネス

    最短最速で成功するシステム経営の具体例を解説!

    前回までの記事で、自動化と売上の最大化ができる「システム化」を説明して…

  3. 次世代の思考&哲学

    「昔の自分を客にしろ」は間違い!ブログにオリジナリティを出す極意

    今日はコンセプトの話と、ブログにオリジナリティを出して魅力的な記事を書…

  4. メディア作成

    「再定義」で読まれるブログを書くためのライティング術2

    今日は前回の記事の続きです目にとまるビジネスや読んでみたいと思…

  5. 次世代のビジネス

    ディアーズ北原さんの例から学ぶ、これからのビジネスに求められる「場の提供」とは?

    ここ3年くらいで美容業界もずいぶんと変わりました以前はどこかの美容…

  6. 次世代の思考&哲学

    なにかにチャレンジする人への処方箋【変態的なコンセプトを生み出すやべぇ方法】

    前回、自分がなにをしたいのか?どうするべきなのか?がわからない。という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

 

 

 

おすすめ記事

  1. 念能力系統図
  1. 美容師引退までの物語

    ブログ初心者必見!ブログ立ち上げの流れを公開【美容師引退記:3】
  2. 次世代の思考&哲学

    「昔の自分を客にしろ」は間違い!ブログにオリジナリティを出す極意
  3. メディア作成

    誰でもできるブログコンセプトの作り方。超簡単に作れる4つの質問とは?
  4. メディア作成

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【ブログアフィリエイト編】
  5. メディア作成

    ブログ運営を成功させるためのブログ改善マニュアル
PAGE TOP