「勢い」と「骨組み」で記事を書け!上手なブログの書き方講座

メディア作成

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

記事を書く時によく聞く悩みが「ネタがない、記事をどう書けばいいのかわからない」というもの

ネタがないっていうのはぶっちゃけ、もうどうしようもありません(苦笑)

それは多分、選ぶテーマの問題や生き方の問題だったりするので「ブログで扱うテーマを変える」「物事をよく見る」「抽象と具体のコントロール力をつける」といったことが必要になってきます。

 

しかし「記事をどう書けばいいのかわからない」っていう場合

これは文章を書き慣れていないだけの話なので「書けばできるようになるよ」って話なのですが、それではあんまりだ!というのが書けない人達の意見でしょう

と、いうわけでライティングチェリーボーイ達に知恵を授けようと思い「記事をどう書けばいいのかわからない」って人向けの話をします

文章って書けると楽しいものなので、あきらめずに身に着けてほしいですね。

 

ちなみに文章力が高いと口も達者になるし、思考力も上がります

人生でかなり優位に立てますよ。コスパ最強の超便利ツールです

そのかわり、周りの人間がバカに見える副作用がありますので、その点はご注意ください。僕のようにバカと一緒に仕事できなくなったり、ウザい先輩を動悸がするまで怒らせたりということになります

よくよく考えると、これは僕の性格が悪いだけかもしれませんね。

2パターンの記事の書き方

記事の書き方というのは、僕は2パターンあると思っています

・勢いで書く
・骨組みを作ってから書く

それぞれ説明します。

「勢いで書く」

これはそのまんまですね

白紙状態からいきなり書き始めて、頭の中で構成と文章を考えながら書き、修正もしながら完成まで持っていくやり方です

僕はこっちで書いたほうがいい文章が書けるし得意なのですが、少しゴチャつきやすいという欠点があります

ノリで書くのでゴチャつくのもまあ当たり前なのですがその分、文章に熱量が入りやすい。なので「勢いで書く」書き方は「伝えたい要素が少ない時」や「勢いで書ききっちゃえそうな時」によく使います。

 

僕は今、このブログと美容室の集客ブログの2つを運営していますが、美容室のブログは「伝えたい要素が少ない」から勢いで書いてます

例えば最近書いたものでいうと、

・変な頭になる理由
・いつまでたっても髪型が気に入らない理由
・ショートにするとおっさんになる理由
・上手い美容師の見分け方
・髪型は4つしかない話
・髪質がすべて

などですが、これらは伝えたい要素が1つしかありません。タイトルそのままです

要素が少ない場合は勢いで書いてもゴチャつくことがありませんし、その方がいいノリで書けます。「書いてる」っていう感じはあんまりなくて「自動書記」って感じですね

勢いで書くと個性的になりやすいし熱意も伝えやすく、信念と文章力があればファンできます。

 

頭使わずに書くと、普段は思い浮かばないアイディアとか出てくるんですよ

これが自動書記の強みで、更に精度を上げると1~2時間でセースルレターやLP、1万字近くのブログ記事なども書けてしまいます

僕はまだその極地に至ってはいませんが、文章力のある人は必ず自動書記的な書き方をしています

自動書記って言うと超能力みたいでなんか胡散臭いですけど、話す時ってそんな考えて話します?

要所では考えることもありますが、ベラベラ話すときって自動的な感じしませんか?あれに近いですね

文章を書くなら、ぜひ身につけたいテクニックです。考えて書いてるうちは、まだそんなにおもしろい文章かけませんからね。

骨組みを作ってから書く

伝えたい要素が多い場合、ノウハウ的なものがあって整理整頓して伝えたい時などは、こちらの書き方のほうがキレイに書くことができます。セールスレターもこっちの書き方が一般的でしょう

今回の記事はこちらの解説がメインとなります。勢いで書くのって感覚的なことなんで人に伝えようがありません。

 

文章書いたことない人って「文章力がないのにいきなり白紙状態から書く」ということをします

言いたいことや、ある程度の文章力がないうちに「勢いで書く」ことをしても書けないのは当然でして、最初の段階では「骨組みをしっかり作って考えながら」文章を書きましょう

なれてくれば「自動書記」ができるようになります。

 

「骨組みを作ってから書く」のは先程言ったように「伝えたい要素が多い時や整理して伝えたい時」です

それを目次化して並べ、肉付けしていくというのが骨組みを作ってから書くやり方。要は下書きしてから書くわけですね

その分、読みやすく一貫性のある文章になりやすいわけです。

骨組みの作り方

では骨組みをどう作るか?の話にいきます

まあ作り方なんて人それぞれでいいし、好きにしたらいいんですが、それができないから書けないわけで(苦笑)

なので一例として僕の例を見せますので、参考としてどうぞ。

テキストエディタを活用しよう

まずはテキストエディタです

僕はウインドウズなのですが、テキストエディタは「Mery」を使っています

使いやすければ何でもいいですが、文章書く人であればテキストエディタにはこだわりったほうがいいかと。

タブが使えたり、動作が軽快だったり、同期が簡単だったり、データ管理が簡単だったり色々選ぶ基準はありますが、特に気に入ったのがなければ使ってみてください。

要素を並べろ

ではここから実際に僕がやっている方法を紹介します

書きたいテーマは決まってるわけですから、要素を適当に出していきます

わかりやすように間近で書いたこの記事を例にします

この記事は「ブログ開設初期で有効な集客戦略」の話を書きたいわけですから、まずはそれに関連する要素をバーっと出します。

 

導入
上位表示のパワーがない、コンテンツもない
初な読者は集まりにくい
アフィリエイター多い
ランキングサイト、SNSでの集客
ブログサークル
ブログ村
Twitter、Facebook
作法
ジャンルに合った戦略
どれもめんどくさい
人は応援したい生き物

テーマに合わせて書きたいことや、思いついたこと、必要なことを並べます

ここではとりあえず出しましょう、使うかどうかはどーでもいいです。

 

もう1つ例を。例えばこの記事の要素は3つです

・専門性を組み合わせる方法 再定義
・抽象度をあげる
・ビルではなく要塞を作る

要素の多さで文章の長さが決まるわけではありません

要素を整理する

実際の文章の骨組みにするために、順番やいるものいらないものを整理します

・導入

【導入部分の要素】
上位表示させるパワーがない、コンテンツもない
ブログサークル
使い方
フォロワーの多い人に絡む、ターゲットをフォローす 初な読者は集まりにくい 何らかの営利目的でやってる人多数 ゴミ8、鯛2の気持ちで

・ブログ村、ブログランキング解説

ブログ村、ブログランキング解説の要素】
使い方
カテゴリ選び
アクセスが期待できる所に参加する 仮設が立たないなら攻めない

・ツイッターFacebookなど

解説
使い方
ブログサークルと同じ
使い方の作法 (営利目的ではなく楽しむ)

・ジャンルに合った戦略を

ランキングサイトかSNSか検索か
コンテンツはある程度構築しろ

・まとめ

どれもめんどくさい(特にフォロワー集めとか、コメント周りとかseoとか)
人はフォロワーになりたい生き物
初期の戦略なのでアクセスが来出したら辞めてもよい

 

ノウハウ系の記事なので割と丁寧な骨組みができましたが、もっと雑な時もあります

どの程度までやるかは人それぞれなので、自分がしっくり来るレベルを見つけてください

最初は丁寧に作ったほうがいいと思いますが、骨組み作るので挫折しても本末転倒なので(苦笑)

あくまでメモ書きですからねこんなもん。要素を出して整理するまで10分前後でやりましょう。

 

ノウハウ系は丁寧、抽象的なものは雑になりやすいです

ノウハウは骨組みを作るのをオススメしますが、抽象的な内容であれば勢いで書いたほうがいいです

抽象的な内容を骨組み作って書くと、キレイごとになりやすい&どっかで見た文章になりやすいので。

 

文章力がないうちは抽象的な内容でも、ノウハウっぽく書いたほうが書きやすいと思いますよ

ノウハウは入り口、抽象はファン化に必須の記事なので、ゆくゆくは抽象的な記事も勢いで書けるようになりましょう

ノウハウのほうが書くの簡単なので、みんなノウハウ記事ばっかり書きますがそれだとクソブログになります。ノウハウだけのブログってペラッペラに見えるし、読めばわかりますがクソつまんないです。

要素を目次化する

要素を整理する時は目次を作るイメージでやるとよいです

目次っていうのはワードプレスのエディタにある見出しの事です。H2とかH3見出しですね

出した要素をそのまま見出しに使えば骨組みができますよ。

実際に書く

骨組みができたら本文を書いていき、肉付けしていきましょう

見出しごとに話を書いていけば勝手に全体が繋がるので、書きやすくなってるはずです

「これでも書けない」という人が出ないようにもう少し補足しておきます

興味のない分野で文章を書くな

まず、書きたいテーマに対しての最低限の知識は得ておきましょう

興味あることだったらわざわざ知識得なくても、もとから持ってるはずなんですよね

興味のない分野や知識のない分野でブログするのはやめましょう。ブログを作成する時の話とかぶりますが、知識がない、興味がない分野でなんで勝負するのって話です

クソつまんないアフィリブログとかいっぱいありますが、見てて思うのが「いやいやアンタそのブログやってて全く楽しくねーでしょ」ってよくあります

そんなブログで文章書くのとか、誰だって無理だと思いますよ。

 

文章が書けないって人の大半の原因はこれなんですよね

「興味のない分野で文章書くな」

忘れないでください。この辺の話はこの記事で書いてます

書く時は勢いで

最初のほうで言いましたが文章ってのはやっぱり、考えて書くものではないですね

考えるのは骨組みの段階か、テーマを考える時です

要は「何を書くか考えてる」段階までは頭を使うしかありませんが、しかしそれが決まっていざ文章執筆となったらもう自動で良いのです

書くこと決まってるわけですから。

 

イメージはハンターハンターに出てくるネオン=ノストラードの念能力であるラブリーゴーストライター(自動書記で対象者の未来を占う能力)ですね

ネオン=ノストラード

知らん人はハンターハンター読んでください。人生の教養の1つです

勢いで書く時は最初から最後まで勢いで。骨組み作ってから書く時は、1目次ごとに勢いで書くと良いでしょう

言いたいことは全部言う

これも先程の自動書記に続く話なのですが、文章書く時はいちいち気を使って書く必要なんかないです

個人的には「読みやすさ」ですら考えなくていいと思いますよ。あとでする文字装飾とか改行修正の時に直せばいいんです

言いたいことは全部言うからこそ、その人の文体というものが出ます

僕が定義する「良い文章」の1要素として「誰が書いたかがわかる」というものがありますが、言いたいこと全部言わないとこんなん無理ですよ

文体とか表現とか、他人に気を使わずに書きゃいいんですよ

興味も知識もあって、文体とか表現も自由にできるなら文章書けないとかないでしょ。

 

みんな勘違いしてますが、文章なんて別に長さとかどうでもいいですからね

自分の考えや思いが伝わればいいわけで。「どれぐらい書けばいいのか?」「何を書けばいいのか?」文章がかけない人の定番セリフですが、そんなもんお前が好きなだけだよ。って感じ

こんな質問は他人を気にしてるから出るのです

ブログなんて書きたいこと書きましょう、他のことは後で考えれば良いのです。

文字装飾&修正

実際に書いたらMeryからコピペしてワードプレスに文章を移しましょう

ワードプレスのエディタで今度は文字装飾や微修正をします。この話はこちらで書いてます

せっかく書いたんですから、読みやすくしておきましょう

読みにくいブログとか、どんなけ良いこと書いてても読む気失せるんで。

タイトル付け

最後にタイトルを付けます

タイトルは最初に考える場合と、最後に考える場合がありますが、僕としては最後がオススメです

書き終わってからのほうが、タイトルと内容に誤差が出にくいですから。あと書き終わってからのほうが、タイトルのアイディアもよく出ます

記事タイトルはseo上でも超重要だし、記事を読むかどうかはタイトルで決まるんで気合い入れてつけましょう

seoを意識しつつ、キャッチーなテーマを。

タイトルの付け方はこの記事を参考にしてください。

 

記事の書き方講座はこれで終わりです。文章ってのは前提を整えて、数をこなせば必ず書けるようになります

書けない人っていうのは前提が整っていないか数をこなしてないのです。細かい書き方なんて人それぞれでいいですしね。

一例は出しましたので、自分のやり方がない人は参考にやってみてください

そこから自分なりの書き方が見つかると良いですね。

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける
期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で個人美容師として独立し、1年で年収200万から4倍の800万になる。美容師に興味があったわけではなかったので速攻で飽きてしまいその後、物販、美容師向けの経営セミナー、アフィリエイト、FXを経て情報発信を開始し年収1000万に。現在の目標は美容師引退&情報発信で起業すること。夢は「より善く生きるためにはどうするか?」を教える教育者になること。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

  1. こんにちは。
    ランキングからお邪魔しましたミラです。
    記事の書き方の手順、わかりやすかったです。
    枠組みを作ってから、あとは自動で文を書き進めたいと思います。
    また訪問します!

    • 齋藤慶太
      • ヒダリー
      • 2018.11.14

      大体の人は普通にやっても自動で書くのは無理なんで、
      無理なら考えながら書いてくださいね

      無理なのに自動で書いたらそれはもう怪文なのでw

  2. こんばんは。
    ブログランキングからきました。
    記事を書く時に最初の出だしが書けなかったりするので、
    骨組みの作り方参考にさせていただきます。
    ポチっと応援して帰ります。

    • 齋藤慶太
      • ヒダリー
      • 2018.11.15

      出来上がった骨組みを見て、意味不明だったり面白くないなら
      実際に文章書いてもそのまんまなのでもう一度練り直してくださいねー

  3. おはようございます。
    記事の書き方の説明はとてもわかりやすかったです。
    記事を書く時、誰が見てもわかりやすいように書こうと読みやすさを意識して書いていましたが「読みやすさは考えなくてよい」という文面があると今までより心理的に書きやすくなりそうな気がします。最初は「勢い」と「骨組み」のどちらかでかけるようにして日を追うごとにどちらでも書けるようにしたいと思います。情報公開有難うございます。

    • 齋藤慶太
      • ヒダリー
      • 2018.11.25

      読みやすさは最後に考えるものですね

      人の頭の中から出たものって基本、他人から見たら意味不明ですので。

      それを整形して誰の目にも見えるようにするのは最初にやることじゃないです

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で個人美容師として独立し、1年で年収200万から4倍の800万になる。美容師に興味があったわけではなかったので速攻で飽きてしまいその後、物販、美容師向けの経営セミナー、アフィリエイト、FXを経て情報発信を開始し年収1000万に。現在の目標は美容師引退&情報発信で起業すること。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます【平均年収300万以下の秘密】

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    美容室のコンセプトの作り方。4つの質問で理想世界を見つけて熱い美容室を作れ!

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. ブログで情報発信をする時の2つの方向性【専門家になってから生き様をさらそう】

  2. 情報発信を始めるならTwitterでもYouTubeでもなくブログから。

  3. 情報発信するなら「代理店ビジネス」からはじめよう

  4. 「コンテンツモンスター」になれないならば、情報発信する資格なし

  5. 情報発信ビジネスで乗り越えるべき3つのステージ

  1. 情報発信で稼ぐための正しいブログ構築&運営の5つのフェーズ

  2. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  3. 美容師歴1年でスタイリストデビューした方法から、人生で結果を出す方法を考えてみた

  4. 読まれるブログの作り方【ネット上に基地を作る】

  5. 情報発信の始め方ガイド【これからの時代に必須の教養】

  1. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  2. 独立したい、フリーランスの美容師へ。超高利益率サロン経営セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP