美容室開業の手順&経営

知らないと失敗する!美容室開業の前に絶対に押さえておきたい「ファミコン理論」

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

「美容室を開業する時に絶対に忘れてはいけない3つの要素」というものがあります

内容的には美容室の話なんですが、美容室の開業も結局は起業・ビジネスであることにはかわりませんし、接骨院などの箱物ビジネスであれば同じです

これから「ビジネスを覚えたい」「起業したい」というのであれば、読んでおいて損はないです

まあこんなタイトルの記事をクリックするのは、美容師の人たちだけでしょうけども。

 

僕から言わせれば、ブログで起業するのも美容室で起業するのもたいしてかわりません。仕事の内容が違うだけです

情報発信でうまくいく→起業

というパターンも王道の起業方法ですから、情報発信している人にも今回の話は参考になると思います

1つの業界からしか学んでいないと思考も偏りがちになり、おもしろいアイディアなどもわかなくなってしまいます

ビジネスにおいて「物事を抽象化して繋げる」という能力は非常に重要なので、その力を養う意味でも、色々な業界から学んでおきましょう。

開業の前に残したい利益を決めて逆算しろ!

美容室を開業するおおまかな流れは、

貯金>どんな店にしようか?>物件探し>借金>工事&搬入>集客>開業

こんな感じなのですが、多くの人がこれらの事ばかり考えてしまいます(僕もそうで、そして後悔)

特に「どんな店にしようか?」という部分を重視してしまう人が多いです。しかしまず先に考えるべきポイントはそこではありません

美容室を開業する時には必ず利益がいくら必要かを決めて、そこから逆算して店を作っていきましょう

このプロセスをすっ飛ばして「どんな店にしようか?」と悩んでも片手落ちでなんですよ。

 

例えばこんな事がよくあります

「自分の理想とする美容室ができた!集客もうまくいってるし、リピートもいい!予約も毎月いっぱいだ。・・・あれ?でも利益が50万円しか残らないぞ?最低でも手元に100万円はほしいに・・・」

この場合であれば原因は客単価が少ないか、生産性が低いかです

対策としては値上げ、単価アップ、増員になりますが、そうなるとコンセプトや戦略に変更が必要になることもあります

ビジネスというものはやりながら軌道修正していくものですが、修正に時間がかかりすぎたり、コンセプトがブレるというのはできるだけ避けるべきです。めんどくさいから(苦笑)

理想の美容室ができても、自分の生活が理想的になっていなければ、なんのために独立したのかわかりません。

 

開店前ならいくらでも修正できますが、開業してしまうとそうもいきません

コンセプトの修正ができないケースも結構あります。例えば「自分1人でお客さんと真摯に向き合うマンツーマンサロン」がしたいのに年収は1500万ほしいとか。

あほかという話です(苦笑)

このように「いや、無理じゃないけどやること結構特殊になってくるよ?1人営業はいいとして、今のコンセプトも価格も君が言ってるのじゃ無理だよね?」って事がしょっちゅうあります

こーいう人に限って「店は安く開業して、カット料金は4500円、ブログなどの自社メディアはないし、やりかたもわかんない」とかだったりするのです

そんなんで年収1500万とか無理だから(苦笑)

 

この人が近い内にこの形で独立したいのであれば、年収1500万は諦めるか、自分1人でお客さんと真摯に向き合うマンツーマンサロンというコンセプトを諦めるかしかありません

しかし、すでに開業しているのであればもうどうしようもないわけです

大幅なコンセプト修正が必要になり、いままでつかんだお客さんも捨てる覚悟が必要になることもあります。

 

これはわかりやすいように極端にしましたが、細かい部分でこーいうのがよくあるんです

細かい部分も積み重なるとデカくなります。歪が生まれると経営もうまくいきませんし、廃業もありえるくらい大事なのです

起業なんてそもそも始まりの時点で、上手くいくかどうか決まってくるんですよ。

根拠のない利益を決めるな

数字に関してはノリで決めてはいけません。残す利益が決まっていないと、経営の数字目標も立てにくくなります

どんなビジネスでも数字を掲げることはよくしますが、その根拠が説明できるかと言うとまあだいたいできないでしょうね

根拠のない数字なんて上げるモチベわきませんよ。僕なんかそうでしたね(笑)

「なんで売上げなあかんねん、めんどくさい。歩合もクソしかつけねえくせに」と思ってました。

 

根拠のない数字はスタッフのやる気を奪いますし、まずあがりません

「君たちがリピート率○%、客単価○円達成してくれれば、店の売上はこうなって利益はこうなります。その利益で次はこんな事を考えていますので協力してください」

とでも言ってくれれば協力してやろうか、とも思えるってものです。

 

ちなみにここでいうスタッフは自分も含みます

1人営業の美容室ならば「自分はこの店の従業員だ」と思ってください。どんな業界でも「スタッフによい環境を与えたい」とよく聞きますが、それは自分にたいしてもです

「自分の店だから自分は苦労していい」こんな考えをもってるなら、独立する資格はありません。むしろ周りに迷惑だからやめたほうがいい

そりゃあ苦労する時期はあるものですけどそれはあくまで一時でよくて、苦労なんてするものではありません。努力はするべきものですが。

世間は努力と苦労を同じポケットに入れていますが、正気の沙汰ではありませんよ。

ファミコン理論

ではその「利益を決めて逆算して店を作る」これをどうやって考えればいいのかです

これには3つの要素があり、それらをまとめて「ファミコン理論」と僕は呼んでいます。別にプレステでもいいんだけど。

店舗ビジネスっていうのはファミコンの構造と似ています。

 

なんでもいいんですが「ドラクエ」をプレイしようと思った時は、

・プレイヤー=あなた
・ハード=ファミコンとかプレステ
・ソフト=ドラクエ

が必要ですよね。これと同じで美容室開業も、

・プレイヤー=スタッフ(自分含む)
・ハード=店舗
・ソフト=コンセプト

が必要となります。これらは連動しており、個別で考えるものではありません

みんな開業するとなるとハードとソフトの事だけを個別で考えるんですよ。そうではなくプレイヤーの事も考えないとダメで、この3つは連動して考えなければいけません

個別で考えちゃいけないんですよ。個別で考えるからできた店は流行らないし、コンセプトや構造が穴だらけだからブラック化するんです。

 

とはいえ、最初から連動して考えるのはなかなか難しいので、まずは個別で考えて最後に接続させるという方法でもかまいません

考える順番はプレイヤー→ソフト→ハードがいいと思います

で、最後に連動させるために調整すればチグハグになることもありません(あったらどこか間違えてるので修正しないといけません)

 

ちなみにこの順番ですが、必ずしもこうでなければいけないというわけではありません

例えばもう何店舗も出店しててなじみの不動産屋に「いい物件出たよ。どう?」とかいう事があれば、ハードから考えることもあるでしょう

でも基本はプレイヤー→ソフト→ハードがオススメ

てゆうか仕事なんて自分のためにするもんですから、プレイヤー第一で考えるべきではないでしょうか。

 

ファミコン理論は抽象的な概念なのでなんとも説明しにくいし、個人個人の状況によって中身が変わるものです

それゆえにみんな気づかず出店してしまったり、はたまためんどくさくて勢いで出店するのですが、それをすると僕のように後悔するので文章による言語化を頑張ってみようと思います

簡単に言うと「お金はどれぐらい欲しくて、どんな生き方がしたくて、それを叶えられる美容室はどんな感じで、その美容室を作るにはどんな店舗が必要ですか?」ということなのですが、これがスラスラ言えれば苦労しないですよね(苦笑)

相当ビジネス慣れ、ビジネスを勉強しておかないとこういう視点にはなれませんし、人それぞれな部分でもあります

僕は人生とは「物質的満足と精神的満足」の2つで人生の質が決まると思っていますので、この2つを軸にビジネスを作っていくと良いのかなと思いますが。

開業にあたって重要な3つの要素

というわけでプレイヤー、ソフト、ハードそれぞれ別記事で解説します

個別で理解してもあんまり意味がないので、全部セットで1つの考え方だと思ってください。

「次世代の稼ぎ方」をタダで学ぶ!期間限定の次世代起業家育成セミナー

僕は美容師として独立し、1年で年収200万から4倍の800万になりました。その後、情報発信もはじめて年収1000万を達成

そして今は美容師を引退して、情報発信で自分のビジネスを始めようとしています。

ここ数年で起業、副業、ネットビジネスをする人は増え、珍しくなくなりました。SNSや本でもこれらのフレーズはよく聞きますが、稼げるようになる人はごく一部です

成功確率で言うとほぼ0%なわけですが、これはなぜでしょうか?理由は「本質的なビジネス知識がない」からです。

ビジネス知識がない状態で稼ごうとするのは裸で戦場に行ったり、レシピがないのに料理しようとするようなもの。それでは上手くいくはずがありません。

多くの人は稼げるノウハウは一生懸命になって探しますが、それは良い武器や材料であり、使いこなせる人間が使って、初めて意味があるものになるのです。

基本的なビジネス知識やマインドセットがない状態では何の意味もなく、ノウハウは所詮ノウハウにしかすぎません。

僕が年収1000万稼げるようになったのは「1000万稼げるだけのビジネス知識がある」それだけの話しなのです。

もし、あなたも起業・副業・ネットビジネスなどで稼ぎたいのであれば、まずはビジネス知識を身につけてください。それも「古い稼ぎ方」ではなく「次世代の稼ぎ方」をです。

あなたが何らかの理由で「もっと稼げるようになりたい」と思うのであれば、必ず役に立つはずです。無料で受講できるのでぜひ参加してみてください。

【無料】9本のセミナー動画+限定特典で次世代のビジネス講座を学ぶ人はこちら

現役美容師が暴露する「みんなが知らない美容師の世界」前のページ

美容室開業を成功させるファミコン理論【プレイヤー編】次のページ

関連記事

  1. 美容室開業の手順&経営

    【美容師やめる理由】僕が美容室で起業して数年後の話【ピュアな欲望】

    5記事くらいでまとまるかな。と思いましたが、なんだかんだ8記事目となっ…

  2. 次世代のビジネス

    最短最速で成功するシステム経営の具体例を解説!

    前回までの記事で、自動化と売上の最大化ができる「システム化」を説明して…

  3. 美容室開業の手順&経営

    年収200万円美容師が独立開業して年収1000万美容師になる方法

    今日からいくつかの記事にわけて「年収200万円美容師が独立開業して年収…

  4. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【リスクが0になる圧倒的コンセプトの作り方】

    「僕が起業した時の話」ももはや4記事目になりますが、今日はついにそれっ…

  5. 美容室開業の手順&経営

    僕が美容室で起業した時の話【起業する前に準備し続けた3つの事】

    では今日は僕が起業する時に「どんな準備をしたのか?」という話をしていき…

  6. 美容室開業の手順&経営

    俺の美容室のリアルな経費を公開

    今日は僕の美容室のリアルな経費を公開しようと思います経費の計算とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 情報発信で稼ぐための正しいブログ構築&運営の5つのフェーズ
  2. 「ブログをやって稼ぐ」を目的にするのはオワコン
  3. 愛されるブログと使い捨てされるブログ
  4. オワコンブログにならないためのブログ構築、運営のオキテ

無料ビジネス講座

サロン経営の教科書

オンラインスクール

  1. メディア作成

    ブログコンセプトの「明確化」でファン倍増!コンセプトのテコ入れ実例
  2. 次世代のビジネス

    起業したいならビジネスモデルのパターンを知っておけ!令和時代の起業のロードマップ…
  3. メディア作成

    令和時代にブログで稼ぐために必要な6つの条件【10万稼いでわかった超本質的な話】…
  4. 美容室開業の手順&経営

    知らないと失敗する!美容室開業の前に絶対に押さえておきたい「ファミコン理論」
  5. 次世代の思考&哲学

    売れてる個人起業家、インフルエンサー、ブロガーは「何者か」になろうとしている
PAGE TOP