年収200万円台の美容師が成り上がる方法

美容師・美容室経営

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

雇われ美容師の年収は200万円台です。平均にならすと200万円半ばくらいではないでしょうか

月収でいうと最初の頃は15万くらいからスタートで、その後3年くらいかけて21万くらいになる感じですね(田舎はもっとドイヒーです)

で、その後は基本的に変わりません。おっさんになっても一向にふえませんし、ボーナスなんてもちろんないです(あっても数万円)

歩合制というイメージもありますが、雀の涙のような歩合しかつかないことも多いです。僕なんて3%とかありましたね、しかも計算方法もかなり悪質な。いらねーよもう。

 

こういう話をすると「はあ!?俺は1000万あるし、美容師の価値をさげんじゃねーよ」という輩が出てきますが、君は都会の売れっ子だったり、美容師じゃなく経営者でしょうという話なのです

僕は「平均」の話をしているのであって、特殊である君の話をしているのではありません

こう言うと次は「そこ目指してやらないやつの自己責任だ!」というバカが続いて見参しますが「いやだから・・・もういいよ!」となります(笑)

 

問題は「効率悪すぎだよね」って話なんですよ

美容師で年収を上げるのってとにかく効率が悪い。そして年収の話をすると気合マンが出てくるのでもうどうしようもない

働く場所を限定してモーレツに努力して、競争に勝って、やっと年収が上がるって効率悪すぎなわけです

美容師がお好きならそういう道もご自由に。と思いますが、実際はそうでもない人も多いわけですよ。なんとなく美容師になって続いてますみたいな。

 

お金っていうのは資本主義では欠かせないものです

なので理想とか情熱とかでとりにいくものではないのですよ。もっとクレバーにとりにいく必要があります

僕は美容師になってから「いかに稼ぐか?」を常に考えていました

その結果、27歳で独立して1年で年収1000万です。で、今は美容師じゃあんまり稼げないし、スケールもねえなって事で美容師やめようとしてます

まあ僕みたいに美容師やめる必要はありませんが(おもんないんなら辞めたほうがいいですよ)とにかくお金は稼ぎましょう

お金がないヤツは成長できません。自己投資できませんし、精神的な余裕もないのに成長とか言ってられんわけです

そしてそのうち美容師の給料ではやっていけなくなり、強制転職の未来が待っています

というわけでこの記事では年収をふやすルートについて書きます

タイトルで美容師という言葉を使ってますが、なんの仕事してても同じことで時間や肉体を使って労働しているうちは年収なんてたかが知れているのです。

まずは稼ぐ事を考える

最初に言っておきたいのは「まずは稼ぐことを考えましょう」です

みんな欲張りなんですよ、稼ぐ以外に色んなものを求めちゃう。例えば理想の職場とか、やりたいことを実現したいとかが多いですね

特に独立する時は「やりたいことを実現する。というのを実行して全然稼げない店になった」とかよくあります。

 

まずは勝たないとお話になりません。だから勝てる環境を用意する所から始めましょう

独立するのであれば「勝てる店」を作らないとダメだし、雇われるなら「勝てる会社」に入らなければダメなのです

勝てない場所で勝てるわけないじゃないですか。ピースが揃っていないと売上なんて上がりません、美容室とかこのパターン多すぎワロタです

集客はクーポン紙で割引しまくり頼り、アシスタントいないから予約かぶせれない、ウリになる商品がない、中身のない「お客様を満足させましょう」スローガン、そもそも単価低い

これじゃ無理だから(苦笑)

この設定で売上なんて上がりません、売上が上がらないイコールあなたの給料も上がりません。そもそもこんなアホな会社はあなたに分配しません(笑)

ビジネスとかマーケティングを勉強すればこーいう当たり前の事もわかるんですが、美容師はビジネス勉強しないんでこんな事もわかりません

死亡確定です。これ知ってるだけで収入って上がりますよ。

 

「まずは稼ぐ、勝つ事だけを考える」

この考えは常に持っていたほうがいいです。起業する時も役立ちます

起業する時って「やりたい事」メインになるんですが、やりたい事って稼げないんですよ。そもそもやりたい事がない人も多いですけども。

だからまずは稼げる起業をして、その後でやりたい事をやるべきなのです。起業に成功すればお金持ってるからなんでもできますし、経験値も増えるんでやりたい事も出てきたりします

最初からやりたい事やって成功した人っていないですよ

僕が知ってる人は転売とかアフィリエイトばっかりです。後は人より英語ができるからそれで起業したとか、そんなんばっか。

別にやりたいことじゃないんですよね。稼げそうなこと、できることなわけで。

転職する

「勝てる土台を用意する」という事がわかれば、働く場所を変えるのは当然の選択肢になります

美容師を続けるなら店を変える、もしくは美容師をやめてしまう。両方が考えられますね

しかし個人的にはあまり勧めません、なぜならどっちもたいして年収ふえないからです。

そもそも会社勤めは年収が高くなりません。「サラリーマンは平均年収400万の土俵」なのです

日本の平均年収調べればわかりますけど、20代で300万円、30台で400万円ですよ?貧乏です

【参考記事】

美容師は高卒ですから、まあ業種を変えて転職しても年収は多少は上がるでしょうけどどうなの?って話です。あんまりいいところには入れんでしょう

田舎だと他の会社も給料安いわけですし。

 

美容師は続けて店を変える場合はどうか?

もっとも簡単な選択肢ですが、まずいい店がないですね。あったとしても雇われなんて僕が知ってるケースでは年収400万がマックスです、400万かぁ~マス貧困層やん・・・って感じです

後は都会でトッププレイヤーになって歩合つきまくりというウサインボルトのような美容師になるしか道はありません。ただ激務で過競争

現実的には雇われの場合は1000円カット的な所、超大手のチェーン店がもっともコスパの良い選択肢になってしまうわけです。

 

しかし年収200万円台の美容師が成り上がるには、これらの選択肢はイマイチではないでしょうか?

まあ3~400万で構わないんなら転職の選択肢でいいんですけども。

個人的な感情を言わせてもらえば、200万も400万もたいして変わんないです。ちなみに年収500万以下は貧困層扱いされてる統計もあります。

起業する

転職という道はイマイチというわけですが、そうなると「起業する」しかありません

ミエミエの話の展開ですが、日本で稼ぐならこれが一番効率良いんですよねマジで。

ちなみに努力が前提の話ですが「年収を上げたい!」という人は努力をいとわないと思いますので、それは構わないでしょう(笑)

努力したくない人は年収2~400万で労働してください、それが一番幸せになれます。

 

さて、起業ですが年収200万円の美容師ができる起業は3パターンあります

・美容師として独立する
・転売で起業
・情報発信(ネットビジネス)で起業

美容師として起業するというのはまあそりゃあそうだよね。って選択肢ですが他には転売、情報発信が一般人が起業する時の鉄板です

美容師として独立する場合、最近ではフリーランスという形も出てきているので、もう借金して店を用意する必要もなくなってきています

場所の条件さえあえば、金銭リスクがないフリーランスはかなり良いです

ビジネスの規模を大きくしていくなら後々店が必要ですが、「ずっと個人美容師でやっていきたい」「とにかく独立したい」のであれば、フリーランスはリスクがほぼ0なのに年収1000万を狙えます

500~1000万ほどの借金を背負うリスクが取れるなら、小規模の店を開業して個人美容師として独立するのも悪くはありません。こちらも年収1000万は狙えます

【参考記事】

 起業するなら美容師→経営者にクラスチェンジしなければならない

美容師として独立する場合に最も重要なのが「美容師のままではダメで、経営者にならなければいけない」ことです

美容師として実力があっても、ビジネス知識がなければ速攻で潰れます

特に重要なのが「数字の管理」ですね。よくあるのが経費かけすぎで死亡するパターンと集客できなくて死亡するパターンで、これダブルで来たら1年以内に潰れます

どちらもビジネス知識とマーケティングができれば人を雇わない個人美容師という独立方法ならかなり簡単に成功できます(美容師力がそれなりならほぼリスク0)

これは実際に僕ができたことなので言いますが、個人美容師で年収1000万になるのはマジで余裕です

この記事でも紹介しましたが、少し前に相談メールくれて独立した人もすぐに月収85万ほどになりました。

 

美容師をずっと続けたいなら一番簡単に成り上がる方法は「美容師として独立する」という選択肢なのは間違いありません

金銭面のことだけで言えば、美容師やってるのに独立しない人の意味がわかりません

年収1000万なら直ぐなのにと思います。しかも今はフリーランスという形式で独立もできますからね

ただ、自分がずっと美容師できるのか?したいのか?は考えたほうがいいです

フリーランスならともかく、店を自分で用意するなら借金しますから、創業から撤退まで考えると500~1000万くらい必要でそれを回収するとなると5~7年くらいかかるわけですよ

下の記事で僕が思う、生涯美容師でいられる人の条件とかも書いてますので読んでみてください

これも僕の実体験ですが、僕はずっと美容師できる人間ではありませんでした(苦笑)

 美容師で独立できない人が成り上がる方法

美容師で独立するのはイマイチかもな・・・とか、貯金もなくて実力もない場合は美容師で独立もできませんし、そもそもあまりしたいとは思わないでしょう

そんな人が成り上がる方法は転売か情報発信しかありません。これは美容師に限らず、一般人にチャンスがある起業はこの2つです(なのでSNSで人気なのです)

転売は起業初心者でも結果を出しやすく、個人でも月収でいうと50~100万くらいは十分に狙えます

0から始めても真剣に取り組めば1~3年程で達成している人が多い印象ですね

早く稼ぎたい、でも何していいかわからないって人にはオススメというかこれしかないよねって思います。事実、転売で起業してる人って多いです

個人的にはずっとやるようなビジネスじゃないんで、ある程度稼いでビジネスがわかってきたら他分野に行くことを勧めますが、成り上がる事はできます

お金と時間がないとなんにもできないんで、サクっと稼いで次のビジネスの準備をすればいいんですよ

【参考記事】

 専門分野、好きなことがあるなら情報発信という選択肢

美容師はムリ、転売は気が乗らない、しかしなにか発信したいことや好きなこと、専門知識がある

という場合は情報発信で起業できる可能性があります。情報発信は今流行りのビジネスでもありますね

これは今後もドンドン市場を大きくし、起業家は全員なんらかの形で情報発信でも稼ぐようになります

モノではなく情報がメインとなる無形のビジネスなので、経費も激安でリーチできる人数が多く、商品の量産と流通に人がいりません

個人でも大きく稼ぐことができるアメリカンドリーム的なビジネスモデルです。

 

とはいえ形が決まりきっていないのが難しい所でもあり、情報発信で稼ぐのはかなりの難易度でもあります(副業レベルなら人より詳しいなにかや趣味があればいけますけど)

ビジネス知識もかなり必要だし、なにか言いたいことや作りたいビジネスがないと到底ムリなビジネスモデルです。しかし逆を言えばそれらがあるならぜひ挑戦するべき

情報発信はこれからのビジネスのスタンダードモデルになるのは間違いないですからね

ちなみにインフルエンサーは情報起業家ではなく、芸人みたいなもんですので勘違いしないように。

転売と情報発信については下記の記事で詳しく書いてます

成り上がりたいならビジネス学ぶしかない

結局のところ、年収をふやして成り上がりたいならビジネス学んで起業するしかありません

美容師で独立する、転売、情報発信の3つのルートを紹介しましたが、これも僕にビジネス知識があるからこの答えが出るわけです

普通だったら美容室開業するか株でも買うか、みたいな選択肢になるんですよ

美容室開業するとしても様々なプロセスや思考の流れがあります

それがないのに開業するのは思いつき以外のなにものでもありません。だから多くの美容師は独立で失敗するわけで。

 

効率の良い成り上がり方ってあるんです。てゆうかそれ知らない話になりません

ラッキーホームランで稼げるほど甘くはなくて、でも知ってたら後はやるだけのことなんです

起業して成功する人は、成功する方法を知って行動してるだけなんですよ。セルフ出来レースなんです

これからは誰でも起業になって稼ぐことができる時代と言われています

今コロナコロナと世間が騒いで働き方や時代が変わるなどと言われてますが、そんなことはコロナの前から確定していたのです

コロナはそれを加速させただけです。

 

これからは個人で稼ぐ時代なんですよ。だから個人の実力を高める必要があります

年収をふやすとか、成り上がるとかはその一環にしかすぎません

個人の実力を高めない人はもう労働するしかなくて、その場合はいかに楽な場所を探せるか?というのが重要になります

給料なんてどこも安いんだから、できるだけ楽な方が良いじゃないですか。嫌なことを避けてプライベートに人生を全振りすれば良いのです

これは「元2ちゃんねる管理人のひろゆき」がよく言ってることですね

できることや自由は少ないですが、嫌なことしながらブラック労働して疲弊するよりよっぽど幸せですよ。今ってスマホあれば幸せになれますし。

 

フリーターがふえてるのって当たり前のことだと思うんですよね。起業しないんだったらそれが一番リーズナブルなわけです

楽な場所でお金の為に労働して、無駄なことはせず省エネで生きる

こういう生き方と自分の実力を高めて生きる人の2極化をしていきます。成り上がりたい人は、もちろん後者の生き方を選ぶ必要があります

美容師なら1000円カットとか人気ですが、独立しないならまあそうなりますよね。

 

この記事は年収200~400万台の人には思いっきり当てはまる内容だと思います

もし、今の人生に疑問があるのならこれからの生き方の指針になるんじゃないかと。

起業して成り上がるか、省エネでプライベート重視で生きるかどちらかだと思いますよホント

起業して成り上がった人はネットでいくらでも見れますけど、省エネって最近の生き方なんで、あまり参考になる人がわからないかもしれません

個人的には「プロ奢ラレヤー」さんの生き方とかそうですね

まあ彼は起業家の側面もあるので彼本人は実は違うんだけど、本で推奨している生き方や彼の哲学はまさにそうです。彼の本も読んでみてください、おもしろいですよ。

 

なんらかの形で起業したいって人は僕が紹介している無料セミナーでまずは学んでみてください

情報発信に興味がある人はこちらもどうぞ

 

美容師の人はこちらも見ておきましょう

個人美容師で年収1000になる方法も記事にまとめていますのでこちらもどうぞ

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける。期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

この記事へのコメントはありません。

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. やる気がある美容師とやる気のない美容師を雇う場合の経営戦略の違い

  2. 一個人が独立する時の「目指すべき美容室経営の形」

  3. 「起業するとメンヘラになる説」は本当か?

  4. 起業・副業初心者ほどビジネスを学んで転売から始めるべき理由

  5. 「起業、副業の罠」と「漠然と稼ぎたいなら転売しか可能性ない」って話

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP