次世代のビジネス

【令和の情報発信】情報発信で起業するためのロードマップ【圧倒的に自分らしく稼ぐ】

こんにちは、齋藤(@flickerei_xyz)です

美容師引退を目指しながら「いつでも何かを始められる状態になろうぜ」をコンセプトに、生き方や起業についての情報発信をしています。プロフィールはこちら。

 

前回はこんな記事を書きました

起業のパターンと店舗系ビジネスの大まかな起業のロードマップです。今回は前回の記事で書ききれなかった「インターネット系(情報発信)」についてです。

 

個人で起業するのなら、

・専門知識・技能で起業する(高度専門職、サービス、コーチ業)
・小売で起業する(輸入ビジネス、転売)
・インターネット系(ITシステムやサービス、情報発信)

この3つが基本となり、オススメは専門知識・技能かインターネット系です

専門知識がなければ小売かインターネット系の2択になりますが、コスト0で起業できる情報発信がマストです

事実、起業・副業の代名詞になっていますね。

 

しかし言われているのは「発信しましょう!ブログ書きましょう!Twitterしましょう!」だけであり、令和になっても相変わらず「YouTubeしましょう!」です

発信しないとビジネスにならないのでそれは当たり前の話で、肝心なのは「中身と構造」です

中身は「どんな発信をしていくのか?」か、構造とは「どんなビジネスになっているのか?」ということです。

 

「どんな発信をしていくのか?」に関してはとりあえず人間力を鍛えとけ!というマッチョイズムにつきるのですが、「どんなビジネスになっているのか?」という部分はただの知識であり、センスとか不要です

発信しているだけではこの部分は鍛えられません、要はビジネス知識ですから勉強して知ることです。この記事ではこの部分を話していこうかと思います。

インターネット系での起業パターン

個人でのインターネット系のビジネスは主に、

・ワードプレスのテンプレートやツールなどのITツール販売
・メルマガ配信スタンドなどのITシステム販売
・ブログやTwitterなどのメディアを使った情報発信ビジネス

などがあげられます。個人なら、ほぼこの3つのうちどれかになるでしょう

今日話すのは情報発信ビジネスですが、なぜこの3つが同じ領域なのか?に注目してみましょう

ちょっと考えてみてほしいんですが、どうでしょうか?

この3つが同じ領域にくくられている理由がわかるのなら、ビジネス知識があると言えます。

 

答えは「集客から販売(収益化)をインターネットで完結できる+自動化が簡単だから」となります

言葉にすると簡単なんですが、わかってない人が多いことです。だからインフルエンサーとか言われる人達も自分の話題性にのった一発屋芸人みたいなビジネスになってるケースもあります。

 

「集客から販売(収益化)をインターネットで完結できる+自動化が簡単だから」についてもう少し補足してみましょう

ツール、システム販売も情報発信も、集客から収益化までの流れは同じです。

 

まず、Facebook広告やPPC広告、SNS、ブログなどの自社メディアなどで集客をします

次にHPやLPと呼ばれる商品紹介ページ、情報発信であればアフィリエイト広告や独自コンテンツの販売ページに流せば一定の人が購入し、収益化できるわけです

ツールやシステム販売であればFacebook広告>商品紹介ページ>収益化

情報発信であればSNS、グーグル検索>発信やコンテンツを見て興味を持つ>noteやオンラインサロン

という流れですね

そしてこのどちらもいくらでも販売できるので、これがインターネット系の強いところです。この流れができてしまえば後は放置しておけば自動で収益化ができるわけです。

 

ただ、ツールやシステムを作れる人って多くないのでインターネット系といえば「情報発信」に参入する人が多くなっています

というわけで前回同様「情報発信で起業するロードマップ」を話していきます。

情報発信で必須の前提知識

ここまでであなたは、

・インターネット系ビジネスの集客から収益化までの構造
・ネット系ビジネスは集客から収益化までの自動化がしやすい

というのが理解できています。

 

情報発信の場合は、

ブログ、SNS、YouTube>記事、ツイート、動画などを見て興味を持つ>アフィリエイト、広告収入、note、オンラインサロン、セミナーなどで収益化>また記事などを投稿して関係性の維持

という流れが鉄板パターンですね。この流れが作れれば良いというわけです

しかし、実はこの流れをこのままやっても上手くは行きません

インフルエンサーやブロガーを見るとこの流れは目に見えるのでそのまま真似する人が多いんですが、だから上手くいかないんです

具体的な部分を見てパクってもダメで、本質をパクらなければいけません。

 

さっきの流れは具体的なものですが、次は抽象的にしてみましょう

フォロワーが多いとか情報発信で成功している人は、さっきの流れをこのように理解しています

集客>ファン化(世界観への同意)>教育>オファー(販売)>決済(収益化)>アフターフォロー

さっきの流れと言ってることは同じですが、言葉が変わると本質が見えてきます。

 

特に重要なのが「ファン化>教育」の部分です

この意識をもって記事を書いたりツイートしたりしてる人は少ないです

どちらかというと「どんな記事を書けば売れるのか?フォロワーが増えるのか?」という意識、視点ではないでしょうか?

どうすれば売れるのか?という視点で発信するのは旧世代の情報発信です。情報発信ビジネスがうさんくさいの代名詞だった頃です(笑)

 

令和時代の情報発信は人物像、発信している世界観、活動などに同意してもらったり、ファンになってもらわなければいけません

そしてファンになってもらったら「僕の世界観や活動の先にあるものって良くないですか?」というのを伝えていき、目的地にたどり着くために何をするのか、必要なのかを教育(共有)するわけです

ファンだからこちらの言葉が届くし、こちらが提示する世界観や目的地にたどり着くための努力をしてくれるということです

ファンでなければ話も聞いてくれないし、世界観や活動に同意しない人はあなたが提案することになんの反応もしません。

 

例えばこのブログであれば、今まで何をしてきた人間か?というのも書いていますし、僕の感情なども書いています

「資本主義ってクソですよね」とか「いつでも何かを始めれる状態って良くないですか?」という世界観も発信しています

そして僕自身がそうなるためにやっていることを書いていますし、あなたもそうなりたければこうしましょうよ。という事を言ってます

そうすると僕に興味を持ち、世界観や活動の先にあるものに興味がある人はこのブログを定期的に読みに来てくれるわけですね

で、なんらかの企画やサービスをやれば参加してくれる人が一定数でてくるのです。

 

インフルエンサーとかブロガーとか情報発信ビジネスとか呼び方は色々ありますが、発信力のある人はファン化>教育の部分が魅力的なのです

キンコンの西野さんが発信力という意味では日本一だと思いますが、彼は自分のやりたいことや感情も書くし、「エンタメで世界を救う」という世界観を提示し、様々なエンタメを発表して、一緒にエンタメを盛り上げてくれる人を募っています

だから人気なわけです。別に彼がテレビにでてた芸人だからではありません。

 

イメージできますかね?情報発信するのであれば、

集客>ファン化(世界観への同意)>教育>オファー(販売)>決済(収益化)>アフターフォロー

の流れをまずは理解し、ファン化>集客の概念を頭に叩き込んでおいてください。この部分がスッポ抜けてる発信者は多いです

前提としてこれが理解できていないとキレイ事を言うだけの「うさんくさい発信」になったり、ただのお役立ち情報を垂れ流す「グーグルでいいじゃん発信」になったり、芸能ニュースなどの記事を書いてアドセンスで小遣い稼ぎをする「やってる意味あんのそれ?発信」になります。

情報発信で起業するロードマップ

情報発信をする前に学んでおくべき「情報発信ビジネスの構造」の話は終わったので、ここから情報発信で起業するには?という話に入ります

まず前回の記事で書いたんですが、情報発信ビジネスでも必要なものは変わりません

・十分な専門知識・技能
・資金
・明確なコンセプト+ユニークさ+信念
・マーケティング力
・ビジネス知識

この5つでしたね、これはビジネスをやっていく上で必須です。情報発信でもそれは同じ。

情報発信で必要な専門知識とは?

十分な専門知識・技能がなければ、何を発信すればいいのかさっぱり浮かびません

1つのジャンルで1,5流くらいの実力がなければコンテンツが作れないし、人に何かを伝える事ができません

僕であれば美容師、美容室経営、ネットビジネス、ビジネス知識をずっと実践したり学んだりしているのでそれぞれ1,5流くらいの能力はあります

なんらかの土台があるから発信できる内容が作れるわけです。(キンコン西野さんはお笑いで有名だし、絵本作家としても結果出してますね)

 

別に美容師だからといって、美容関係の発信をしないといけないってことはありません

しかし1つの分野で試行錯誤したり、悩み苦しんだ経験があれば抽象化してなにか別の言葉やモノに変換できます。てゆうかできないと発信できません

それがコンテンツ、発信になるわけです

簡単に言えば「人生に厚みがない人の発信は響かない」ということです

ブログ書けないってよく聞くと思うんですけど、それは単純にそいつが薄っぺらいのです(苦笑)

 

「今までなにも積み上げてこなかった僕はどうすれば良いんでしょう?」

多くの人はそうだと思います。その場合は今から積み上げるしかありません

よくあるのが少し前に言われていた「ブログで稼いでそれを人に教えましょう!」ですね。経験値を増やして積み上げていく典型パターンです

副業レベルから本業→他事業などビジネス拡大して起業家へ。という人も多くいます。

 

あとそもそもなんですが、本当に「何も積み上げていないのか?」というのはよく考えたほうが良いです

確かに実績があったり、一般人ではできないような生活してたり(田舎に引っ越すとか家ないとか)そういう特殊な環境をネタにして成功した人もいますけど、そうでもないインフルエンサーとかもいるわけですよ

最近だとTwitterで「キメラゴン」という中学生がバズりましたが、彼は中学生ですよ(笑)

中学生なんて基本なんにも積み上げていないって普通思うじゃないですか

しかし、僕は彼は「中学生(保護される事)を積み上げてきた」と思うのです。彼が発信できるのは中学生なりの考えとかがあるからです

そして今や稼いじゃったもんだから「中学生だけど稼いでる」という発信ができるようになっているわけです。

 

この視点で考えればブラック企業で奴隷やってるなら奴隷であることを積み重ねてるし、奴隷の視点で発信ができるかもしれない

なんにも積み上げていない人は自分の足元を見ていないんですよ。(僕もどう生きたいか?は足元にありました。プロフィール読んでみて)

情報発信で必要な資金とは?

情報発信は資金がかからない。と言われますが、これはちょっとだけ間違いです

確かにTwitterはタダでできるしブログもワードプレスでも年間数千円くらいしかかかりません。テンプレート買ったり、画像を外注したり、メルマガ配信システムを契約してもしれています

広告費もあるとビジネスが拡大できますが、ないと稼げないわけではありません。広告費0で稼いだ事例なんて腐るほどあります(ビジネスが大きくなってきたら広告費かけるとさらに拡大しますけど)

そういう意味でいうと情報発信はコストが安いというのは正解です。

 

じゃあなにが間違いやねん?という話ですが、それは「勉強しないとだめよ」ってことです。そのお金いりまっせと。

教材買ったり、人とあったり、セミナー参加したり、本買ったり、色んな場所に行ってみたりなどなど

稼ぐ金額が大きくなればなるほど、学びへの投資が必要になります。稼いでる人ってやっぱ半端なく学んでますよ、色んなものから。

情報発信で必要な明確なコンセプト+ユニークさ+信念とは?

コンセプトやビジネス知識はどんなビジネスでも必要なので前回の記事と言うことは変わりないですが、おさらいしておきます

発信するのには当たり前ですが「何をどう発信するか?」を考えないといけません

明確なコンセプト+ユニークさ+信念が必要なのは情報発信でも同じです

情報発信の場合は商品が文章や音声、オンラインサロンなどの「場」など具体的なモノではないものがコンテンツになることが多いので、よりコンセプトが重要になります

目に見える具体的な商品であれば使えるし、サービスを受けれるのでわかりやすいですが、そうでない場合は価値を感じてもらうのが難しくなるからです。

 

今は発信している人がいくらでもいる時代です

コンセプトが明確で、ユニークで、信念が感じられないと光りません。光ってないとそもそも見られないという悲しい現実があります

Twitterが良い例ですが、発信している人は多いですが見てみたいと思うものはどれだけあるでしょうか?

コンセプトはいきなりできるものでもないので、発信しながら磨き続けていく事が必要です。常に意識しておきましょう

副業で稼ぎましょうとか、サラリーマンやめましょうはコンセプトになりませんよ。もう一歩も二歩も踏み込んだ「なぜそれを目指すのか?」の部分がコンセプトの原石です

情報発信で必要なマーケティング力とビジネス知識

情報発信は簡単に誰でも始めれるので最初の頃は特に行きあたりばったりになりますが、ちゃんと数字の計測をし、仮説をたてながらやらないとなかなか結果に結びつきません

戦略、戦術、仮説、数字の管理を行うにはマーケティングやビジネスの知識がないとやりようがありません

ネットは特に数字の管理が行いやすいので(例えばアナリティクスでアクセス詳しく見れるとか)結果が見えやすいビジネスです

数字の改善は爆速で伸びる条件なので、ビジネス知識は必ず押さえておきましょう。

情報発信での起業の流れ

さて長々と話してきましたがここまでであなたは、

・インターネット系ビジネスの種類、構造、性質の理解
・情報発信に必要な5つのモノ

を理解しています。ここまでは準備編みたいなもんです

情報発信は始めるリスクが0なので、学びながら起業してもいいですが挫折してしまうと戻ってこれない人も多いのである程度は学んでからやることをススメます

結局どこかのタイミングでブログとかコンセプトなどを作り直すハメになりますし。(これ、みんな通る道です)

では実際に情報発信で起業していくロードマップの話です。

発信して人を集めて自分がやりたい企画やサービスをやるだけ

情報発信で自分のビジネスを作る流れは簡単で「発信して人を集めて自分がやりたい企画やサービスをやるだけ」です

何をどう発信するか決める>Twitter、ブログ、YouTubeなどで発信する>アフィリ、広告収入、独自の企画やサービスを案内する>収益化

という流れですね

インフルエンサーやTwitterあがりの人はnoteやオンラインサロンで収益化する人が多い印象で、情報起業家と呼ばれる人はセミナーやコンサルで収益化してる人が多い印象です

まあ収益化は自分がやりたいことをやればいい話です。ファンがいるなら買うし参加しますから。

 

アフィリやアドセンスなどで収益化を考える人が多いですが、それでは副業レベルまでが関の山なので、あくまでオマケ程度で考えましょう

せっかく発信するんだから、自分の企画やったほうが人生楽しいですよ

アフィリなんか販売者の気分で報酬変わるし、アドセンスなんか規約次第ですからね。自分の企画なら自分でコントロールもできます。

 

どうやって人を集めるの?とか、どんな企画を作ればいいの?などは戦術の話になります

そのあたりはビジネス学んだら思いつくし、やりたい活動ができているなら企画も思いつくものです

それより重要なのは戦略であり、戦略の元となるのはコンセプト(何を発信するのか?)です

どうするのか?何をするのか?というのは戦術レベルの話であり、そこに力を注いでも伸びません。しょーもないものは広まらないのです

Twitter見てると戦術の話が多くされています、有料noteなんかもこの話が大変に多い。あとは体験談。

 

繰り返しますが、重要なのはコンセプトであり、なぜそれをするのか?の部分です

さっき例としてあげたキメラゴンがバズったのは、彼は常になぜ?と問いながら生きてきたからだと思います

彼が考えるなぜ?に対する彼なりの答え、それを発信し、なおかつ時代とマッチしたから急激に伸びたわけです

発信のコンセプトとはそう簡単にできるものではありません。逆に言えばできてしまいさえすればもう成功したも同然と言ってもいいかもしれません

素晴らしいコンセプトがあれば、あとはそれを適切な人に適切な形で届けるだけの話です

そこで役に立つのがビジネス知識、要はどうするのか?何をするのか?の部分ですね。

 

コンセプトに関しては別記事でも話していますのでぜひどうぞ

事業を作る、世界観を作る、自動化する

情報発信で忘れてはいけないのが「事業を作る」という意識です

そこまで意識できていないインフルエンサーも多いなという印象で、実際彼らは今結構きびしくなってきてます。人気や勢いというのは必ずピークから下がりますから、その時期に来るとガクっと下がってしまうのです

自分の人気を燃料にしてるとそらそうなるもんで、一発屋芸人みたいなもんです

Twitterメインの発信者は割とこの傾向が強いです。発信やめるとビジネス止まっちゃうみたいな状態

これ、次の一手打てないんですよ。

 

そうならないためにはどうすればいいか?=事業を作れ。ということになります

事業を作るとは前回の記事でも書きましたが「システム化しろ」ということです

これができているのがネットビジネス黎明期から情報発信をやっている人達で、彼らはTwitterあまりやってません

Twitterばっかり見ていると情報が偏りますよ。発信するならいろんなフィールドを見ましょう(僕はTwitter全然見てなかったんで反省してます)

 

システム化とは「集客>販売(収益化)」までのルートを整備し自動化しておくことです

情報発信でよくあるパターンが「メルマガでのシステム化」ですね

広告やブログで集客し、メルマガで世界観を共有し教育、映像化されたセミナーや教材を販売するというのがよく行われていました。

 

商品(企画)を作り、それが売れ続けるようにルート整備しておくわけです

もちろんその企画が世界観の構築や教育に繋がってれば、買ってくれた人はよりあなたに興味を持ちます

こういうループを作るのが情報発信ビジネスのシステム化です

Twitterとかだと「note書きました!今なら割引中です!」で終わってたり、アドセンスやアフィリで収益化して自分の企画がない場合がありますが、それではシステム化できているとは言えません

note売るんだったら「アカウント見つける>noteを買う>さらにファン化」までをルート整備しておくべきです

ここを戦略的に組めているか、勢いだけでやってるかでかなり変わってきます。

 

あと上級編ですが、自分の企画はある程度高額にしておくことを勧めます

安価な企画をたくさん作っても収益は分散するし、安い分内容も手厚くするのが難しくなります

自分の虎の子の企画を高額で用意しておくほうがシンプルでやりやすいです

もちろん、その企画が有益で世界観とファン化をより強くするものを出すべきなのは言うまでもありません

小粒な企画はリアルタイムで流して、システム化は虎の子の企画に任せておけばいいでしょう。小粒な企画→虎の子の企画というルートもできますしね。

まとめ

情報発信ビジネスのロードマップは以上です、前回の記事と合わせてしっかり読んでみてくださいね

自分のビジネスの始め方を必要なものがわかれば後は「何をどうしていくのか?なぜそれをするのか?」という「あなたらしさ」の部分を突き詰めて磨き続けていくだけです

圧倒的にあなたらしい人生を歩んでください。その第一歩として今回の記事が役立てば嬉しいですね

気がついたらすっごい長くなりましたね、前回の記事と足すと2万文字近くあるんじゃないの?(苦笑)

起業したいならビジネスモデルのパターンを知っておけ!令和時代の起業のロードマップ前のページ

【起業・フリーランスにも役立つ】僕が美容室で起業した時の話次のページ

関連記事

  1. メディア作成

    「共感と教育」でファンをつかめ!人気ブログになるための記事の書き方解体新書

    以前書いたこの記事で、実践型コンテンツとノウハウ型コンテンツという話を…

  2. 次世代のビジネス

    【サイトアフィリエイトはオワコン】個人で稼ぐ!なら自分を売れ!【徹底解説】

    美容室経営に飽きた&別にやりたくないことに気づいてしまった僕は美容師を…

  3. メディア作成

    ブログ作成6ヶ月後のアクセスアップ戦略

    月が明けましたので、先月のアクセス解析の結果を発表していこうかと!…

  4. メディア作成

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【ブログアフィリエイト編】

    今回の記事は「システム化実例 ブログアフィリエイト編」ですシステム…

  5. 次世代のビジネス

    美容室開業を成功させるファミコン理論【プレイヤー編】

    前回の記事で「美容室開業にあたって最も重要な3つの要素」という話をしま…

  6. 次世代のビジネス

    知らないと失敗する!美容室開業の前に絶対に押さえておきたい3つの要素と「ファミコン理論」

    今日は今までと違った話を書いていこうと思います「開業する時に絶対に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. コロナで見えた、店舗ビジネスの限界【情報発信&暇つぶしビジネ…
  2. 個人の実力よりビジネスモデル。美容室とブログで例える売上を上…
  3. ブログで10万稼いだから「稼ぐブログの作り方」をまとめておく…
  4. ブログで10万稼いだから必要な知識とマインドセットをまとめて…
  5. 僕が美容室で起業してみて思う雑感【起業すると幸せになれる説】…

  1. メディア作成

    ブログ作成5ヶ月後のアクセスアップ戦略【美容師引退記録:7】
  2. 美容師引退までの物語

    ブログ立ち上げ3ヶ月後の戦略【美容師引退記:5】
  3. 次世代のビジネス

    「仕事の奴隷」から抜け出すシステム化実例【マクドナルド編】
  4. メディア作成

    ブロガー必見!超効率的なブログ運営方法【ヒント:クロスメディア戦略】
  5. メディア作成

    10分でできる!アクセスが7倍アップするブログタイトルのつけ方マニュアル
PAGE TOP