「売れるコンテンツ」がある人とない人の情報発信の始め方の違い

情報発信

こんにちは、齋藤です(プロフィールはこちら)

「ブログで情報発信を始める時にあたって、2つの方向性があるよ」という話を前回の記事でしました

ここ最近の一連の記事で「情報発信するならどう準備してどう実践していけばいいか?」という話をしてますが、ここまでの話を理解して実際に行動していけば一定の成果は出るはずです

あとはトライアンドエラーしながら、自分が叶えたいゴールに向かうだけなんですね。

 

しかし「そのはず」なんですが、いざ行動してみると「自分が望む結果が出ない」という問題に多くの人がブチ当たります(苦笑)

「望む結果」というのは人それぞれですが情報発信をやるのであれば、

・人が集まってコミュニティを形成する
・そのコミュニティ内でお金の循環があり、独自の経済圏がある
・コミュニティ+お金の循環=ブランド化

という3つの結果というのは誰しもが目指すし、欲するものでしょう

単純化した言葉で言えば「集客できている」「稼げている」「自分のブランド化」ですが、ぶっちゃけこの3つが手に入らないのならやる意味なんてありません

人間のやることって情報発信に限らず、この3つが必ず含まれるものです。

 

僕は美容室経営してますけど「客足が途切れなくて、年収1000万稼げて、あの人は今までの美容師とは別物だ」という状況になるために経営してるわけですし、ビジネス以外のことでも同じで「モテる」ということを例にしてもそれは変わりません

モテるというのは「集客できていて、モテることによって自分になんらかのメリットがあって、ブランド化できている状態」なわけです

というわけで、人間が行動する以上は先に上げた3つの結果は必ず欲するものなのです。

 

情報発信において、この3つの結果が行動しても得られないのはなぜか?

それは「売れるものがない」からです

頑張って発信しても結果が出ない人って「なんにも売ってないか、そもそも売れるものがない」かのどちらかなんですよ。

 

「売るものがない人」というのは情報発信で成功するのは無理ゲーです(というかビジネス全般無理ゲー。例えば売れない美容師は商品がないんです)

ツイッターとか見てると売るものがないのに情報発信してる人がたくさんいますけど、彼らがやってることって結局「アドセンス」です。ぶっちゃけ稼げるわけがありません

アドセンスで起業しました!なんて、もはや何年前の出来事なんですか?って話です。

 

というわけでこの記事では「売るものがある人とない人の情報発信戦略の違い」について書いていこうかなと思います

ここまでの記事を読んでもらえれば自ずと導かれる結論的な話であり、解決法はすでに書いていますが重要なことですから繰り返しになりますけども、最後にもう一度まとめておきます。

人を集める→メルマガ→独自コンテンツを売る→自動化

結論を言ってしまうと情報発信で成果を出したいのであれば以下のステップが必要です

1:エンタメ、悩み解決、役立つ情報や活動で人を集める
2:こちらから連絡の取れるメルマガやラインアットへ登録してもらう
3:メルマガ、ラインアット内でコンテンツを売る
4:1~3までの流れを広告やステップメールなどを使って自動化する

もちろんそれぞれの項目でのクオリティが必要なのは言うまでもありませんし、細かいことを言い出すと他にも要素を出すことはできますが、シンプルにしてしまうとこの4つのステップをいかに作り込めるかなんですよ。

 

アドセンスなんかは「ひたすら記事を書いて広告収入を得るビジネスモデル」ですから1しか満たしていません

そこに外部要因であるグーグルのアップデートやライバルの多さ、検索エンジンよりもSNSでの情報収集の主流化などでオワコン化してるわけです

インスタグラマーやインフルエンサーと呼ばれる人がそこまで稼げていない、ビジネスとして脆いモデルになっているのも1~4までの要素をすべて満たしていないからです

フォロワーは多いけど全然稼げていない場合は1の「発信して人を集める」しかできていない状態なわけですし、

インフルエンサーによくある「発信し続けないと売上が維持できない」「毎月の売上が安定しない」「昔は人気あったけど今はオワコンとか言われてる」というのは、1と中途半端な3まで(SNSでイベント的に売る、ブログでしか売らないなど)しかできていないわけですね。

 

キモになってくるのが「販売できる自分のコンテンツがあるか?」ということです

売りたいものがあれば1~4までの流れを明確に戦略を持って作り込めるわけですが、売りたいものがない場合、なんのために発信してるのかがいまいち不透明になってしまいがち

ただダラダラと発信、そして気がつけば発信するのをやめてしまってる。そんな事になりがちです。

 

さらに「販売できる自分のコンテンツがない」場合、いつまでたってもそのままでは収益化できません

お小遣いレベルで稼ぐことはできても、ぶっちゃけリターンがありません。だって仕事の合間にブログ書いてお小遣いレベルって悲しすぎるわけです

外で社畜やって1日のわずかな自分の時間がお小遣い稼ぎで消えてしまう状況では挫折しないわけがありません(苦笑)

 

「販売できる自分のコンテンツがある場合」はスタートの時点で1~4の流れをイメージしてビジネスを作っていく

「販売できる自分のコンテンツがない場合」は1~4を実行する前段階の発信をしていく

というのが基本的なスタートになるわけです。

情報発信で結果を出せる人って、

・すでになんらかの実績と販売できる自分のコンテンツがある人
・早い段階で販売できる自分のコンテンツを作って売っちゃう人

のどちらかなんですよ

インフルエンサーやこれからブログで稼ぎます系の人がいつまでもうだつがあがらないのって「自分のコンテンツを売っていく」という意識がないからです

ただ人気者になれば稼ぐこと、人に影響力を持つことができる。という風潮がありますがそういうので稼げるのはほんの一部です。こういうのはビジネスではなく芸人なのです

人気者は基本トップ数人で事足りますからフォロワーやアクセス数を追ってももう稼げないし、影響力も持てない時代になってます

そのへんの話はこちらの記事が参考になります

自分のコンテンツって?

さっきから自分のコンテンツ自分のコンテンツと連呼してますが、この言葉をちょっと定義しておきます

情報発信ひいてはネットの世界って「情報」です。なので情報発信における自分のコンテンツとは「情報」です

自分のコンテンツ=自分の情報なわけですがここで重要なのが「形式」で、自分の情報であれば何でも良いわけではないんですよ。

 

小遣い稼ぎや趣味で発信するなら別ですが、こんなブログ読むくらいですからあなたが目指すのは「起業でありビジネスオーナー、ネット上で飯を食うこと」なわけですから、しっかりと作り込んだビジネスにしなければいけません

作り込むということは形式にも拘るのが必然

ここを理解していないと「じゃあブログでアドセンスします。だって自分書いた記事=自分の情報じゃないですか」とか「今流行りのNoteで記事売ります」とか「ツイッターでフォロワー集めて呟けば良くないですか?」とかになっちゃうわけです。

 

稼げない形式、ビジネスとして機能しない形式で発信なんかしてもろくすっぽ儲かりませんし、誰かに影響を与えることもできません

「自分の情報を売るなら、省エネで稼げる+ブランドができる+肉体労働ではなく資産になる形式でやる」ことが重要です

ブログでアドセンスなんかしたって記事更新をずっとしないといけないし、それではそもそも読者はあなたの情報が欲しいのではなく悩みを解決したいだけ

Noteで記事を売る場合も基本的に相場が安いですし、よくある毎週記事更新します的なやり方だとずっと記事更新しなくてはいけません

自分のコンテンツをツイッターで売るのもずっと呟き続けないといけませんから肉体労働ですし、そもそもツイッターってバカと貧乏人ばっかりなんで情報なんて人気者のインフルエンサーしか売れません(笑)

 

「自分の情報を売るなら、省エネで稼げる+ブランドができる+肉体労働ではなく資産になる形式」

というのは、実際にそうやってビジネスを作り込んでる人の事例を見ないとイメージわかないかもしれませんが、僕が知ってる人、学んでる人で成功してる人はすべからくそうなっています

ブログでアドセンスなんかしてないし、ツイッターなんかやらないし、YouTubeで稼ごうともしていませんし、単発のセミナーを何度もやるなどもしていません

必ず「やった仕事が資産として積み上がる+ブランド化が起きる+読者が教育され、成長する」という形式にこだわっています。

 

情報発信で稼ぐって結局は「情報商材を売る」という形になります

情報商材屋とか言われて毛嫌いされたり、情報商材は詐欺とかクソみたいな情報とか言われることも多いですが(苦笑)情報を売るということは情報商材なわけです

情報商材屋といってバカにし始めたのはホリエモンが最初な気もしますが、彼も有料メルマガとかやってたんで情報商材売ってるんですよ

有料のNoteも情報商材だし、最近だと美容師向けにオンラインサロンとかありますけどあれも情報商材です

オンラインで完結するもの売ってたら、カテゴリ的には情報商材にまるっとまとめられてしまうのです。

 

情報発信で自分のビジネス作りたいのであれば、自分の情報を売る事が必要なわけです

そしてその売り方が「やった仕事が資産として積み上がる+ブランド化が起きる+読者が教育され、成長する」という形式でなければ、いつまでもうだつが上がらないことになる

アドセンスのようにリピートや教育もへったくそれもない形式や、Noteで単発でダラダラ記事売ったり、ツイッターでポエムつぶやいてフォロワー増やそうとしてもなんにもならないのです。

 

【参考記事】

どういった「自分のコンテンツ」を作っていけばいいのか?

情報発信で成功したければ、

・すでになんらかの実績と販売できる自分のコンテンツがある人
・早い段階で販売できる自分のコンテンツを作って売っちゃう人

のどちらかになる必要があるわけですが、これは「自分のコンテンツ」がなければお話になりません

さらにその自分のコンテンツを「やった仕事が資産として積み上がる+ブランド化が起きる+読者が教育され、成長する」形式で売り出す事ができれば、情報起業家としての一歩を踏み出すことができるわけです。

 

ここまでダラダラと説明してきましたが、こういった根っこの部分、始まりの部分が理解できているかどうかってものすごく重要になってきます

こういうのを理解せずに始めちゃうから楽そうに見える方法に飛びついちゃうんですよね

アドセンスで記事更新すれば稼げるんだ!とか、ツイッターでフォロワー多くなれば稼げるんだわーい!って思ってるほうが幸せですから(笑)

 

さて、ここまで理解すれば次は「どのような自分のコンテンツを作っていけばいいのか?」という問題です

まず言えることが「お役立ち」か「エンタメ」的な情報です。お役立ちとは悩みが解決するようなもので、エンタメは単純に楽しいものです

こういうのは人間心理的なものなのですからまあよくある回答で、人がお金を出すのはこの2つのどちらかの要素があるものです。

 

「お役立ち」か「エンタメ」的な情報を自分の中から生み出すには一定の知識と実績が必要となります

当たり前ですよね。知らないことを人に教えたり、目に見える形に具現化することはできません

ブログで稼ぐ方法を売りたいなら自分がブログで稼いでいないと話になりませんし、筋トレで情報発信したいなら自らがマッチョでなければいけません。

 

自分に知識と実績があるお役立ち、エンタメ的な情報を自分のコンテンツとしてまとめ上げる事ができれば「あなたの情報商材」ができるわけです

問題はそれをどのような「形式」で世に出していくかということなのです

そういったコンテンツをYouTubeやブログでダラダラ垂れ流せば成功できると思ってる人も多いですが、そんなことはないわけですね

「やった仕事が資産として積み上がる+ブランド化が起きる+読者が教育され、成長する」形式にしてこそのコンテンツが光ってくるのです

コンテンツをどう世に出すか?それも含めて「あなたのコンテンツ」であり、「コンテンツを作る」ということなのです。

 

「やった仕事が資産として積み上がる+ブランド化が起きる+読者が教育され、成長する」これって要は効率の話なんです

成功している、良いビジネスって雑に言っちゃえば「効率が超良い、考えられたビジネス」です

効率が悪い、考えられてないからキャッシュが回らずに経営破綻するのがリアルビジネスですのあるあるですが、情報発信はリスクや経費が低すぎるので「成功しない」というレベルですむわけですよ

美容室なんかも開業してすぐに潰れる店や、潰れるまでもいかなくてもうだつのあがらない店に9割くらいがなります

情報発信でも同じで、9割くらいが成功せずに挫折という倒産をするか、ダラダラうだつの上がらない発信をするかみたいな(苦笑)

 

箇条書きにできるようなことをここまでで長々と書いてるわけですが、話をどれくらいまで展開できるか?というのはビジネスをやっていく場合において重要なんで、こういった思考にはぜひなれておきましょう

自分の頭の中はクドいくらいでないと。特に情報発信していくのであればどのレベルまで深堀りできるのは超重要です

でないと発信なんてできませんから。

 

【参考記事】

自分のコンテンツがある人とない人の情報発信戦略の違い

さて、まとめです。ここで最初の話にもどりましょう

情報発信で成功するためには、

1:エンタメ、悩み解決、役立つ情報や活動で人を集める
2:こちらから連絡の取れるメルマガやラインアットへ登録してもらう
3:メルマガ、ラインアット内で自分のコンテンツを売る
4:1~3までの流れを広告やステップメールなどを使って自動化する

というステップが必須なわけですが、ここまで読んでいればキモとなるのが「売ることができる状態の自分のコンテンツ」であるということがわかります

商品がなければ1,2の段階までしか進めないわけですから、当然ながら収益化ができませんし、その商品を売るための広告やステップメールでの自動化もままなりません

自分のコンテンツがあれば「それをどう売っていくか?」からビジネスの構造が作れますが、自分のコンテンツがない場合、目的がぼんやりしたままダラダラ発信するだけにとどまってしまうのです。

 

とはいえ「実績、知識、自分のコンテンツがない人は発信することから始める」しか無いのも事実ではあります

しかしダラダラ発信しててもうだつが上がらんわけですよ

発信しつつ、自分のスタンスや世界観を作って、自分のコンテンツを販売するということをやっていかなければダメなわけです。

 

1:エンタメ、悩み解決、役立つ情報や活動で人を集める
2:こちらから連絡の取れるメルマガやラインアットへ登録してもらう
3:メルマガ、ラインアット内で自分のコンテンツを売る
4:1~3までの流れを広告やステップメールなどを使って自動化する

自分のコンテンツがあろうがなかろうが、結局はこの1~4の流れを作ることは変わりません

コンテンツがあれば最初からそのコンテンツを売るためにはいかに1~4の流れを組んでいくかを考えることができます

ない場合はまずは発信してみて、読者の反応を得ながら自分のコンテンツや世界観を作っていき、その後1~4の流れを作っていくことになります。

 

情報発信もビジネスなんだから商品やビジネス知識がないと稼ぐことは無理なんですよ

最近の風潮だと「個人が発信できる時代だからとにかく発信しましょう」とかいわれていますが、それでは芸人ビジネスです。人気者になってエンタメや知識を提供するだけでは消費されるだけなのです

「やった仕事が資産として積み上がる+ブランド化が起きる+読者が教育され、成長する」という要素がないとビジネスになりません

ネットビジネスって敷居が低いというか、誰にでもチャンスある的な感じですが、それは大きな資金投資がいらないっていうだけで、それ以外の部分はリアルビジネスと同じくらいの敷居が実はあります

てゆうか情報って抽象的なんで、目に見えるサービスが提供できるリアルビジネスより敷居が高い部分もあるんですよ

大きな設備投資や、資格の取得、許可、雇用などの必要はありませんが専門性、ユニークさ、ビジネス知識、商品が必要なのはリアルビジネスと変わりません

しかし専門性、ユニークさ、ビジネス知識、商品があれば情報発信で起業できちゃうわけですね。

 

すでに自分のコンテンツがあるのであればさっさとそれを売っちゃえばいいし、

ないのであればブログなどをやって情報発信して感触を掴んだらさっさと自分のコンテンツを作って売ってしまえばいいのです

そうしないといつまでも広告収入で稼ぐとか、アフィリエイトするしかありません

ぶっちゃけこれで稼ぐのはもうキツイです。よくて10万くらいのお小遣い稼ぎにしかなりません、結構時間使うのに(苦笑)

 

僕もこのブログを3年くらいやってますが「自分のコンテンツ売らんと話にならんな」と痛感しています

メルマガやラインアットなどのメディアを作って、自分のコンテンツや企画をやっていく時期だよなあと。

 

情報発信についていくつかの記事で僕の考えを書いていきましたが、これから情報発信を始めたい人はかなり知識がつきますのでぜひ読んでみてください

9つの動画で「個人で稼ぐ」力を身につける
期間限定の次世代起業家セミナー

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営、情報発信ビジネス、メディア構築など、「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

関連記事

無料オンラインセミナー

コメント

この記事へのコメントはありません。

齋藤慶太

齋藤慶太

27歳で美容室で起業し、年収200万から1000万へ。しかし美容師がおもんない&自分の思っていた人生ではないと感じ、情報発信で起業し直すことに。美容室経営・情報発信ビジネス・メディア構築など「個人で稼ぐ」ためのスキルやマインドセットを発信しています。

人気記事

  1. 1

    1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  2. 2

    現役美容室オーナーが美容師の年収をぶっちゃけます

  3. 3

    俺の美容室のリアルな経費を公開

  4. 4

    年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  5. 5

    美容室の無断キャンセル客から15万ブンどった話

最新記事 オススメ記事 特集記事
  1. やる気がある美容師とやる気のない美容師を雇う場合の経営戦略の違い

  2. 一個人が独立する時の「目指すべき美容室経営の形」

  3. 「起業するとメンヘラになる説」は本当か?

  4. 起業・副業初心者ほどビジネスを学んで転売から始めるべき理由

  5. 「起業、副業の罠」と「漠然と稼ぎたいなら転売しか可能性ない」って話

  1. 年収1000万美容師になるための準備~独立の方法

  2. 情報発信者のための「ブランドブログ」の作り方まとめ

  3. 起業・集客・趣味に使える情報発信の始め方まとめ

  4. 1人美容室の年収と売上を暴露!開業前に知っておきたいお金の話

  1. 超儲かる美容室の作り方が3時間の無料動画で学べる【超高利益率サロン経営セミナー】

  2. 「個人で稼ぐ」ファーストステップ。無料で学べる次世代起業家セミナー

  3. 個人で稼げる起業家になるための「次世代起業家・経営者アカデミー」

  4. 質問、相談はこちらから

TOP