メディア作成

「文章が書けない!」スランプを脱出するためのヒントと対策

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

このブログは4月から記事を入れだしたので、開始してはや4ヶ月

毎朝2時間早起きして記事を書き、結果的に毎月10記事くらい書いてます

しかし今月はすでに29日なんですが、まだ5記事しか書けていないという始末・・・

朝起きるのがめんどくさくて寝てしまったとかもなく、作業時間はいつもと同じ

それでいて、記事数はいつもの半分・・・どうですかみなさん、これはスランプというやつではありませんか。

 

今月「なんか筆がのらねえなぁ~」と思っていましたが、記事数という結果がでると僕も認めざるをえません

そんなわけでこの機会にスランプについて考察してみたいと思います。

文章が出てこない

「記事が書けない」というのは情報発信をするうえでよくある事ですが、これにはいくつか原因があります

代表的なのが、そもそも文章を書き慣れていないというもの

しかし僕は美容室のブログやHPがあり、もう6年位は文章を書いていますし、マーケティングを勉強すると必ずでてくるコピーライティングもある程度は勉強しました。

 

美容室のブログやHPってあんまり内容のある文章はなくて、写真ばっかりってイメージがあるかもしれませんが、僕のサイトはコッテリ文字だらけ

写真はあんまりありません、ヘアスタイルで客を集めるという発想がないからです

詳しく話すと長くなるので省略しますが、写真で集客すると質の低い客がくるからです(苦笑)

あと味がでない。

 

ヘアスタイルの写真で「客側が感じる事ができる」個性なんか出ませんからね

結局モデルがかわいいかどうかだけですから、そんなところで勝負してもおもしろくない

そもそも僕はヘアスタイルなんぞに興味ありません(苦笑)

 

僕のブログなんかは特にひどいもんで、写真はあんまりなく文字だらけなのです

文字数にすると5000文字とかザラ

普通の美容室だとビフォーアフターの写真があって文字は300文字程度とかですが、それと比べるとずいぶんと僕のブログはしつこい味わいなわけです。

 

書いた記事で覚えてるもので言うと、

・悪魔の契約
・うんこが食える調理法
・カレーライスの味について
・笑顔は気持ち悪いという話
・水掛け論について
・エロ本と子供の教育
・根性論
・ロジカルシンキング
・一発逆転とテロリスト
・ジェットコースターに乗りながらタイタニックの話をしても感動できない話

このような内容を書きました

もはやなんのブログなんだという話なのですが、すべて美容室の集客に繋がっています。

 

実際うちの店の集客の柱はブログであり、

・詩を教えている言葉のプロがブログに興味を持って来店
・3年間読み続け、ついには遠くから来店してしまう人
・160記事近くあるブログをすべて読んでから来店する人
・接客しなくてもリピートする

などという事もできています。

 

何が言いたいかと言うと「僕は決して文章を書き慣れていないのではない」ということです(書き慣れていないうちはスランプもクソもないので、とりあえず書けばいいです)

しかし筆がのらないのはなぜなのでしょうか?

美容室のブログであればどんな内容でも1~2時間あればスラスラ書けてしまうのに、このブログでは5時間くらいかかってしまうわけです

今日の話の主役はこの部分です

うんこと美容室

先程、僕が美容室のブログでうんこが食える調理法について書いたと言いましたね

「美容室とうんこ」なんて相反どころではないレベルであるのは、誰でもわかると思いますが、このように一見全く関係のないものをうまくつなぎ合わせて目的に沿った内容にする

僕は文章を書く上でこれを非常に重視していて、なぜかというと単純に「おもしろくなる」からです。

 

読まれる文章というのは、

・読みやすい
・おもしろい
・興味深い
・学びになる

この4つの要素が必須であり、このすべてに「個人の解釈」がなければいけないと僕は考えています

文章っていうのは背景に描いた人が見えないとおもしろくありません

個人の解釈が入れば、背景に人となりがでるものです。

 

読みやすくておもしろくて興味深くて学びになっても、人となりが見えなければ一度読んで終わりです

グーグルで検索してるときなんかそうですよね

目的の情報が見つかれば読んで「参考になったなぁ」とは思いますが、もう一度そのサイトに行くことってないでしょう

これではファンになってもらえない

個人の解釈が入っていない文章なんて、グーグルに聞けばいいわけですから

個人の解釈

この個人の解釈の1要素として「関係のないものをうまくつなぎ合わる」ということが重要になってくるのです

うまくつなぎ合わせるってどういうことかというと、例を上げればキリがありませんが1つあげると「例え話」を出す時です

僕が美容室のブログでうんこが食える調理法を書いたのは、まさに例え話をしたかったからです。

 

この記事では「髪のことやヘアスタイルのこと勘違いしてると、意味不明な注文を美容師にしてしまって変な頭にされますよ」という話がしたかったのですが、素直にこう書いてしまうとなーんのおもしろさもありません

そらそうですよねウンウン。で終わりです

てゆうか読みもされないんじゃないですかね?

 

そこで僕は「うんこが食える調理法があると言って聞かない人がいます。これが勘違いというものですが、勘違いしてると変な髪型にされるので正しい知識を身に着けましょう。だってうんこなんか食いたくないじゃないですか」というふうに例え話にして、うんこと美容室をつなぎ合わせました

品の問題はともかく、こっちのほうが読んでみたくありませんか?記憶にも残りそうですよね。

 

もう1つ例を出しましょう

「つなぎ合わせる」という考え方は「話の前後をつなぎ合わせる」時にも使えます

要は文章の表現方法ですね。

 

小説好きな人はわかるかもしれませんが、小説ってストーリーよりも文章で作者の作風でませんか?

僕は小説って読まないのですが、小説の面白さって文章の表現でおもしろさのすべてが決まるんじゃないかって思ってます

例えば「アイス」と「友達」の話をどうつなげるか?です

アイスを食べながら友達の家に向かった

これだけではただの文章でおもしろくもありません。

 

しかし、汗とアイスを滴らせながら今日もあいつの家に走った。だとどうでしょう?

その時の風景が浮かびますし、ストーリー性もあって先が気になるかもしれませんね

あいつと呼ぶあたり、友達だけどただの友達ではないような気もします

同じ「アイス」と「友達」をつなげた文章ですが、つなげ方で印象が変わりますよね

このつなげ方にも人となりがでてきます。

 

僕の稚拙な文章ではあまり伝わらないかもしれませんが(苦笑)なんとなくイメージできましたでしょうか?

伝えたいことをどんな例え話に変換するか?そしてそれをどうつなげて表現するか?

これには個人の解釈が入ってきますよね

読めば誰が書いたかがわかる文章がおもしろい文章の条件ですが、それには個人の解釈という要素がなければいけません

精通してなければ味が出せない

さてさて、ずいぶんと話が長くなってきましたが、ここでやっと今日の主役の部分に戻ってきます

筆がのらないのはなぜなのか?

美容室のブログであればどんな内容でも1~3時間あればスラスラ書けてしまうのに、このブログは5時間くらいかかってしまうのはどーいうわけか?

 

これは「個人の解釈をうまくいれることができない」から、そしてそれはなぜなのか?という話になるわけですが、これは単純な話でして「精通していないから」です

「精通」というのは知識と経験ですね。

 

美容室のブログであればスラスラ書けてしまうのは僕が美容師に精通しているからです

しかしこのブログのテーマである、アフィリエイトとかビジネスは美容師ほどは精通していません

人に伝えたりそれを文章として表現するのに慣れていないわけです。

 

それと比べると美容師は10年以上やってますからね

美容師という仕事を知り尽くしているから、僕の知識、雑学や性格をフル動員して文章がかけるのです

個人の解釈は結局のところ、個人の「知識、性格、好み」などによって表現されるものです。

 

「個人の解釈」と「伝えたいこと」を自由自在に混ぜ合わせ表現していくには、その伝えたいことに精通していないとお話にならないわけですね

ちなみに精通する方法は「正しく学んで正しく行動する」だけです。身もフタもない(苦笑)

そのあたりの話はこちらに書きました

知識、経験、実績がないのに情報発信してもイタイことになる

読まれる文章というのは知識、経験、そして実績がバックボーンにあります

精通しているのであれば当然なわけですが。

僕は仕事柄、ビジネス系や美容師の情報発信をよく見ますが「この人の文章、つまんねえなぁー誰も読まんだろう」と思ってしまう発信をよく目にします

言っちゃ悪いんだけど(笑)

 

これの原因はまさに「精通していない」「個人の解釈がない」ことです

精通していないとうさんくささ100%なうえに、内容スッカスカなんですよね

文章読みやすくするのは誰にでもすぐできるのでそこは置いておいて、つまんなくて、学びにならなくて、興味がわきません

その上で個人の解釈もないのでまるでグーグルの自動翻訳のような文章です

いやぁ、そんなもん誰が読むのでしょうか?

 

人に読まれる文章、ファンができる文章を書くためには知識、経験、実績すなわち「精通」が絶対条件なわけです

ここで勘のいい方は1つの真実に気づくと思います

その真実とは「精通と個人の解釈がないとビジネスができない」という事です

ビジネスっていうのは人に興味を持たれる、ファンになってもらってなんぼですからね

1つ例を上げてみましょう

流行らない美容室のよくあるパターン

またかよって感じですが、お馴染みの美容室の例です(笑)

まあ僕が美容師なため、例に出しやすいのでご容赦ください。それに美容室ってビジネスモデルとしてわかりやすいんですよね

みんな行ったことあるので想像しやすいというか。

 

美容師って職業嫌いだし、やめたいけどこーいうときにやっててよかったって思います(笑)

なにかに精通した経験っていうのは財産ですよホント

バンドマンって結構、起業して成功する人多いんですがなんかわかる気がしますね。

 

美容室経営は自社メディアの存在がカギとなります

集客しないといけないわけですから当たり前なのですが。

年々、集客が難しくなっており費用も上がっているので、いかに多くの人をいかに安く集めるか?これが重要になります

自社メディアであれば基本的に費用はかかりませんからカギとなるわけです。

 

潰れる美容室っていうのはこの部分ができていません。集客力が皆無なのです

これはビジネスを学ばず、美容師に終始しているからおこることです

そもそもとして技術で人は来ないんですよね

だって、100万円の着物と1億の着物の違いなんて、ほとんどの人がわからないじゃないですか(芸能人格付けチェックとかだいたい外しますよね)

 

で、そーいう美容室に集客の相談とかされるわけですが、軒並み自社メディアが終わってるわけですよ(苦笑)

問題外なところだとホットペッパーなどの外部媒体に集客を任せっきりで、自社メディアを持っていないとこも多いです

インスタとかブログとかHPとか色々あるだろって話なんですよ。

 

やってたとしても、もうホントに内容がつまらない

美容師ちゃんとしてますかあなた?という話なのです、精通してないんですよね

結局、そんなに美容師を真面目にやってないんですよ。

 

その上、個人の解釈がまったくないのです

美容師とかの専門職やってれば「こうしたい、こうするべきだ」などの思いって出るもんじゃないですか

それがないんですよね。

 

美容師ってどこかクリエイター気質、オタク気質な部分って絶対必要だと思いますがそれがない。サラリーマン気質なのです

まあ日本人は個人性が低いので、これを求めるのは酷な話なのかもしれませんが・・・(てゆうか一般的な日本人は起業に向いてないんですよ)

 

精通もしてない、個人の解釈もない

こんな状態でブログやインスタやったって誰も見ないですよ。つまんねーもん(笑)

仕事だってたいしていい仕事できないわけですよ、だって精通も個人の解釈もないんですよ?

レベル低いに決まってます

そんな美容師のところにもう一度、行きたくなるわけないじゃないですか。

 

こーいう人はそもそも起業なんてするもんではありません、おとなしく雇われておいた方が幸せなのですよ

と、いってコンサルが始まるわけですね(笑)

ここで変わらなければもうホントにどーしようもありません

学べば変わりますから。

 

精通と個人の解釈がないとビジネスができない

1例としてダメ美容室の例をだしてみましたが、おわかりいただけたでしょうか?

スランプは脱皮の直前

勢いで書いたのでなんか長々してしまいましたね

まとめると僕の記事更新の遅さは「慣れていない」ということです

やはり書くからにはおもしろいものにしたいわけで、いかに個人の解釈をいれていくか?で悩んでしまうのです

美容師のブログであれば慣れてるのでテキトーに書いても個人の解釈が入るのですが。

 

こーいう「うーんうーん」としてる時って僕は成長の寸前だといつも思います。なれる直前ですよ

スランプってネガティブイメージですが、僕はわりとポジティブにとらえています

僕は人にはよく「バカなんだから考えずにとりあえずやれ」とよく言いますがまさにそれです

頑張って記事更新したいと思います(笑)

 

今日は割と重要な話ができたと思ってますので、何度も読み返していただけると嬉しいですね

大雑把にまとめると例える力、つなげる力、情報発信とビジネスで成功するための必須条件の話でした。

 

スランプの話からずいぶんと移動してしまいましたね(苦笑)

ではこのへんで終わりたいと思います

ありがとうございました!

「次世代の稼ぎ方」をタダで学ぶ!期間限定の次世代起業家育成セミナー

僕は美容師として独立し、1年で年収200万から4倍の800万になりました。その後、情報発信もはじめて年収1000万を達成

そして今は美容師を引退して、情報発信で自分のビジネスを始めようとしています。

ここ数年で起業、副業、ネットビジネスをする人は増え、珍しくなくなりました。SNSや本でもこれらのフレーズはよく聞きますが、稼げるようになる人はごく一部です

成功確率で言うとほぼ0%なわけですが、これはなぜでしょうか?理由は「本質的なビジネス知識がない」からです。

ビジネス知識がない状態で稼ごうとするのは裸で戦場に行ったり、レシピがないのに料理しようとするようなもの。それでは上手くいくはずがありません。

多くの人は稼げるノウハウは一生懸命になって探しますが、それは良い武器や材料であり、使いこなせる人間が使って、初めて意味があるものになるのです。

基本的なビジネス知識やマインドセットがない状態では何の意味もなく、ノウハウは所詮ノウハウにしかすぎません。

僕が年収1000万稼げるようになったのは「1000万稼げるだけのビジネス知識がある」それだけの話しなのです。

もし、あなたも起業・副業・ネットビジネスなどで稼ぎたいのであれば、まずはビジネス知識を身につけてください。それも「古い稼ぎ方」ではなく「次世代の稼ぎ方」をです。

あなたが何らかの理由で「もっと稼げるようになりたい」と思うのであれば、必ず役に立つはずです。無料で受講できるのでぜひ参加してみてください。

【無料】9本のセミナー動画+限定特典で次世代のビジネス講座を学ぶ人はこちら

なんにでも使える最速で成功する方法まとめ前のページ

「専門性の組み合わせ」で読まれるブログを書くためのライティング術次のページ

関連記事

  1. 次世代のビジネス

    【セミナーを開催して秒で悟った】セミナーはビジネスではなくタダのイベントであるという話

    美容師がつまらない&美容室経営もやめたいことに気づいた僕は美容師をやめ…

  2. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【美容室編】

    今回の記事は「システム化実例 美容室編」ですシステム化についてはこ…

  3. メディア作成

    機械オンチでもできるWordPressテーマ「MAG」の設定方法

    今日も前回の記事に引き続き、ブログ作成をやっていきましょう今回でつ…

  4. 次世代のビジネス

    最短最速で成功するシステム経営の具体例を解説!

    前回までの記事で、自動化と売上の最大化ができる「システム化」を説明して…

  5. 次世代のビジネス

    情報発信で1つのジャンルからビジネスを拡大させる方法【要塞化の実例】

    先日の記事で「発信したテーマと遠い分野をくっつけて拡張していこう」とい…

  6. メディア作成

    バナー画像を作成してクリック率2倍を狙う戦略【ブログのテコ入れ実例】

    今週は1記事も更新してませんでしたが、実はバナー画像作ってましたバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 美容室開業時の開業資金を下げる方法を徹底解説【不動産契約につ…
  2. 起業に貯金はいりません【リアルビジネスでも0円で起業可能】
  3. 雇用するならスタッフを「依存」させるか「卒業」させましょう。…
  4. 個人美容師で利益を残したいなら「美容室の材料費の削減方法」を…

無料ビジネス講座

サロン経営の教科書

オンラインスクール

  1. 美容師引退までの物語

    ブログ作成9ヶ月後のアクセスアップ戦略
  2. 次世代の思考&哲学

    年収200万円台の美容師が成り上がる方法
  3. メディア作成

    令和時代にブログで稼ぐために必要な6つの条件【10万稼いでわかった超本質的な話】…
  4. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【ソフト編】
  5. メディア作成

    まとめ記事でブログを情報発信の基地にしろ!ブログのPVがアップするまとめ記事の作…
PAGE TOP